柔道部

【柔道部】京都学生大会 男子が準優勝・女子が優勝!!

5月3日、京都産業大学第二体育館において京都学生柔道大会(男子70回 女子21回)が行われた。今大会、男子は準優勝、女子は3年連続8回目の優勝に輝きました。

<男子>
体重無差別による7人制の団体戦。
男子1部は5大学による総当たりのリーグ戦で行われた。1試合目は立命館大に3-0で勝利する。2試合目で同志社大と対戦。事実上の決勝戦となった一戦は、先鋒の永谷(済2)が一本負け、次鋒の中窪(文1)も技ありを奪われ敗退。前半で2点をリードされる苦しい展開。その後は3人が引き分けに終わり、後がなくなった状況で副将の山下(文3)。山下が開始から積極的に攻め、終了間際に技あり奪取。山下が踏みとどまり、勝負を大将戦に託す。大将の石橋(済3)が仲間の思いを背負い果敢に勝負に出るも中々良い形を作れずタイムアップ。後一歩が届かず1-2で敗戦。その後は、気持ちを切り替え京都産業大に5-0で勝利、京都大に6-1で勝利するも最終順位2位で大会を終えた。

<女子>
体重無差別による3人制の団体戦。
4大学による総当たりのリーグ戦で行われた。1試合目は京都産業大に3-0で勝利する。2試合目は明治国際医療大。前2人が引き分けに終わり、大将の小林(法4)に勝負が託される。その小林が盤石な柔道を魅せ、抑え込みの一本勝ちで見事勝利を決める。最終戦は立命館大。ここも前2人が引き分けに終わり、大将の小林にまわる。前戦に続き小林が危なげない試合展開から技ありを奪い勝利。主将がチームを勝利に導き、3戦全勝で3年連続8回目の優勝に輝いた。

<小林主将 コメント>
「今回の試合は新入生を含めた新チームでの最初の団体でした。この大会は上には繋がらない大会でしたが、自分達の目標を達成するためにも今回の試合は優勝して次に繋げる、チームみんなで勝ちを取りにいくという気持ちで戦い、結果優勝することができました。しかし、個々に課題があったりとまだまだやるべきことがあるので、目標達成に向け、ここから更に頑張っていきたいと思います」
image1上段左から、出村(文3)・小林(法4)・角谷(経営3)
下段左から、冨田(国際4)・黒木(経営4)・村井(法4)

ページの先頭へ

ページの先頭へ