柔道部

【柔道部女子】仙台カップ 初優勝に輝く!!

仙台カップ

2月19日、仙台大学において第2回仙台カップ全国大学女子柔道団体対抗大会が行われた。今大会は5人制の団体戦によって争われ、龍大からは1チームが出場。決勝戦まで勝ち進み、帝京科学大学に2-0で勝利。初出場で初優勝に輝いた。

国内外から強豪大学が多く出場したハイレベルな大会。
今回、龍大は怪我人も多く、厳しいチーム状況で大会に挑むことになった。

予選リーグは試合時間が通常の4分ではなく3分の短縮で行われ、上位2チームが決勝トーナメントに進出できる。予選リーグ1試合目は富士大学に5-0で勝利、2試合目は日本大に1-0で勝利、3試合目は淑徳大Bに2-1で勝利、4試合目は創価大に2-0で勝利。4戦全勝の1位で予選リーグを突破する。

決勝トーナメント初戦の相手は東京学芸大。先鋒が引き分け。次鋒の出村(文2)が合技の一本勝ち。中堅の小柳(営2)も小外刈りの一本勝ちで点差を広げ、2-0で初戦を突破する。

続く準決勝の相手は淑徳大A。先鋒が引き分け。次鋒は1年生で抜擢の中尾(営1)。その中尾が期待に応える活躍を魅せ、背負い投げで見事な一本勝ち。中堅の出村も一階級上の相手に臆することなく攻め込み技あり奪取。2-0と点差を広げる。副将の小林(法3)が落ち着いた柔道で合技の一本勝ち。ここで勝負を決め3-1で準決勝を突破、決勝に進む。

決勝の相手は、準決勝で帝京大を破って勝ち上がってきた帝京科学大。先鋒の有野(文3)が再三見せ場を作るも引き分けに終わる。次鋒の中尾も相手を追い詰めるも最後まで凌ぎきられ引き分ける。中堅は出村。出村は予選2試合目で負傷。テーピングで固め強行出場を続ける厳しい状況ではあったが、この試合も一階級上の相手に最後まで勝負に出て引き分けに持ち込む。副将は小林。開始から前に出て勝負にいくと最後は支釣込足で技あり奪取。小林が主将の意地と出村の頑張りに奮起し貴重な先取点をあげる。大将は角谷(営2)。プレッシャーの掛かる場面で、相手は二階級上の元高校覇者。開始から組み手を徹底し前に出るも、中盤以降は苦しい展開が続く。後がなくなり追い込まれた状況から再び角谷が仲間の声援で奮起する。大胆な組み手と攻めに転ずると徐々に流れが変わりだす。試合時間も残り僅か、最後は相手が嫌がったところに潜り込むと相手が大きく弧を描き起死回生の技あり奪取。角谷のだめ押しで試合終了。難敵を2-0で退け、仙台の地で初出場初優勝を飾った。

戦前から怪我人も多く、また大会中も出村が負傷するアクシデントに見舞われるなど厳しいチーム状況ではあったが、新体制となり最初の団体戦をチームの意地と団結力で勝ち抜き栄冠に輝いた。

<小林幸奈選手のコメント>
「今回初めて仙台カップに出場し、四年生が抜けて新体制になって初めての団体戦で優勝という結果を残すことができて良かったです。予選リーグからの試合で試合数も多い中、集中力を切らさずにチーム全員で勝ちに行くことができ、これは今後の試合に活かすことができると思います。しかし、内容としては完璧ではなかったので、ここから更に成長して、チーム全体でレベルアップしていけるように頑張りたいです」

<出村花恋選手のコメント>
「今回の試合は、新チームとなって初出場の試合でした。自分自身、試合中に負傷してしまったり、チーム内でも怪我によるアクシデントがたくさんありました。しかし、その中でも優勝できたことを自信にして、チームみんなで今より成長して2連覇を目指していきたいです。そして今回、試合に出る人、出ない人がそれぞれの役割を考え、今の精一杯の試合ができたように思います。遠くに連れて来て下さった先生方、応援してくださっている方々のためにも、しぶとく、根性で負けない戦いをしていきたいです」

ページの先頭へ

ページの先頭へ