柔道部

【柔道部女子】ヨーロッパOP・オーバーヴァルト 武田亮子(営2)が金メダル!!

柔道・武田(ヨーロッパオープン2)

2月16日、オーストリアにおいてヨーロッパオープン・オーバーヴァルトが行われた。今大会、龍大から武田亮子(営2)が52㎏級の日本代表として出場した。武田は全4試合を勝ち抜き、シニアの国際大会で初の優勝に輝いた。

世界ジュニア大会を制し、シニアの国際大会デビュー戦となった武田。

第1シードに配置された武田の初戦の相手は強豪国フランスの選手。試合は第1シードのプレッシャーからか硬さが見える。しかし、先に技を打ち込み、ベースを作り続ける。相手に消極的な指導が累積する中、中盤に一本背負いで技ありを奪い、優勢勝ちで初戦となった2回戦を突破する。
続く準々決勝は、世界ジュニア大会で10分近い死闘を演じたブラジル選手。強豪選手を相手に苦戦も考えられたが、武田が前回を活かした戦いを魅せる。序盤から効果的な技を随所で打ち込みペースを作り続けると、相手に消極的な指導が入る。延長戦に縺れる試合となったが、最後は延長戦1分過ぎに練習してきた寝技に繋ぐと、ここを確実に取り切り抑え込み一本。見事な一本勝ちで難敵を退け準決勝に進む。
準決勝の相手はベルギー選手。組み手で押さえつけてくる相手に、足技を繰り出しペースを握ると、中盤に袖釣り込み腰で技ありを奪うとそのまま寝技に移行し合技の一本。決勝の舞台に進む。
決勝の相手はモンゴル選手。執拗に力で潰し絞め技を狙ってくる相手に、落ち着いて対応し、技を繰り出していく。最後はここも練習してきた寝技に繋ぐと、確実に取り切り抑え込み一本。世界ジュニア大会優勝に続き、初のシニア国際大会でも見事優勝に輝いた。
初戦こそ技あり勝ちに終わったが、その後は見事なオール一本勝ち。他の階級の日本代表選手が負けている中、日本選手で唯一の優勝を飾った。

<武田亮子選手のコメント>
「今回は初めてのシニアの大会でした。今年良いスタートがきれるように必ず優勝しようと思って試合に臨みました。結果は優勝することができたのですが、納得いくような内容ではありませんでした。しかし、ジュニアとシニアの違いが良くわかった試合になったので、今回の試合を活かしていきたいと思います。4月には全日本選抜の試合があるので、また自分の甘いところを見直していきたいと思います」

柔道・武田(ヨーロッパオープン1)

ページの先頭へ

ページの先頭へ