柔道部

2021度全日本学生柔道体重別選手権大会 3名が全国3位入賞。

2021年11月25・26日千葉ポートアリーナにて行われた全日本学生柔道体重別選手権大会にて龍谷大学からは三名が3位に入賞した。

今回の大会は先日の全日本学生柔道体重別団体優勝大会同様に2年ぶりの開催となった。今年も10月の開催予定が約2か月の延期となり、選手たちには身体のコンディションの調整面から難しい1年となった。女子は先日の5人制団体で3位入賞したこともあり、良い流れで試合を迎えることが出来た。

今回の大会、龍谷大学から女子10名、男子2名の計12名が出場した。
〈女子〉
森 結愛48㎏級
渡辺 世奈52㎏級
武田 優香57㎏級
中尾 華奈57㎏級
勝部 桃63㎏級
檀野 芽紅63㎏級
古賀 彩音70㎏級
溝口 葵70㎏級
佐藤 香菜78㎏級
松本 りづ78㎏級
〈男子〉
久保井 浩太60㎏級
木村 朋弥100㎏級

入賞者は
古賀 彩音(3年)
佐藤 香菜(2年)
松本 りづ(2年)
以上三名となった。

〈佐藤 香菜(2年)〉
現在2年生の佐藤、初めての全国の舞台に若龍の活躍が光る。試合後、自身の強みとしても語った、「どんな相手でも前に出る柔道」まさにこの言葉に象徴される試合運びだった。
帝京大の楠、国際武道大の青沼、国士舘大の佐藤、三戦中二戦がゴールデンスコアに突入し中でも横四方固で勝利した、国士舘大の佐藤戦では試合時間が6分半を超えた。試合が長引く中でも攻めの姿勢を貫き、前に出る柔道で3位をもぎ取った。
準決勝では果敢に攻めていったところをうまく相手に利用され敗戦。佐藤は試合後に「ただ攻めるだけの柔道から駆け引きを取り入れていきたい」と振り返った。準決勝の相手は関西でも対戦する選手。次回のリベンジを願うばかりである。

〈松本 りづ(2年)〉
今大会の約一週間前に行われた五人制の団体戦、準決勝で東海大学に敗れ龍谷大学は三位入賞となった。松本はその大会で負けた悔しさを取り返すべく今大会に臨んだ。松本は二年生ながら団体戦では大将を務めており、その実力は折り紙付きだ。緊張もあまりなく、自分のできることが出せたという二回戦・三回戦は相手に対し肩車・内股と貫禄のある勝利を収めた。準決勝の相手は今大会の78㎏級覇者である環太平洋大の古枝、善戦虚しく敗戦。松本は大会3位に入賞した。
松本は今後の自身の柔道について聞くと、柔道が強くなることは勿論、皆に応援されるような選手になりたいと語る。将来的にも龍大を引っ張っていく中心の選手になることが期待される松本、彼女の今後の成長に期待が膨らむ。佐藤とは同階級で同級生、二人の決勝戦での対戦が見たい。

〈古賀 彩音(3年)〉
古賀は腕の怪我明けの大会となり、練習面では十二分とは言えない状況で臨まざるを得なかった。「やるしかない」という想いで臨んだ全国大会。自身初めてとなる全国の舞台で積み重ねてきた基礎的な技術が三位という結果を呼び寄せた。一・二回戦は払腰をうまく決めることで突破、ベスト8戦も上四方固めによる勝利と確実に勝利を積み重ねていった。準決勝で対戦したのは帝京科学大学の山本選手、四分の試合時間を越え、ゴールデンスコアに持ち込むも、指導が重なり、反則負けを喫した。怪我明け、初の全国での3位。状況を加味すれば十二分すぎる結果である。古賀は来年4年生となり、チームを引っ張っていく立場となるだろう。来年は個人はもちろん、怪我の為出場がかなわなかった団体でも優勝を期待したい。
(文:阿部駿之介)

入賞の賞状を手に記念撮影を行った三人(左から松本・古賀・佐藤)
IMG_3221218556 のコピー

ページの先頭へ

ページの先頭へ