柔道部

【柔道部】京都府選手権大会 檀野芽紅が1年生で優勝!!

2月11日、京都市武道センターにおいて第33回京都府柔道選手権大会が行われた。今大会は体重無差別で真の柔道日本一を決める全日本柔道選手権大会の京都府予選会にあたる。京都府の高校生から社会人までが出場。龍大からは男子13名、女子11名が出場した。女子は1年生の檀野芽紅(営1)が見事優勝に輝いた。

<男子>

木村朋弥(済2)が3回戦で同志社大の選手を抑え込み準々決勝に勝ち進む。準々決勝の相手は昨年敗れた近間(京都府警)。昨年の屈辱を晴らしたい試合であったが、自分の形になれず一本負け。昨年に続く5位で近畿大会への出場権は獲得した。

<女子>

檀野芽紅(営1)は初戦、2回戦を一本勝ちで難なく突破する。準々決勝で同級生の吉田智美(営1)と対戦。ここも相手に柔道をさせず指導を奪っていく。最後は指導3つ目が相手に入り反則勝ちで同級生対決を制す。続く準決勝は第1シードで先輩の出村花恋(文3)。山場となったこの試合は、一進一退の攻防が続くも中盤に檀野が一瞬の隙を見逃さず小内刈でポイント奪取。最後は出村の猛攻をしのぎ優勢勝ちで難敵を退け決勝に進む。決勝の相手は三苫(明治国際大)。体格差が際立つ重量級選手を相手に開始から積極的に攻め込む。そして、相手に柔道をさせない戦いで瞬く間に指導3を奪い反則勝ち。1年生の檀野が危なげない内容で優勝を決めた。また龍大女子が上位を独占し、近畿大会への出場権8枠中6枠を獲得した。

<檀野芽紅選手のコメント>

「今回この大会で優勝して近畿に繋げられたことはとても嬉しいです。でも、全ての試合内容が良かったわけではないので自分の課題としっかりと向き合って成長していきたいです。皇后盃に繋げられるように近畿選手権も頑張ります」

出村(左)、檀野(中)、渡辺(右)

出村(左)、檀野(中)、渡辺(右)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ