柔道部

【柔道部女子】講道館杯 東京五輪の第一次選考会で武田が3位入賞!!

11月2・3日、千葉ポートアリーナにおいて2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会が行われた。今大会、龍大からは全国大会で優秀な成績を収めた70㎏級小林(法4)、63㎏級村井(法4)、小柳(営3)、檀野(営1)、57㎏級黒木(営4)、52㎏級亀川(国4)、武田(営3)、中内(法3)、48㎏級有野(文4)の女子9名が出場した。

52㎏級の第3シードに配置された武田。初戦は全日本ジュニア2位の藤城(富士学苑)。初戦の難しさも心配されたが、相手に柔道をさせず反則勝ちで初戦を突破する。2回戦は見事な背負い投げを決め一本勝ちで勝ち進む。準々決勝は柴田(大阪府警)。練習で何度も組み合ったことがある相手。やりにくさもあったが本戦の終盤に指導3を奪い反則勝ちを収める。準決勝は昨年と同じ顔合わせとなった第2シードの立川(福岡県警)。昨年は武田がチャンスを作りながらも、延長戦で不用意に押し込んだところを合わされ敗れた相手。昨年のリベンジを果たし、初優勝に王手を掛けたい大事な一戦。開始から武田が相手の柔道に対応し大内刈で腹ばいにするなど、ペースを握る。しかし、2分40秒お互いの技が交錯すると武田の技が少し浅かったか前にあった相手の足に跳ね上げられ横倒しに。ここで痛恨の技あり失陥。最後まで攻め続け、惜しい場面を作るも逆転勝ちには至らず試合終了。昨年と同じ相手に敗れ、3位決定戦にまわる。
3位決定戦も昨年と同じ坪根(福岡大)。武田が序盤に指導2を奪い大きくリードするも終盤は相手の追い上げにあう。それでも最後は延長戦で技ありを奪い勝利。意地の3位入賞に輝いた。
優勝だけを狙って挑んだ大会。昨年同様、悔やまれる結果に終わったが、気持ちを切り替え、しっかりと表彰台だけは確保した武田。この表彰台は必ず次に活きてくるはずだ。

2019講道館杯①

 写真一番右が武田

ページの先頭へ

ページの先頭へ