柔道部

【柔道部】全日本ジュニア大会 中内が3位入賞で表彰台!!

9月14・15日、埼玉県立武道館において2019年度 JOCジュニアオリンピックカップ・全日本ジュニア柔道体重別選手権大会が行われた。今大会、龍大からは近畿地区の予選を勝ち抜いた男子1名、女子7名が出場した。女子52㎏級では中内柚里(法3)が龍大同士の対戦となった3位決定戦に勝利し、3位入賞を果たした。

 

世界ジュニア選手権大会の日本代表選考会も兼ねた、ジュニア世代にとっては重要な大会。

 

52㎏級には中内と中矢(営1)の2名が出場。昨年2位の中内は優勝候補として出場。しかし、近畿予選会で負傷した怪我が癒えないコンディションの中で大会を迎える。初戦となった2回戦は全日本カデ大会2位の実績を持つ相手。序盤から思い切って攻め込めず一進一退の攻防が続くも、最後は技ありを奪い勝利。準々決勝は見事な大外刈で一本。山場となった準決勝は昨年も対戦した昨年3位の藤城(富士学苑)。試合はお互いに警戒し合う展開。中内も無難に勝ちに行ったか本来の思いっ切りの良さが出ない。延長戦に入り組み勝ちながらも最後は粘る相手に巴投げで横倒しにされ技ありで試合終了。本来の良さを出し切れないまま敗れ、3位決定戦にまわる。相手は敗者復活戦で全日本強化選手を破るなど粘り強く勝ち上がってきた後輩の中矢。お互いに手の内を知り尽くしており、開始から組み手争いが続き延長戦に突入。そして開始から9分26秒、中内が渾身の背負い投げを決め試合終了。中内が先輩の意地を見せ、最後は表彰台に踏みとどまる3位入賞を果たした。

 

今結果が後一歩届かず、世界ジュニア大会の日本代表から漏れ、補欠に選出された中内。

本来の良さを出し切れずに敗れ、彼女にとって後悔が残る大会となったに違いない。

今回の経験を活かし、ここから更に強く成長し、更に大きな大会で活躍してくれることを期待したい。

中内柚里(法3)(右から2番目)

中内柚里(法3)(右から2番目)

ページの先頭へ

ページの先頭へ