柔道部

【柔道部】全国大会女子ベスト8に終わる

【柔道部】

6月22、23日にかけ日本武道館において全日本学生柔道優勝大会(男子68回・女子28回)が行われた。男子はトーナメント2回戦敗退。女子はベスト8でこの大会を終えた。

【男子】

団体戦(7人制)のトーナメント戦。1試合目の相手は広島国際大学。先鋒永谷が中盤に一本を奪取するとそれに続くように次鋒、五将と快調に一本を決める。龍大は流れをそのままに試合を5-1と決定づける。日をまたぎ2回戦。相手は早稲田大学。格上相手に果敢に攻めるも6-0で敗北。全国の壁を痛感させられる試合となった。

IMG_7336記事用 - コピー              【一本を決める永谷】

【女子】

団体戦(5人制)によるトーナメント戦。第1試合の相手は広島国際大学。試合開始早々先鋒、次鋒共に勢いよく一本を奪取。流れを掴んだ龍大は中堅小林(法4)の技あり2本副将勝部(営1)の技あり抑え込み一本で勝ち越す。大将戦を引き分けに持ち込まれるも4-0で勝利。滑り出しの良い初戦となった。続く2回戦の相手は東京学芸大学。試合は先鋒古賀(政1)の引き分け、次鋒黒木(営4)の反則負けと暗雲立ち込める。しかし、中堅村井(法4)の華麗な一本で流れを引き戻す。その後龍大は副将小林の前半に仕掛けた技あり、大将富田(国際4)の一本で試合を3-1と決定づけた。第3試合、秋の大会で決勝戦を繰り広げた東海大学との対戦。試合が始まるやいなや激しくつかみ合う攻防。先鋒黒木が引き分けに持ち込まれる。続く次鋒出村。中盤に相手の隙をつき押さえ込みの体制にうまく入り技あり判定。ここが決めてとなり判定勝ちを獲得する。流れを引き寄せたい龍大。しかし中堅村井が熾烈な戦いを繰り広げるも一歩及ばず。副将小林も序盤に一本を取られてしまう苦しい展開。明暗別れる大将戦であったが惜しくも敗退。女子はベスト8でこの大会を終えた。

IMG_6495           【背負い投げを決める武田】

【女子柔道部主将富田選手のコメント】

「目標としてきたところが達成出来なかったのは一番悔しいけれど、今までみんなで努力して一位に向けてやってきたことに後悔はしてないです。日本一を目指せる大会はまだあるのでそこでつぎはリベンジしたいです」。

【監督のコメント】

「チームの雰囲気はよくてうちらしい試合ができた。2回戦の東京芸大も強いところとあたったが、そこで流れを作り勝ちきれたのはよかった。東海もスター軍団で山場であると思っていた。始め流れはいいと感じていたけど守りがまだまだ。流れを掴めなかった。まだまだこれで終わりじゃないのでかりを返したいです」。

 

(龍魂編集室 記事/植村優太 写真/加藤虎太郎)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ