柔道部

【女子柔道】関西大会五階級制覇!!

女子は出場6階級の全てで決勝戦に勝ち上がり5階級で優勝に輝いた。

優勝階級は48㎏級、52㎏級、57㎏級、63㎏級、70㎏級の5階級。

63㎏級、70㎏級の2階級は本学同士の決勝戦となった。

また12名が表彰台に上がり全国大会の出場権を10名が獲得した。

48㎏級は森結愛(法4)が初戦から決勝戦までをすべて一本勝ちで決め、危なげない内容で勝ち上がる。決勝も開始から攻め込んでいき、自らのリズムで試合を展開していく。指導2を誘いリードし延長戦に突入すると、粘る相手に得意の背負い投げを決め、見事な一本勝ちを収め初優勝に輝いた。昨年まで2年連続決勝で敗れ2位に甘んじてきた森だったが最終学年にしてオール一本勝ちの素晴らしい内容で嬉しい初優勝を飾った。

52㎏級は第1シードの渡辺世奈(文4)が難なく準決勝に勝ち進む。準決勝の相手は林(明治国際医療大)。この試合も序盤に大内刈で技ありを奪いそのまま抑え込み奪い、合わせ技の一本勝ち。難なく決勝に勝ち進む。決勝は山崎(近畿大)と対戦した。ここも序盤に寝技に入ると相手に逃げる隙を与えずそのまま抑え込み一本勝ち。初戦から相手選手を寄せ付けないオール一本勝ちの圧巻の内容で初優勝に輝いた。立って良し、寝て良しの柔道で一本の山を築き危ない場面は一つもない、まさに完勝であった。昨年までは講道館杯を制するなど国内外で活躍していた武田亮子(コマツ)や中内柚里(JR東日本)の先輩が活躍していた階級。渡辺は昨年から階級を落とし、先輩達を追い越すべく今後の活躍が期待される。

57㎏級は第1シードの武田優香(営2)が先手で攻め込む柔道で泥臭くも決勝戦に勝ち上がる。決勝戦も武田が開始から積極的に攻め続け指導2を奪い大きくリードした。延長戦にもつれ込むも、攻め手を緩めず最後は一方的に攻め続けた武田が三つ目の指導を誘い反則勝ちを収めた。昨年は先輩に敗れ2位に終わったが今年は自分の柔道を貫き嬉しい初優勝に輝いた。

63㎏級は第1シードの勝部桃(営3)が落ち着きのある柔道で準決勝に勝ち上がる。準決勝の相手は三谷(明治国際医療大)。ここも冷静に対応し中盤に足技で技ありを奪うとそのまま抑え込みで合わせの技一本勝ち。決勝に駒を進める。決勝の相手は同級生である檀野芽紅(営3)。お互いに手の内を知り尽くしており開始から決め手を欠く展開が続いた。延長戦にもつれ込む大接戦となったが、準決勝で長い延長戦を戦い抜きインターバルが短く決勝戦を迎えた檀野に徐々に疲労が見え始めるも檀野は執念を見せ攻撃の手を緩めない。しかし、最後は勝部の圧力が勝り攻撃をまとめた勝部が指導3つ目を奪い反則勝ち。勝部が自力のあるところを見せる安定した戦いで昨年に続く大会2連覇を果たした。

70㎏級は1年生の溝口葵(営1)が初戦からの2試合を一本勝ちで勝ち上がる。迎えた準々決勝の相手は先輩の田中こころ(済4)。ここは積極的に前に出続けた溝口が指導3を奪い反則勝ちで勝ち抜ける。続く準決勝も先輩の飯田紀子(営3)。ここは先に効果的な技を繰り出した飯田が指導1を奪いリードする。しかし、ここから溝口が反撃に出る。積極的に前に出始め技を仕掛けていくと指導2を奪い返し形勢を逆転する。そして、最後は場外際で溝口が小外掛けで一本を奪い決勝に勝ち進む。決勝の相手も先輩の古賀彩音(政3)。第1シードの古賀は怪我を抱えながらもしぶとく勝ち上がる。決勝はお互いに技を繰り出していくも古賀が怪我の影響か自滅する形で指導が累積していく。最後は溝口が前に出て指導3つ目を奪い反則勝ち。溝口は準々決勝、準決勝、決勝と先輩と対峙するも1年生ながら強気の柔道で先輩を立て続けに破り、嬉しい大学初優勝を飾った。

怪我人も多く、また紙一重の勝負を取りこぼす試合も多く課題が多く残る結果となったが、10名が全国大会へ駒を進めた。今後の全国大会でも活躍を期待したい。

image0[1738]

▲(左から)森、渡辺、武田、勝部、溝口

image1[1739]

<女子結果>

48㎏級 優勝:森結愛(法4)

52㎏級 優勝:渡辺世奈(文4)

57㎏級 優勝:武田優香(営2)

3位:中尾華奈(営4)

63㎏級 優勝:勝部桃(営3)

準優勝:檀野芽紅(営3)

70㎏級 優勝:溝口葵(営1)

準優勝:古賀彩音(政3)

4位:飯田紀子(営3)

78㎏級 準優勝:松本りづ(営2)

3位:吉田智美(営3)

4位:佐藤香菜(法2)

ページの先頭へ

ページの先頭へ