柔道部

【柔道部】京都学生大会 男子は3階級を完全制覇・女子は1階級で優勝!!

12月1日、京都産業大学第二体育館において第63回京都学生柔道段別体重別選手権大会・第34回京都学生女子柔道体重別選手権大会が行われた。当部からは男子15名、女子6名が出場した。男子は3階級で行われ選手権の部で木村朋弥(済2)が優勝、中量級の部で田倉淳ノ介(文2)が2連覇、軽量級の部で山下大智(文3)が優勝、3階級での完全制覇を達成しました。女子は2階級で行われ重量級の部で飯田紀子(営1)が優勝に輝きました。

 

<男子>

選手権(無差別)の部に出場した木村は2回戦、準々決勝を一本勝ちで順当に勝ち上がる。準決勝の相手は先輩の森(営3)。手の内を分かり合った相手ではあったが、見事な背負い投げを決め一本で勝ち抜く。決勝は京産大の選手。開始から前に出て圧力を掛ける。中盤から相手が嫌がり始め、最後は追い込まれて後がなくなった相手の技を透かして技ありからそのまま抑え込み合技の一本勝ち。木村がオール一本勝ちで優勝を飾った。

 

中量級(90㎏以下)の部に出場した田倉は2回戦、準々決勝を順当に勝ち上がる。準決勝の相手は後輩の中窪(文1)。危ない場面もあったが、最後は先輩の意地を見せ、技あり勝ちで決勝に勝ち進む。決勝の相手は龍大生3名を破って勝ち上がってきた立命館大の選手。負けられない試合は、一進一退の攻防が続くも、最後はパワーで勝った田倉が一本勝ちで勝利。昨年に続く優勝で大会連覇を果たした。

 

軽量級(73㎏以下)の部に出場した山下は2回戦、3回戦、準々決勝を勝ち上がり、準決勝では前年覇者で後輩の永谷(済2)と対戦。手の内を分かり合っており、拮抗した試合展開が続く。最後は延長戦で縺れたところを山下が制し勝ち抜く。決勝は京産大の選手。開始から拮抗した状況が続き、見せ場を中々作れないまま、延長戦に突入する。それでも最後は隅返しを見事に決め一本勝ちで優勝に輝いた。

左から田倉、山下、木村

左から田倉・山下・木村

<女子>

重量級(57㎏超)の部に出場した飯田は初戦、準々決勝を勝ち上がり、準決勝では78㎏超級で全日本学生5位の明治国際大の選手と対戦。序盤に袖釣り込み腰の技ありからそのまま抑え込み合技の一本勝ちで早々に勝ち抜ける。決勝は前年覇者の立命館大の選手。飯田と2階級も違う78㎏超級の選手を相手に、開始から果敢に前に出るも一進一退の攻防が続き延長戦に。最後は我慢した飯田が渾身の小外刈を決め技あり奪取。全試合、自身より重い重量級選手を相手に勝利し、1年生で見事優勝に輝いた。

 

<木村朋弥選手のコメント>

「去年は3位という悔しい結果に終わったので今大会優勝できて良かったです。決勝戦では私の前の階級の先輩、同期が勝って流れを作ってくれたので自分の柔道が出来ました。課題が沢山見つけられたので練習でしっかり修正して次の大きい大会に繋げたいと思います」

 

<田倉淳ノ介選手のコメント>

「今回の大会で優勝出来たことを嬉しく思います。試合で自分に足りない所や自分の成長した所が見えました。自分に足りない所を練習で直していき来年にある大会で良い成績を残せるように頑張ります」

 

<山下大智選手のコメント>

「新体制になり初の試合でした。目標であった3階級優勝を達成することが出来たことは良かったと思います。軽量級では3回生が私しかいなかったので何としても優勝して先輩の意地を見せつけようと頑張りました。課題の残る試合だったので、日々の練習で修正し、次の大会にも繋げていきます」

 

<飯田紀子選手のコメント>

「今回の試合は普段とは違い無差別だった為、勝てるか不安もありましたが、今回の試合も必ず勝ち切りたかったので、優勝できて良かったです。しかし、まだまだ自分に足りない部分が沢山見つかったので、もっと良い形で勝ち切れるように改善していきたいと思います」

ページの先頭へ

ページの先頭へ