柔道部

【柔道部女子】皇后盃 大舞台に3選手が挑む!!

4月21日、横浜文化体育館において第34回皇后盃全日本女子柔道選手権大会が行われた。全国10地区の厳しい予選を勝ち抜いた精鋭37名によって、体重無差別での女子柔道日本一を決める大会。また、本年8月に東京で開催される2019世界柔道選手権東京大会78㎏超級の日本代表最終選考会も兼ねた重要な位置付けの大会。
龍大からは近畿代表として、小林幸奈(法4)、黒木七都美(営4)、出村花恋(文3)の3選手が出場した。

重量級選手の強者が集まる大舞台に龍大から70㎏級の小林、そして今大会最軽量級となった57㎏級の黒木と出村の軽中量級3選手が「小よく大を制する」という柔道本来の醍醐味を体現するべく名誉ある皇后盃の大舞台に挑んだ。

皇后杯-1【開会式】

3選手の中で最初に登場したのは出村。
1試合場のみ独特な緊張感の中、初出場の出村が魅せる。初戦は体重差が2倍以上ある佐藤(淑徳大)。体格では圧倒的に劣るものの開始からスピードと巧さで対抗する。そして、開始2分8秒小内巻込みで投げきり技あり。会場が沸く中、初戦を見事突破する。
続く2回戦も超級の米川(藤枝順心)。ここも相手のパワーに巧さで対抗する。一進一退の攻防が続くも、延長1分52秒に出村のみに最初の指導が入る。最後は延長5分12秒お互いに指導が入るも出村のみ指導3となり反則負け。善戦虚しく2回戦で姿を消す。

皇后杯-2【初戦 出村】

3年連続での出場となった小林。
初戦から今大会2連覇を果たした推薦選手の素根(環太平洋大)。会場が注目する中、小林が粘り強い戦いを魅せる。素根の攻撃を凌ぎながら、チャンスを伺い攻めに繋げる。小林が見せ場を作る場面もあったが、最後は残り3秒で小林に指導3つ目が入り、反則負けで試合終了。優勝候補筆頭に善戦するも初戦敗退に終わる。

皇后杯-3【初戦 小林】

14試合目に登場したのは初出場の黒木。
初戦の相手は前回大会2位で推薦選手の冨田(コマツ)。開始から体重差を活かし突進してくる相手に臆することなく立ち向かう。中盤、相手の圧をかいくぐり、大外刈りで投げにかかるも跳ね返される。最後は相手の圧に奥襟で敢えて対抗するも捻り潰され有効。そのまま抑え込まれ一本。超級の実力者に真っ向から勝負を挑むも初戦敗退に終わる。

皇后杯-4【初戦 黒木】

出場することすら難しいとされる大会に、近畿代表5枠の内、同所属からそれも軽中量級の3選手が出場したことが輝かしい。
始まったばかりの新シーズン、ここまで「小よく大を制する」を体現してきた3選手が、チームに好影響をもたらしたことは間違いない。
龍大女子のここからの更なる活躍が楽しみだ。

ページの先頭へ

ページの先頭へ