柔道部

【柔道部】平和カップ広島 女子が強豪チームを破り2年連続2回目の優勝に輝く!!

3月31日、マエダハウジング東区スポーツセンターにおいて第51回平和カップ広島柔道大会が行われた。今大会、龍大からは男子1チーム、女子2チームが出場した。女子Aチームが決勝戦で帝京大学を1-0で破り、2年連続2回目の優勝に輝いた。

<女子>
春の大学王者山梨学院大に帝京大や帝京科学大の全国強豪大学、そして社会人チーム等が多数出場し、3人制の体重無差別で争われるハイレベルな大会。

龍大Aチームは予選リーグで米田柔整に3-0、大阪産大に3-0、広島国際大に3-0で勝利し、3戦全勝で予選リーグを難なく突破する。
決勝トーナメント初戦は、強豪の山梨学院大と帝京科学大を破って勝ち上がってきた金沢学院大。金沢学院大は重量級の好選手を3人揃える強力布陣。龍大は軽中量級の選手で挑む。先鋒の出村花恋(文2)が粘り強く戦いチャンスを伺うも引き分けに終わる。中堅の小林幸奈(法3)が相手エースの渡辺に柔道をさせず引き分け。大将は今大会が復帰戦の村井惟衣(法3)。開始から2階級上で学生大会3位の清水に積極的に攻め指導を奪う。村井が流れを得るもここも引き分けに終わる。勝負は代表戦。抽選により大将戦の再試合に決定。指導でも勝負が決まる延長戦の代表戦。村井が開始から激しく攻めると早々に指導を奪い試合終了。代表戦を見事に制し、難敵を退ける。続く準決勝は武庫川女子大A。ここは3-0で勝利し、決勝の舞台に駒を進める。

反対ブロックは龍大Bチームがしぶとく勝ち上がる。予選リーグを名城大に1-0、岡山商科大に2-0で勝利し、予選リーグを突破する。
決勝トーナメント初戦は武庫川女子大Bに2-0で勝利。準々決勝は大阪体育大。先鋒は前戦までの池田志穂(法1)に代わり黒木七都美(営3)。黒木が起用に応え一本勝ちで流れを作ると、大将の角谷ゆきの(営2)も勝利し2-0で準決勝に進む。準決勝は大阪府警に勝利に勝ち上がってきた強豪の帝京大。重量級選手を揃える強豪を相手に、先鋒の黒木が勝負に出るも引き分けに終わる。中堅の小柳穂乃果(営2)も二階級上の坂口に対し、粘り強く戦うも最後は場外で抑え込まれ万事休す。ここで今大会初の失点を許す。大将の角谷が勝負に出るも相手は超級の奥本。体格差が大きい相手にチャンスを作れず引き分けに終わり、0-1で準決勝敗退。Aチームが待つ決勝戦には後一歩届かず無念の3位に終わる。

決勝はその帝京大と対戦。ここで先鋒の出村に代わり冨田彩加(国3)が畳にあがる。その冨田が期待に応え、開始から相手を圧倒すると開始1分、見事な大外刈りで一本を奪い欲しかった先取点をあげる。続く中堅の小林は、手堅く柔道を展開し引き分け、大将の村井に繋ぐ。復帰戦で疲労困憊の中、相手超級の奥本に柔道をさせない戦いで村井が最後まで戦い抜き試合終了。強敵を1-0で退け、2年連続2回目の優勝を決めた。

軽中量級軍団が失点を許さない見事な戦いで大会2連覇。
2018年度最後を最高の形で締め括り、新シーズンに繋げた龍大女子。
2019年度の龍大女子の更なる活躍を期待せずにはいられない。

<小林幸奈主将 コメント>
「まず優勝という形で次に繋ぐことができて良かったです。しかし、自分としてもチームとしても課題が残った試合だったので、これからの試合に向けて、自分もそしてチーム全体もレベルアップしていけるよう頑張っていきたいです」

<冨田彩加選手 コメント>
「まず目標としていた優勝をすることができたのでとても嬉しいです。これからチームにとって目標を達成する為に、大事な試合が続くので、今回の優勝をスタートとして頑張っていきたいと思います」

<村井惟衣選手 コメント>
「去年優勝ということでプレッシャーもあったのですが、勝てて良かったです。ここから一戦一戦が勝負になってくるので、今年のチームの良さを出して頑張りたいです」

<出村花恋選手 コメント>
「今回の試合では、去年に続き、2度目の優勝を目指して戦いました。個人としては、先鋒としての役割を果たせていたのか分からないのですが、チームとしては上を見過ぎず、一つひとつ確実に勝ち上がれたと思います。まだまだここから、チームも自分も成長していけるように頑張りたいと思います」
平和カップ

平和カップ②

ページの先頭へ

ページの先頭へ