柔道部

【柔道部】全日本ジュニア京都府予選 男子2名、女子5名が優勝!!

5月8日、京都市武道センターにおいて全日本ジュニア柔道体重別選手権大会京都府予選会が行われた。今大会、龍大からは男子11名、女子13名が出場した。結果は、男子が2階級で優勝、女子が5階級で優勝に輝いた。また、各階級上位3名に与えられる近畿大会への出場権を男子6名、女子11名が獲得した。

 

<男子>

100㎏級は森山(法2)が準決勝で京産大の選手に勝利し決勝に勝ち進む。決勝の相手も同じく京産大の選手。決勝は前半に相手の技を返して技ありを奪いリードする。その後は前に出てくる相手に対し手堅い柔道でリードを守り切り試合終了。森山が大学入学後、初の優勝を果たした。

 

60㎏級は久保井(文3)が準決勝で同志社大の選手と対戦する。ここは序盤から拮抗した展開が続くも終盤に技ありを奪い勝ち抜く。決勝の相手は京産大の選手。序盤から久保井がペースを握ると中盤に得意の寝技で抑え込み一本。久保井が粘り強く戦い、2年前に続く優勝を果たした。

(左)森山、(右)久保井

(左)森山、(右)久保井

<女子>

78㎏級は第1シードの松本(営2)が準決勝で明治国際大の選手に内股で難なく一本勝ち。決勝の相手は準決勝で立命館大の選手に抑え込みの一本勝ちで勝ち上がってきた佐藤(法2)。龍大同士の決勝は、組手争いが続いた中、序盤に佐藤が膝を負傷するアクシデント。その後は松本が豪快な内股を決め一本勝ち。3週間前の国体予選に続きオール一本勝ちの危なげない内容で優勝を飾った。

 

70㎏級の大本(営1)は準決勝で第1シードの明治国際大の選手に見事な払い腰を決め早々に一本勝ち。決勝の相手は準決勝で立命館大の選手に開始から積極的に攻め最後は抑え込みの一本勝ちで勝ち上がってきた溝口(営1)。龍大同士の決勝は、序盤は拮抗した展開が続くも中盤に大本が技ありを奪いリードすると最後も見事な技で一本勝ち。大本がオール一本勝ちの素晴らしい内容で優勝を飾った。

 

63㎏級は第1シードの勝部(営3)が準決勝で京都文教の高校生に一本勝ち。決勝の相手は準決勝で明治国際大の選手に袖釣込腰で一本勝ちし、オール一本勝ちで勝ち進んできた檀野(営3)。龍大同士の決勝は、一進一退の展開が続くも延長戦に入り復帰まもない檀野に疲労が見え始める。最後は檀野に指導3つ目が入り試合終了。最後まで攻撃の手を緩めなかった勝部が同級生対決を制し、2年前に続く優勝に輝いた。

 

57㎏級の岡本(文2)は準決勝で全日本強化選手の岡田(立命館大)を迎える。強者を相手に岡本が序盤から組み勝ちペースを作る。その後も試合を譲らず最後は指導3つ目を奪い反則勝ち。決勝の相手は準決勝で後輩の光長(法1)に攻め勝ち勝ち上がってきた武田(営2)。龍大同士の決勝は、お互いに攻め合う展開ながらも武田に反則が累積する。延長戦に入り、技をまとめた岡本が指導3つ目を奪い反則勝ち。岡本が3週間前の国体予選に続き、2大会連続での優勝を飾った。

 

52㎏級の神谷(文1)は準決勝で明治国際大の選手に内股で技ありを奪い勝利する。決勝の相手は準決勝で文教高校の高校生に背負い投げで技ありを奪い勝ち上がった中馬(文2)。龍大同士の決勝は、組手争いが続きお互いに指導が累積していく。しかし、延長戦に入ると神谷がペースを上げ攻め込み、最後は中馬に指導3つ目が入り反則勝ち。神谷が勝負所を見極めた戦いで優勝に輝いた。

(左から)神谷、岡本、勝部、大本、松本

(左から)神谷、岡本、勝部、大本、松本

<森山選手のコメント>

「コロナにより、試合がなくなっていく中で、今回試合ができたことは大変嬉しく思います。次の近畿ジュニアは厳しい戦いになると思うので、全日本ジュニアに繋げるのを目標に一戦一戦粘り強く頑張ります」

 

<久保井選手のコメント>

「約半年ぶりの大会という事もあり、緊張やプレッシャーで思い通りにいかない事もありましたが、優勝できて良かったです。2年前の近畿ジュニアでは悔しい思いをしているので、今年は自分が納得できる柔道をして優勝し、全日本ジュニアに出場します。コロナ禍で多くのスポーツ活動が制限されている中、練習ができ、試合に出場できる事への感謝を忘れず、これからも精進していきます」

 

<松本選手のコメント>

「コロナ禍の中でも練習をさせていただけ、監督やコーチ、トレーナー、応援して下さる方々のおかげで優勝することができました。この環境の中でやれていることに感謝して、今回出た課題に向き合って次は近畿予選でも優勝して全国そして世界に繋げられるように頑張りたいと思います」

 

<大本選手のコメント>

「優勝できたことは嬉しいですが、この結果に満足せずやるべき課題をこなし、次の近畿大会では全日本ジュニアに繋げられるようにまた1試合1試合自分の実力が全て出せるように準備していきたいと思います。またこのような状況の中で試合ができたことに感謝し、試合ができることが当たり前ではないことを自覚し、日々の練習に取り組んでいきます」

 

<勝部選手のコメント>

「今回の試合では試合内容が良かったわけではないですが、次に向けて自分の課題としっかり向き合い、近畿でもしっかりと勝ち抜き全日本に繋げていきたいです。このような中で試合ができていることに感謝して、毎日練習に励み、次も頑張ります」

 

<岡本選手のコメント>

「まずコロナ禍でありながら大会が行われ自分自身の力量を試せるチャンスがあったことに感謝をしたいです。また、日頃から自分のために熱心に指導して下さっている監督やコーチ、応援して下さっている沢山の方々に改めて感謝をしたいです。こんな状況だからこそ向上心を持ち続け、次の近畿予選でも優勝し、全国また世界へと繋げられるように頑張りたいと思います」

 

<神谷選手のコメント>

「今回の試合では前回の試合の悔しさを生かし、思い切った柔道をしようと思い挑みました。沢山の課題が見つかり、自分にとってとても良い経験ができました。近畿ジュニアまでに今回出た課題を克服して、全国に繋げられるように頑張ります。このような状況で試合、練習ができることが当たり前ではないことをちゃんと自覚し、感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います」

【柔道部】京都府選手権大会 創部初の男女アベック優勝!!

2月14日、京都市武道センター武徳殿において第34回京都府柔道選手権大会が行われた。今大会は体重無差別で柔道日本一を決める全日本柔道選手権大会の京都府予選会にあたり、京都府の高校生から社会人までが京都府代表を争った。今大会、コロナ禍により出場制限が設けられ龍大からは男子6名、女子6名のみの出場となった。

男子の部は木村朋弥(済3)が創部初の優勝を飾った。女子の部は勝部桃(営2)が初優勝に輝いた。また男女アベック優勝は創部初の快挙となった。

<男子>

京都府警が不在の中、第1シードに配置された木村朋弥(済3)。初戦は危なげなく一本勝ち。準々決勝の相手は軽量級ながらしぶとく勝ち上がってきた同級生の川内洸輝(文3)。お互いに牽制し合いながらも延長戦に入ると木村が小内刈を決め勝利、3度目の挑戦で初めて準決勝に勝ち進む。続く準決勝も重量級選手に連勝ししぶとく勝ち上がってきた後輩の中窪洸貴(文2)。ここは相手の隙を見逃さず足技で有効を奪い危なげなく勝利する。決勝の相手はベテランの巧さで勝ち上がってきた三山(京都刑務所)。試合は開始から木村がプレッシャーを掛け続け圧倒する。そして中盤に差し掛かり最後は狙い澄ました足車で見事な一本。木村が素晴らしい技で創部初となる優勝を勝ち取った。

(左)田倉(中·右)木村(右)中窪

<女子>

勝部桃(営2)は初戦となった2回戦を開始早々の一本勝ちで難なく突破する。準々決勝は同級生の吉田智美(営2)。ここは勝部が開始から攻撃の手を緩めず指導3の反則勝ちで勝利する。山場と目された準決勝は同級生で昨年覇者の檀野芽紅(営2)。しかし檀野が棄権となり、勝部が労せずして決勝に勝ち進む。迎えた決勝の相手は足達(明治国際医療大)。試合は開始から勝部が積極的に攻め込み主導権を握る。そして勝部が指導2を奪いポイントを大きくリードしたまま延長戦に突入する。延長戦に入り一瞬ヒヤリとする場面もあったが、最後は勝部が見事な内股を決め一本勝ち。中量級の勝部が攻撃的な柔道で嬉しい初優勝に輝いた。また龍大女子が上位を独占し、出場した6名全員が近畿大会への出場権を獲得した。

(左)檀野(中)勝部(右)松本

<木村朋弥選手のコメント>

「今回コロナ禍で例年の試合とはさまざまなことが異なる中で不安もありましたが、今大会で優勝できたことは本当に嬉しく思います。次の近畿選手権は大学1年生から1回戦負けで悔しい思いをしているので、3年生では全日本選手権に出場できるように泥臭く一戦一戦勝ち上がっていきたいです」

<勝部桃選手のコメント>

「今回の試合では沢山の課題が見えた試合でした。その課題を直して、次の近畿では自分の柔道を全て出し切り、しっかり勝ち全国に繋げられるように、残りの練習を大切にしていきたいです。そして、このような中で試合や練習ができることに感謝の気持ちを忘れずに毎日の練習に励みます」

【柔道部】関西学生大会 女子は4階級で優勝!!

12月5・6日、ウインク武道館において関西学生柔道体重別選手権大会が行われた。今大会、龍大からは男子16名、女子24名が出場した。女子は出場6階級中4階級で優勝に輝き、15名が表彰台に上がる活躍を見せた。

 

新型コロナウイルスの影響により学生柔道三大大会が全て中止となる中、関西学生柔道連盟では今年最初で最後となる学生大会が行われた。

 

70㎏級は田中(済3)、角谷(営4)、古賀(政2)、飯田(営2)の龍大生4名が準決勝に勝ち上がる。準決勝の第1試合は田中と角谷の対戦。お互いに指導2を奪い合い拮抗した展開が続くも延長戦に入り最後は潰れた田中に指導3つ目が入り反則勝ちで角谷が勝ち抜く。第2試合は古賀と飯田。ここもお互いに攻めあうも決め手を欠き延長戦に。最後は飯田に3つ目の指導が入り、古賀が同級生対決を制する。決勝戦は角谷と古賀。ここもお互いに手の内を分かり合った相手。拮抗した展開が続く中、本戦の終了間際に古賀が焦って仕掛けた技を角谷が切り返し技ありを奪う。しかし、その流れから古賀が逆に起死回生の抑え込み。逆転かと思われたが最後は先輩の角谷が意地を見せ抑え込みから6秒で逃げて試合終了。先輩の意地を見せた角谷が龍大対決を制し初優勝を飾った。

70㎏級角谷ゆきの

63㎏級は小柳(営4)、勝部(営2)が危なげなく準決勝に勝ち進む。勝部は準決勝を絞め技による一本勝ち。ここまでオール一本勝ちで決勝進出を決める。小柳は落ち着いた柔道で試合の主導権を握り、反則ポイントでリードする。このまま勝利するかに思われたが、延長戦に入り一瞬の対応を誤ると技あり失陥。余裕が隙になったか小柳がここで敗れる。決勝は勝部が開始からプレッシャーをかけ、積極的に技を仕掛けていく。凌ぐ相手になかなか決めきれないも主導権は勝部。延長戦に入り最後は勝部が小外刈を決め技あり奪取。終始攻め手を緩めなかった勝部が初優勝に輝いた。

63㎏級勝部桃

57㎏級は出村(文4)、中尾(営3)、武田(営1)の龍大生3名が危なげなく準決勝に勝ち進む。準決勝で第1シードの出村と中尾が対戦する。試合は一進一退の攻防が続くも出村の手数が勝る。最後は延長戦で中尾に指導3つ目が入り、出村が反則勝ちを収める。もう一方の準決勝は武田が開始から攻撃の手を緩めず指導をリードしたまま本戦終了間際に技ありを奪い勝利を決める。決勝は4年生と1年生の龍大対決。開始から4年生の出村が試合の主導権を掌握する。そして、中盤に技ありを奪い試合を決定付けるとそのまま試合終了。これまで2年連続2位の出村が最後の関西大会で頭一つ抜けた実力を見せ付ける危なげない内容で初優勝を飾った。

57㎏級出村花恋

52㎏級は渡辺(文3)、中内(法4)が準決勝に勝ち上がる。渡辺は準決勝を寝技による一本勝ちで難なく決勝に勝ち進む。もう一方の準決勝では中内が貫録の違いを見せ寝技による一本勝ちで難なく決勝に勝ち進む。ここでも龍大対決となった決勝は、実績で勝る中内が落ち着いた柔道で開始から試合を掌握する。勢いに乗る渡辺も積極的に攻め込もうとするも中々組手を作らせてもらえない。延長戦に入っても攻撃の手を緩めず攻め込む中内が最後は小内刈を押し込み執念の技あり奪取。中内が4年生の意地と貫録を見せ2連覇に輝いた。

52㎏級中内柚里

女子は出場6階級中4階級で優勝したものの目指していた目標には届かず課題を多く残す大会となった。

大会が殆どない中、貴重な機会となった今大会に感謝し、来年以降に必ず繋げていってほしい。ここからの龍大女子の成長を楽しみにしたい。

 

また男子は3人が3位入賞を果たし、ポイント順位では天理大学に次いで2位に入る活躍を見せた。来年の更なる活躍に期待したい。

 

<出村花恋選手のコメント>

「4回生になって殆どの試合がなくなり、みんなで団体に出場するチャンスもなく、モチベーションを保つのも大変だった一年でしたが、みんなで支え合ったからこそ私は優勝することができたと思っています。後輩達には、この状況の中でも練習ができていることに感謝の気持ちを忘れず、この環境で練習に取り組んだからこそ来年はもっと成長できると信じて頑張ってほしいです」

 

<角谷ゆきの選手のコメント>

「今年はコロナの影響で、この試合が学生での最後の試合でした。個人戦だったのですが、チーム一丸となり挑んだ試合で優勝ができたことはとても嬉しいです」

 

<中内柚里選手のコメント>

「学生最後の試合で優勝できたので良い締めくくりができました。コロナの影響で殆どの試合が中止になりましたが、最後にチーム全員で試合ができて良かったです。龍谷大学で練習してきた事を自信に今後は世界で活躍できる選手になれるよう頑張ります」

 

<勝部桃選手のコメント>

「今回の試合は今年初めての試合で、少し不安がありましたが、沢山練習してきたことが自信になり、思い切り柔道ができました。そして、コロナで大変な中で自分の力を試す場所があり、すごく幸せだと感じました。課題が沢山見えた試合だったので、次に活かせるようにまた頑張りたいと思います」

【柔道部女子】国内最高峰の講道館杯で武田亮子(営4)が悲願の初優勝(創部初)!!

11月1日、千葉ポートアリーナにおいて講道館杯全日本柔道体重別選手権大会兼全日本選抜柔道体重別選手権大会が行われた。今大会、龍大からは52㎏級に武田亮子(営4)、中内柚里(法4)、48㎏級に中馬梨歩(文1)が出場した。

武田は決勝戦で元世界チャンピオンの志々目愛選手(了徳寺大学職員)を破り、見事優勝!!これは創部初の快挙。また同階級の中内も3位に入賞し、52㎏級の表彰台に龍大生2名が立った。

20201102_NEWS_W005_W52-1024x682

中内は初戦から第1シードで元世界チャンピオンの志々目(了徳寺大学職員)と対戦。ケンカ四つの相手に対し、開始から不十分な組手での攻防が続き、お互いに指導が与えられる。延長戦に入り、ペースを上げてきた相手の技を一瞬受けてしまい中内に指導。中内がここから強引に仕掛けていくも中々決めきれない。最後は延長5分43秒にお互いに指導が与えられ累積で中内の反則負けとなる。

中内は敗者復活戦にまわる。初戦は柴田(大阪府警)。開始から中内の組手を嫌い変則に構える相手に指導が与えられず何故か中内に指導が与えられる。しかし、その後は落ち着いて寝技で相手を抑え込み一本勝ちで勝利する。

3位決定戦は全日本強化選手の前田(三井住友海上)。開始から中内が大外刈りを仕掛け僅かにポイントには至らなかったが見せ場を作る。その後は先手で仕掛けてくる相手に指導を奪われるが落ち着いてチャンスを待つ。そして延長戦に突入し27秒、渾身の大外刈を見事に決め技あり奪取。中内が強敵を退け、見事シニア大会初の表彰台を決めた。

kdkcup20201101_INK08132

武田は第3シードでスタート。初戦は1回戦を勝ち上がってきた郡司(岩手県警)。開始から組み手を嫌がる相手にプレッシャーを掛け続け、指導を奪っていく。最後は延長戦で指導3つ目を奪い反則勝ちで危なげなく初戦を突破する。

準決勝は第2シードの前田(三井住友海上)。最初の山場を迎える。序盤に一瞬の隙を突かれ抑え込まれるも逃れる。その後はお互いに攻め合い指導1ずつを奪い合う展開。そして本戦も残り僅かで入り込んだ袖釣り込み腰で強引に投げ切り、本戦終了のブザーと同時に技ありを見事奪い勝利。これまで2度準決勝の壁に阻まれてきたが初の決勝進出を決める。

決勝の相手は初戦で中内を破り順当に勝ち上がってきた志々目。試合は開始から激しい組み手争いが続く中、先に相手に指導が与えられる。ここから相手がペースを上げプレッシャーを強めると武田に場外の指導が与えられる。しかし、武田もここから攻撃を加速させ本戦の終了間際に指導を奪い返し、指導1をリードしたまま延長戦に突入する。

https3A2F2Fimgix-proxy_n8s_jp2FDSXMZO6572874001112020000001-2

開始から5分47秒、攻撃の手を緩めなかった武田が3つ目の指導を奪い反則勝ちで悲願の初優勝に輝いた。

これまで2度敗れてきた志々目に対し3度目の挑戦で初勝利。

そして学生最終学年で国内最高峰の大会で悲願の日本一に辿り着いた。

kdkcup20201101_INK08111

<中内柚里選手のコメント>

「4年間の練習の成果を発揮でき、成長を感じれた試合でした。自信のある強みが増え、試合に安定感が出てきたと思います。それでもシニアの中で勝っていくにはまだまだ力不足な所が沢山あるので、今回の試合で出た課題としっかり向き合って更にレベルアップしていきたいと思います。3位という結果に満足せず、来年は優勝するという目標に向かって努力していきます」

<武田亮子選手のコメント>

「今回は今年最初の試合であり、四年生として最後の全国大会でした。コロナで練習ができない時期もあり大変なこともありましたが、その中でも龍谷のみんなと乗り越えて練習ができたので自信を持って試合をすることができました。次はチームで最後の試合である関西学生があるので、みんなで良い結果を出せるように頑張りたいと思います」

kdkcup20201101_INK08178

ページの先頭へ

ページの先頭へ