柔道部

【柔道部女子】全日本強化選手選考会 古賀が3位入賞で全日本強化選手入り!!

5月7日、講道館において2022年度全日本強化選手選考会が行われた。本大会は中止となった2021年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会の代替大会にあたり、2022年度前期の全日本強化選手を選考する大会。龍大からは昨年度全国大会等で優秀な成績を収めた78㎏級佐藤(法3)、松本(営3)、70㎏級古賀(政4)、溝口(営2)、63㎏級檀野(営4)、勝部(営4)、57㎏級武田(営3)、奥井(営1)、52㎏級横山(営1)の女子9名が出場権を獲得し出場した。70㎏級の古賀が3位入賞を果たし全日本強化選手に選出された。63㎏級の檀野はベスト8入賞を果たした。

檀野(左)、古賀(右)

檀野(左)、古賀(右)

古賀

古賀

<70㎏級>

古賀彩音(政4)は2回戦から登場。初戦となった2回戦の相手は初戦で全日本学生2位の選手を破り勝ち上がってきた全日本実業3位の座波(福大クラブ)。序盤はお互いに指導が入る。中盤、相手に指導2つ目が入りリードする。その後も内股を仕掛けるなど見せ場を作る。最後は延長に入り寝技で抑え込み一本勝ち。準々決勝に勝ち進む。準々決勝の相手は全日本学生王者で全日本強化選手の多田(山梨学院大)。高校時代から一度も勝てなかった相手に対し、序盤から積極的に攻めていき指導を奪う。中盤、お互いに指導が入り、その後は古賀に指導が入り指導の数で並ぶ。終盤、古賀が大外刈を見事に決め技あり奪取。そのまま寝技に移行し合わせ技の一本勝ち。古賀が高校時代からの難敵を見事に下し、準決勝に駒を進める。準決勝の相手は全日本実業王者の西願寺(コマツ)。開始早々攻め込み見せ場を作るもミスを犯し指導が入る。その後はお互いに指導が入る。ここから古賀がペースを上げ攻めていく。しかし、相手を投げ切ることができず、最後は3分30秒、相手の技で伏せたところを寝技で抑え込まれ一本負け。チャンスが十分あるかに思えた準決勝であっただけに悔しい3位に終わる。それでも中学時代には県大会にも出場できなかった古賀が大躍進を果たす素晴らしい活躍を魅せた。そして、今回の結果により全日本強化選手(B指定)にも初選出された。

 

<63㎏級>

檀野芽紅(営4)は初戦で全日本ジュニア強化選手の鹿(東海大)と対戦する。昨年12月の全日本ジュニア大会でも対戦した相手に、序盤から積極的に攻め指導を奪いリードする。そして中盤に袖釣り込み腰で技ありを奪い、そのまま寝技に移行し合わせ技の一本勝ち。初戦を良い形で勝ち2回戦に進む。2回戦の相手はインターハイ王者で全日本ジュニア強化選手を初戦で破って勝ち上がってきた実業団選手の飯島(センコー)。序盤は組み手争いでお互いに指導が入る。その後はお互いに激しく動き一進一退の攻防が続くも本戦終了間際に檀野にのみ指導が入りリードされる。延長戦に入り檀野が仕掛ける。檀野が大内刈を仕掛け相手が大きく崩れる。副審一人は技ありを宣告するもノーポイントに。ここから檀野がペースを上げ何度も惜しい場面を作り出し相手に指導が入り並ぶ。そして、最後は延長7分4秒に檀野が渾身の大内刈を決め切り技あり奪取でこの長い延長戦を制する。続く準々決勝は強豪の明石(つくばユナイテッド)。序盤は組み手争いが続くも、チャンスをうかがい攻めていく。しかし、中盤は相手に巧く先に攻められ指導が累積し追い詰められる。ここからペースを上げ強引に攻め込んでいく。終盤、勝負に出たところを相手に巧く合され技あり。そのまま相手に逃げ切られ試合終了。檀野は上位進出のチャンスがありながら勿体ない試合でベスト8に終わる。それでも今年の講道館杯の出場権は確保し次に繋がる結果を残した。

 

<古賀彩音選手のコメント>

「今回の試合では結果を残して次に繋げることができたのでとても嬉しかったです。1回戦はシードでどちらの選手が上がってくるかわからない状態でしたが相手の対策をして勝つことが出来ました。2回戦は高校の時に毎回負けていた相手でした。3年ぶりに試合をして初めて勝てたのでとても嬉しかったです。準決勝は自分の課題であるところでやられてしまったのでそこを練習で改善していきたいです」

【柔道部女子】皇后盃 63㎏級の勝部がベスト16入り!!

4月17日、横浜武道館において第37回皇后盃全日本女子柔道選手権大会が行われた。本大会は全国10地区の厳しい予選を勝ち抜いた精鋭38名によって体重無差別での女子柔道日本一を決める大会。また本年10月にウズベキスタンで行われる2022年タシケント世界柔道選手権大会78㎏超級の日本代表最終選考会も兼ねている。

龍大からは近畿代表として檀野芽紅(営4)、勝部桃(営4)の2選手が初出場を果たした。

勝部が3回戦に進出しベスト16入りを果たした。

 

重量級の猛者が集う大舞台に63㎏級の檀野と勝部の中量級2名が「小よく大を制する」という柔道の醍醐味を体現するべく名誉ある皇后盃の大舞台に挑んだ。

 

試合場が1試合のみの独特な緊張感の中、最初に畳に上がったのは勝部。

初戦の相手は体重差が2倍はある重量級の佐藤(センコー)。体格で圧倒的に劣る相手に対し、序盤から組み手と動きで対抗していく。そして、開始2分過ぎには背負い投げで大きく相手を浮かしポイントかという場面を作り会場を湧かす。その後は勝部が主導権を握り、最後は延長3分2秒に相手に3つ目の指導が入り、勝部が反則勝ちで初の皇后盃で1勝を勝ち取る。

 

勝部の初戦に続いて畳に上がったのは2回戦から登場の檀野。

初戦となった2回戦の相手は第1シードで前回大会2位の児玉(東海大)。厳しい組み合わせとなったが、檀野は開始から強気で前に出る。まずは開始直ぐに相手が反則を犯し指導1を奪いリードする。しかし、その後は組み手と足技で対抗し勝機を見出そうとするも徐々に体格で圧倒的に勝る相手に主導権を握られていく。そして、中盤に指導2を奪われ苦しい状況に。それでも諦めずに勝負に出るも最後は本戦残り5秒でお互いに指導が入り、檀野が3つ目の指導で反則負け。善戦むなしく檀野の皇后盃初挑戦は初戦敗退に終わった。

 

勝部の2回戦の相手は渡邉(北海高校)。

1階級上の相手に対し、序盤から組手で優位を作り積極的に攻め込んでいく。そして、開始2分半で指導2つ目を奪い大きくリードする。しかし、そこから相手の粘りに合い延長戦に突入する。それでも最後は粘る相手に寝技で抑え込み一本勝ち。勝部が2勝目を上げ、3回戦に勝ち進む。

 

勝部の3回戦の相手は井上(JR東日本)。

78㎏超級の強豪選手と対峙する。ここもしぶとく戦いチャンスを見出したかったが、開始50秒に相手の寝技を受けてしまうミスを犯し抑え込まれる。必死に抵抗するも体重差もあり万事休す。2試合を勝ち抜き疲れもあったか、最後は何もできないまま一本負けで3回戦敗退に終わった。それでも63㎏級の体格で2試合を勝ち抜きベスト16入りを果たす素晴らしい活躍を魅せてくれた。

 

出場することすら難しいとされる大会で、中量級の2名が果敢に挑み胸熱くなる素晴らしい戦いを魅せてくれた。

始まったばかりの新シーズン。檀野と勝部の「小よく大を制する」挑戦がチームに好影響をもたらしたことは間違いない。

ここから続く龍大女子の今年の戦いが楽しみだ。

 

またOGで出場した出村花恋(ダイサン/21卒)は初戦に勝利したものの2回戦で敗れた。冨田彩加(アドヴィックス/20卒)は初戦敗退に終わった。

 

檀野(左)、勝部(右)

檀野(左)、勝部(右)

<勝部桃選手のコメント>

「皇后盃に初めて出れてすごく嬉しかったですが、自分が試合をしてみて世界で戦える選手になるまでにはまだまだなんだとすごく感じました。それを感じることができて、新しい課題などが見つけられたのでこれから始まる大切な試合で勝ち切るためにもっと頑張っていきます」

 

<檀野芽紅選手のコメント>

「今回初めて皇后盃という舞台で戦うことが出来て本当に良い経験になりました。結果は初戦敗退でとても悔しいですが、次に繋がる試合が出来たと思います。今回の経験をこれから続く大会に活かしていけるようにこれからも頑張ります」

【柔道部】国民体育大会京都府第一次予選 男子1名、女子2名が優勝!

4月16日、京都市武道センターにおいて第77回国民体育大会柔道競技京都府選手第一次選考会が行われた。龍大からは男子16名、女子9名が出場した。男子は60㎏級で岡部紘典(文2)が優勝。女子は57㎏級で武田優香(営3)が優勝、無差別級で古賀彩音(政4)が優勝に輝き、女子は全2階級を制した。

<男子>

60㎏級は3名での争いとなり、岡部は初戦となった決勝で京都刑務所の選手と対戦。中盤に巴投げで技ありを奪うとそのままリードを守り切り勝利。前回のリベンジを果たし、大学入学後、初の優勝を飾った。

岡部

岡部

 

<女子>

無差別級の古賀は初戦で明治国際医療大の選手に技ありを奪い危なげなく勝利する。2回戦は山本(明治国際医療大)。ここは延長戦に入り見事な大外刈を決め一本勝ちで勝ち抜く。続く準決勝は三谷(明治国際医療大)。ここも中盤に内股を決め一本勝ちで決勝に勝ち進む。決勝の相手は川口(明治国際医療大)。78㎏超級の選手を相手に開始から積極的に攻め指導を奪う。そして中盤に内股を見事に決め一本勝ち。古賀が全試合を投げ技による勝利で決め、優勝に輝いた。

 

57㎏級の武田は第1シード。初戦となった2回戦は明治国際医療大の選手と対戦し、一本勝ちで勝ち抜ける。準決勝は後輩の神谷鈴(文2)。ここは武田が先手で攻め指導を奪っていく。最後は指導3を奪い反則勝ちで決勝に勝ち進む。決勝の相手は同級生の中馬梨歩(文3)。お互いに手の内を知り尽くしており、前半は組み手争いが続きお互いに指導が入る。その後はお互いに攻め込んでいくも決め手を欠く。そして、長く続いた延長戦も最後は武田が3つ目の指導を奪い反則勝ち。武田が同級生対決を制し、優勝を飾った。

武田(左)、古賀(右)

武田(左)、古賀(右)

【柔道部女子】勝部、檀野の63㎏級2名が皇后盃の出場権を勝ち取る!

3月20日、京都市武道センターにおいて第32回近畿女子柔道選手権大会が行われた。今大会は体重無差別で柔道日本一を決める皇后盃全日本女子柔道選手権大会の近畿地区予選にあたり、龍大からは京都府の予選を勝ち抜いた女子5名が出場した。勝部桃(営3)が中量級ながら決勝に勝ち上がり準優勝、檀野芽紅(営3)が代表決定戦に勝利し5位入賞を果たし、63㎏級の2名が名誉ある皇后盃の出場権を獲得した。

檀野(左)、出村(中)、勝部(右)

檀野(左)、出村(中)、勝部(右)

檀野(左)、勝部(右)

檀野(左)、勝部(右)

勝部桃(営3)は、初戦となった2回戦で兵庫県警の選手に難なく一本勝ちを収める。3回戦では大阪府警の選手と対戦し、開始から勝部が積極的に攻め指導を奪っていく。最後は延長戦で指導3つ目を奪い反則勝ちを収める。続く準々決勝の相手は明治国際医療大の選手。序盤に寝技で抑え込むも決め切れないミスを犯す。しかし、その後も試合を優位に進め、最後は見事な内股で技ありを奪い勝利。最後は投げ勝ち、ここで嬉しい皇后盃の出場を決める。準決勝の相手は足達(明治国際医療大)。開始から積極的に攻めると見事な小外刈で一本勝ち。序盤で早々に勝負を決め、一気に決勝の舞台に勝ち進む。決勝の相手は二階級上で昨年の皇后盃でベスト8入りを果たしている強者の長谷川(近畿大)。パワーがある初対戦の相手に対し、序盤に一瞬対応が遅れたところで崩され有効を奪われる。その後は相手の柔道にも対応し前に出続けチャンスを作るもポイントには至らず、無念の試合終了。序盤の一瞬の対応の遅れが悔やまれる敗戦となったが、63㎏級ながら見事準優勝の成績を収めた。昨年まで2年連続で6位と皇后盃に後一歩が届かない悔しい結果に終わっていたが、この2年間での成長を見せる素晴らしい活躍を見せた。

 

檀野芽紅(営3)は、初戦の2回戦から78㎏超級で強者の吉峰(近畿大)と対戦する。63㎏級の檀野は三階級上の相手に対し粘り強く戦いチャンスを伺う。そして終盤に足技で有効を奪い勝利を収める。続く3回戦も78㎏級でインターハイ覇者の杉村(比叡山)と強者を迎える。開始から足を使いリズムを作ると中盤に指導をリードする。最後は指導3の反則勝ちを収め勝ち抜ける。準々決勝は今大会を制した長谷川(近畿大)。ここも二階級上の相手に対し開始から足を使い前に出て粘り強く戦う。そして中盤に指導をリードして、延長戦に突入するも最後はここまでの疲れもでたか一瞬の隙を突かれ抑え込みで万事休す。チャンスが十分ありながら悔やまれる敗戦で敗者復活戦にまわる。敗者復活戦の相手は同級生の飯田紀子(営3)。ここは手の内を知り尽くした同士であったが檀野が巧さで勝り反則勝ちで勝ち抜ける。そして、皇后盃の代表枠が掛かった5位決定戦に進む。相手は2階級上で強者の田中(東海大)。開始から攻め込み指導を奪いペースを握る。重量級との連戦を勝ち抜いてきた疲れもあったが、その後も攻め手を緩めず最後は延長戦で3つ目の指導を奪い反則勝ち。死力を尽くした檀野が嬉しい初の皇后盃出場を勝ち取った。

 

重量級が揃う大会で63㎏級の小柄な同級生2人が躍動感ある素晴らしい活躍を魅てくれた。次は更に重量級の猛者が待つ皇后盃の舞台でこの2人がどんな柔道を魅せてくれるか今から楽しみだ。

 

またOGの出村花恋(ダイサン/21卒)も3位入賞を果たし、3年ぶり2回目の皇后盃出場を決めた。出村は2回戦で優勝大本命の稲森(日本エースサポート)に有効を奪い勝利するアップセットを起こす。57㎏級ながら素晴らしい活躍を魅せてくれた。

 

東海地区予選でもOGの冨田彩加(アドヴィックス/20卒)がオール一本勝ちの素晴らしい内容で初優勝を果たし、4年ぶり2回目の皇后盃出場を決めた。

 

<勝部桃選手のコメント>

「2年連続予選で負けていて、すごく悔しさを味わってきました。今回はやっと皇后盃に出ることができるので、今回の試合で出た課題を克服していき優勝できるように頑張ります。」

 

<檀野芽紅選手のコメント>

「今回の試合では何としても皇后盃に繋げたいという思いで挑んだ試合だったので、とても嬉しいです。自分の成長した部分、まだ弱い部分も見えた試合になったので、ここから弱い部分を少しでも無くして、更に成長した姿で皇后盃で戦えるように頑張ります。」

ページの先頭へ

ページの先頭へ