硬式野球部

近藤、大符の活躍で龍産戦の初戦を制す

5月13日、皇子山総合運動公園野球場で関西六大学野球春季リーグ戦第6節の一回戦が行われた。龍大は京産大と対戦し1―0で勝利した。

伝統の龍産戦、大事な初戦のマウンドを託されたのは大符(国2)。「重要な1戦目を任されたが、落ち着いて投げることができた」と語ってくれたように序盤は相手打線を封じ込める。しかし、そうそう上手く事が運ばないのが龍産戦。5回表に2死一、三塁のピンチ迎える。だが、この場面を迎えても大符は動じない。見事三振に抑え龍大に流れを引き寄せる。大符の力投に応えたい打線は、その裏2死一、三塁のチャンスを作る。ここで迎えるのは近藤(国3)。「スライダー待ちだったが、ストレートが甘く入ってきたので、振り切った」と語った近藤の打球は三遊間をきれいに抜けるタイムリーヒットとなり、京産大から先制点をもぎ取った。しかし、このままで終わらないのが伝統の龍産戦。6回表にまたもや2死一、三塁のピンチを迎える。何とか抑えたい龍大。だが大符が投じた球は、捉えられ打球は左中間へ。しかし、ここでも近藤が輝きを放つ。「無我夢中に追いかけた」と語ってくれたように、全力で打球を追いかけ、見事キャッチし京産大の得点を奪う好プレーを見せた。

落ち着いた投球を披露する大符

落ち着いた投球を披露する大符

試合はこのまま膠着状態に入り、いよいよ最終回を迎える。ここで、大符に代わり中井(済4)がマウンドへ上がる。そして中井は安定した投球で2人をピシャリと抑える。2死からは中井から瀧中(社2)へバトンタッチ。瀧中はランナーを出すものの最後はレフトフライに打ち取りゲームセット。初戦を勝利で飾った。

大事な1戦目を完封リレーで勝利し、龍産戦を最高のスタートで切ることが出来た投手陣。打線も全く当たりがないわけではなく、チャンスは何回も作っていた。そして何より今の龍大には初戦を勝った勢いがある。この調子で龍産戦を勝ち越し、このまま神宮への切符も掴んで欲しい。

適時打を放つ近藤

適時打を放つ近藤

<山本監督>

「大符に助けられた。本調子ではなかったが、8回まで0を並べられたことは自信になるかと思う。2戦目より1戦目のほうが大符にとって良いピッチングができると判断し、先発投手に起用した。中井や瀧中にも信頼を寄せているため、選手を信用して送り出した。明日は勝敗に関わらず内容を重視した戦いをしたい」

 

<今西主将>
「監督からは自分を信じていかに楽しめるかが鍵だと言われた。選手それぞれが場面に応じた自分の役割を果たしており、みんな試合を楽しめていたと思う。大符は苦しい登板が続き悔しかったと思うが、今日の一戦目ではのびのび投球ができたと思う。明日も、今日勝った流れに乗り、連勝したい」

<近藤選手>
「伝統の龍産戦で、先に1勝できたのは良かった。5回の打席はスライダー待ちだったがストレートが甘く入ったので振り切った。大符は調子があまり良くなさそうだったので、なんとかバックで助けられたらと思っていた。次の試合は菊池が投げるので2連勝して勝ち点を奪取したい」

(記事 龍魂編集室 松本一輝/写真 日髙朱花)

終盤でミスが目立ち、惜しくも敗北

5月5日、皇子山運動公園野球場で関西六大学野球春季リーグ戦が行われた。龍大は大阪商業大学と1回戦を戦い、0-2で惜敗した。

この試合の先発は大符(国2)。初回、いきなり2つの四死球でピンチを迎える。しかし、「ランナーがいても1つ1つ大事に落ち着いて投げた」と振り返ってくれたように後続の打者をしっかり抑える。その後も毎回ランナーを出すが、終始落ち着いた投球で、大商打線を0点に封じ込める。だが、5回に鬼門が待っていた。ヒットと2つの四球で2死満塁となり迎えるバッターは5番。しかし大符、「無失点で切り抜けようと思って投げた」と語ってくれたように、気持ちの乗ったボールはキャッチャーのミットに吸い込まれた。見事このピンチを三振に切ってとった。

好投する大符

好投する大符

両チームなかなか点が取れない中、迎えた8回。龍大にとってこの試合最大のピンチの場面を迎える。2本のヒットとパスボールで1死2,3塁とされる。ここで山本監督が勝負にでる。好投してきた大符に代え、瀧中(社2)をマウンドへ上げる。両チームに緊張がはしる中、試合は思わぬ形で動き始める。龍大バッテリーが痛恨のワイルドピッチで先制点を謙譲してしまう。これで緊張の糸がきれたのか、この回さらにもう一点を加えられ0-2とされる。しかし、ここで引き下がらないのが今の龍大打線。最終回に粘りを見せる。先頭の今西(文4)から2者連続四球でノーアウト1,2塁とし、ここでバッターは梶田(社3)に代わり代打柴森(社3)。しかし、ここで龍大に痛いミスが出る。今西に代わって、代走に出場した村上(社2)が捕手からの牽制球により2塁ベース上で刺されてしまう。結局、後続の打者にヒットが出たものの、得点には結びつかず試合終了。悔しい敗戦となった。

マウンドに向かい、大符(中央)を鼓舞する山本監督(右)

マウンドに向かい、大符(中央)を鼓舞する山本監督(右)

負けはしたものの、きっちり9回まで試合を作った投手陣。結果としては無得点で終わったものの、何回もチャンスを作った打線など着実に力をつけてきている龍大ナイン。次節はいよいよ伝統の龍産戦。今までの借りを返すのは、今しかない!

 

<大符選手>
前に投げた試合よりも今日は調子が良かった。ランナーがいても落ち着いて投げることができた。ただ、打者への最初の入りが良くなかったのでそこを修正していきたい。あとの2戦に勝って、次の龍産戦に挑みたい。

<今西選手>
「安打は相手よりも多く出るが残塁が多い。チャンスでの一本が出なかった。終盤のライナーバックやバント失敗が勝負を分けた。守備ではワイルドピッチやバント処理などのミスが痛かった。(明日に向けて)優勝のためには追い込まれた状態。勝つしかないので死ぬ気で頑張る」

<山本監督>
「ミスした方が負ける。まさにそういう試合だった。気持ちで負けている。9回の攻撃はまず同点にすることを優先して、柴森や村上を起用した。その時のベスト尽くした起用なので後悔はない。大符も瀧中も良く投げた。この試合でもらった宿題をしっかり解いていきたい」

(記事/写真 龍魂編集室 松本一輝)

投打噛み合い、2連勝。勝ち点1を奪う

4月13日、南港中央野球場で関西六大学野球春季リーグ戦、第2節が行われた。龍大は神院大と2回戦を戦い、3―1で勝利。見事、勝ち点1を手に入れた。

龍大は初回、2つの四球と送りバントで 1死2、3塁のチャンスを迎える。ここで打順は、今季から4番を務める宮城(社3)。「前の球をファールにしたとき、タイミングは合っていたのに力みが出てしまったので、修整した」と宮城。次の球を確実に捉え、打球はレフトを大きく越し、走者一掃の2点タイムリーとなる。さらに、相手の送球ミスの間に自らもホームインし、一挙3点をもぎ取った。このプレーを宮城は「取れるときにもう1点取っておきたかった」と語り、勝利への必死さを見せた。

適時打を放った宮城

4番から貴重な先制点をもらった今季初先発の大符(国2)。「昨日の勝利の流れにのって、今日も勝ち点をかけて戦っていこうと思った。 けれど、序盤に直球が荒れてしまった」 と語ったように初回から1点を取られる苦しい立ち上がりに。しかし、2回以降はランナーを出しても終始落ち着いた投球でゲームを作り、8回1失点の好投ぶりを見せる。そして最終回、大符に代わって前の試合で完投勝利をあげた菊地(社3)がマウンドに上がる。菊地は連投の疲れを感じさせない安定した投球で打者を三者凡退に抑え、ゲームを締めた。

今季初登板で、好投する大符

この2試合で、相手打線を合計2点に抑えた投手陣。そして、チャンスをものにする4番の一振り。昨年の秋から着実に実力を伸ばしている選手たち。これからの活躍に目が離せない!

<山本監督>
「2連勝して開幕ダッシュできたことは監督としてもうれしい。だが、初回に取った3点以降、チャンスがあっても点に結びつかなかった。選手たちにはチームの一員として貢献するように意識させている。宮城は大事なところで1本が出ている。彼は、練習が終わっても、学校に残って、明かりが点いているところを見つけて練習しているなど努力している。なので、もっと自信をもって落ち着いてプレーしてほしい」

<大符投手>
「今季初登板なので少し緊張した。今日は変化球でストライクカウントを取れたのが良かった。総合的には70点くらいのでき。投球中、体が前傾になってしまっていたので、試合中にフォームを修正していた。次は100点のピッチングができるよう、調整していきたい」

<宮城選手>
「試合前に監督から、大符のために先制点が欲しいと言われていたので、点がとれて良かった。この2試合、まだ自分のバッティングが出来ていないのでもっと練習して自信をつけたい。そして、このチームで神宮に行きたい」

(記事 龍魂編集室 松本一輝/写真 隠岐智夏)

先発・菊池が完投 開幕戦に勝利

4月12日、南港中央野球場で関西六大学野球春季リーグ戦、第2節が行われた。龍大は神院大と1回戦を戦い、3―1で勝利。開幕戦を白星で飾った。

特有の緊張感に包まれた開幕戦。リーグ優勝を目指すチームの初陣のマウンドには、冷静な面持ちの菊池(社3)がいた。ピンチの場面にも、伸びのある直球をコース低めに投げ込んでいく。堂々としたその投球には「エース」の風格が漂い始めていた。

「自分がエースだと思い込んで練習をしていました」。菊池は冬場の練習で誰よりもランニングや下半身の強化に励んでいた。練習が功を奏し、球にキレが生まれると精神的にも変化が表れる。「彼には責任感が生まれた。自分がチームに貢献しないとという意識が高くなった」と、監督は菊池の成長を見逃さなかった。

任された開幕投手。菊池は独特の雰囲気に緊張しながらも、丁寧な投球を続け、9回を投げ切った。疲れの見え始めた8回、押し出し四球で1点を失うものの、被安打3本、奪三振7つの成績でチームの開幕戦勝利に貢献した。

開幕戦で完投勝利をあげた菊池

打線はチームバッティングに徹した。2回裏、1死から6番山内(社3)の右中間を破る三塁打でチャンスを作る。続く7番今西(文4)の打球はセンターへ。犠飛には十分な距離だった。タッチアップで走者が生還し、幸先よく先制点を手に入れる。6回には先頭打者の木村(文4)が四球を選び出塁すると、4番宮城(社3)がライト線へ二塁打を放ち、走者2、3塁とチャンスを拡大させる。相手の暴投と5番森(理3)の右犠飛で中押しとなる2点を奪った。選手はそれぞれの打席で役割を果たし、チャンスを得点に結びつけた。

6回裏、3点目のホームに還った宮城を笑顔で迎える龍大ベンチ

「自分が投げる試合は絶対に勝利を掴み取る」。そう力強く語った菊池には、自信と決意の表情が見えた。勝利のため、そしてチームを優勝へと導くために、菊池はマウンドへ上がる。

<山本監督>
「菊池は開幕戦という独特の緊張感のなか、立ち上がりからしっかり投げてくれた。昨年と比べ、責任感が生まれ、開幕投手を任せる要因となった。打撃は少ないチャンスのなかそれぞれが自分の仕事をこなした。チームのために貢献する姿が見えたので監督としても嬉しい」

<菊池投手>
「(開幕投手に選ばれ)緊張したが毎回丁寧に投げた。まっすぐが走っており、チームを勢いづけたかった。終盤にスタミナが切れ、ボールが先行してしまったので今日は70点のでき。自分が投げる試合は絶対に勝利を掴み取る」

<今西主将>
「開幕戦でみんな緊張していたが、試合が始まるといい雰囲気で試合ができた。(先制の中犠飛を放った場面について)監督から先制点が欲しいと言われていたので、ここで1点を取ってやろうとバットを振った。先制点、そして中押し点が取れたのでチームとして良い試合展開ができた。目標はリーグ優勝だが、今は目の前の一戦一戦を大切にしていきたい」

<森選手>
「(初スタメンに関して)嬉しいという気持ちが一番。緊張はあまりなかった。(3点目の右犠飛について)良いバッターが後ろに続くので、自分はアウトになってもいいつもりで気を楽にしていた。得点になり、嬉しかった。明日も絶対に勝つ」

<菊地捕手>
「(初スタメンに関して)緊張したが、思いきりの良い、はつらつとしたプレーをしようと思った。菊池さんに気持ち良く投げてもらうために、大きく構えることを意識していた。明日もピッチャーを引っ張っていき、チームの勝利に貢献したい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 松本一輝)

龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ