硬式野球部

近藤、大符の活躍で龍産戦の初戦を制す

5月13日、皇子山総合運動公園野球場で関西六大学野球春季リーグ戦第6節の一回戦が行われた。龍大は京産大と対戦し1―0で勝利した。

伝統の龍産戦、大事な初戦のマウンドを託されたのは大符(国2)。「重要な1戦目を任されたが、落ち着いて投げることができた」と語ってくれたように序盤は相手打線を封じ込める。しかし、そうそう上手く事が運ばないのが龍産戦。5回表に2死一、三塁のピンチ迎える。だが、この場面を迎えても大符は動じない。見事三振に抑え龍大に流れを引き寄せる。大符の力投に応えたい打線は、その裏2死一、三塁のチャンスを作る。ここで迎えるのは近藤(国3)。「スライダー待ちだったが、ストレートが甘く入ってきたので、振り切った」と語った近藤の打球は三遊間をきれいに抜けるタイムリーヒットとなり、京産大から先制点をもぎ取った。しかし、このままで終わらないのが伝統の龍産戦。6回表にまたもや2死一、三塁のピンチを迎える。何とか抑えたい龍大。だが大符が投じた球は、捉えられ打球は左中間へ。しかし、ここでも近藤が輝きを放つ。「無我夢中に追いかけた」と語ってくれたように、全力で打球を追いかけ、見事キャッチし京産大の得点を奪う好プレーを見せた。

落ち着いた投球を披露する大符

落ち着いた投球を披露する大符

試合はこのまま膠着状態に入り、いよいよ最終回を迎える。ここで、大符に代わり中井(済4)がマウンドへ上がる。そして中井は安定した投球で2人をピシャリと抑える。2死からは中井から瀧中(社2)へバトンタッチ。瀧中はランナーを出すものの最後はレフトフライに打ち取りゲームセット。初戦を勝利で飾った。

大事な1戦目を完封リレーで勝利し、龍産戦を最高のスタートで切ることが出来た投手陣。打線も全く当たりがないわけではなく、チャンスは何回も作っていた。そして何より今の龍大には初戦を勝った勢いがある。この調子で龍産戦を勝ち越し、このまま神宮への切符も掴んで欲しい。

適時打を放つ近藤

適時打を放つ近藤

<山本監督>

「大符に助けられた。本調子ではなかったが、8回まで0を並べられたことは自信になるかと思う。2戦目より1戦目のほうが大符にとって良いピッチングができると判断し、先発投手に起用した。中井や瀧中にも信頼を寄せているため、選手を信用して送り出した。明日は勝敗に関わらず内容を重視した戦いをしたい」

 

<今西主将>
「監督からは自分を信じていかに楽しめるかが鍵だと言われた。選手それぞれが場面に応じた自分の役割を果たしており、みんな試合を楽しめていたと思う。大符は苦しい登板が続き悔しかったと思うが、今日の一戦目ではのびのび投球ができたと思う。明日も、今日勝った流れに乗り、連勝したい」

<近藤選手>
「伝統の龍産戦で、先に1勝できたのは良かった。5回の打席はスライダー待ちだったがストレートが甘く入ったので振り切った。大符は調子があまり良くなさそうだったので、なんとかバックで助けられたらと思っていた。次の試合は菊池が投げるので2連勝して勝ち点を奪取したい」

(記事 龍魂編集室 松本一輝/写真 日髙朱花)

ページの先頭へ

ページの先頭へ