硬式野球部

先発・菊池が完投 開幕戦に勝利

4月12日、南港中央野球場で関西六大学野球春季リーグ戦、第2節が行われた。龍大は神院大と1回戦を戦い、3―1で勝利。開幕戦を白星で飾った。

特有の緊張感に包まれた開幕戦。リーグ優勝を目指すチームの初陣のマウンドには、冷静な面持ちの菊池(社3)がいた。ピンチの場面にも、伸びのある直球をコース低めに投げ込んでいく。堂々としたその投球には「エース」の風格が漂い始めていた。

「自分がエースだと思い込んで練習をしていました」。菊池は冬場の練習で誰よりもランニングや下半身の強化に励んでいた。練習が功を奏し、球にキレが生まれると精神的にも変化が表れる。「彼には責任感が生まれた。自分がチームに貢献しないとという意識が高くなった」と、監督は菊池の成長を見逃さなかった。

任された開幕投手。菊池は独特の雰囲気に緊張しながらも、丁寧な投球を続け、9回を投げ切った。疲れの見え始めた8回、押し出し四球で1点を失うものの、被安打3本、奪三振7つの成績でチームの開幕戦勝利に貢献した。

開幕戦で完投勝利をあげた菊池

打線はチームバッティングに徹した。2回裏、1死から6番山内(社3)の右中間を破る三塁打でチャンスを作る。続く7番今西(文4)の打球はセンターへ。犠飛には十分な距離だった。タッチアップで走者が生還し、幸先よく先制点を手に入れる。6回には先頭打者の木村(文4)が四球を選び出塁すると、4番宮城(社3)がライト線へ二塁打を放ち、走者2、3塁とチャンスを拡大させる。相手の暴投と5番森(理3)の右犠飛で中押しとなる2点を奪った。選手はそれぞれの打席で役割を果たし、チャンスを得点に結びつけた。

6回裏、3点目のホームに還った宮城を笑顔で迎える龍大ベンチ

「自分が投げる試合は絶対に勝利を掴み取る」。そう力強く語った菊池には、自信と決意の表情が見えた。勝利のため、そしてチームを優勝へと導くために、菊池はマウンドへ上がる。

<山本監督>
「菊池は開幕戦という独特の緊張感のなか、立ち上がりからしっかり投げてくれた。昨年と比べ、責任感が生まれ、開幕投手を任せる要因となった。打撃は少ないチャンスのなかそれぞれが自分の仕事をこなした。チームのために貢献する姿が見えたので監督としても嬉しい」

<菊池投手>
「(開幕投手に選ばれ)緊張したが毎回丁寧に投げた。まっすぐが走っており、チームを勢いづけたかった。終盤にスタミナが切れ、ボールが先行してしまったので今日は70点のでき。自分が投げる試合は絶対に勝利を掴み取る」

<今西主将>
「開幕戦でみんな緊張していたが、試合が始まるといい雰囲気で試合ができた。(先制の中犠飛を放った場面について)監督から先制点が欲しいと言われていたので、ここで1点を取ってやろうとバットを振った。先制点、そして中押し点が取れたのでチームとして良い試合展開ができた。目標はリーグ優勝だが、今は目の前の一戦一戦を大切にしていきたい」

<森選手>
「(初スタメンに関して)嬉しいという気持ちが一番。緊張はあまりなかった。(3点目の右犠飛について)良いバッターが後ろに続くので、自分はアウトになってもいいつもりで気を楽にしていた。得点になり、嬉しかった。明日も絶対に勝つ」

<菊地捕手>
「(初スタメンに関して)緊張したが、思いきりの良い、はつらつとしたプレーをしようと思った。菊池さんに気持ち良く投げてもらうために、大きく構えることを意識していた。明日もピッチャーを引っ張っていき、チームの勝利に貢献したい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 松本一輝)

龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ