硬式野球部

【伝統の龍産戦2日目 一歩届かず】

5月3日、わかさスタジアム京都において関西六大学野球連盟春季リーグ第5節第二試合、・京産大戦が行われた。緊急事態宣言下のため完全無観客試合で開催された、一年ぶりの伝統の一戦を前に「全員がチームの士気を高めて練習に取り組んできた。」と主将向井地(社4)は言う。

 

前日の第一試合・京産大戦は2-0で龍大の勝利。今日の試合で勝ち点を獲得すると、リーグ戦優勝の可能性も浮上する。試合は伝統の一戦に相応しい白熱した投手戦となる。高校の龍大先発は藤田宗(文2)。対する京産大の好投手山口と互角に投げ合い、6回までスコアボードに0を並べる。

藤田

【写真】先発を任された藤田

 

試合が動いたのは7回表。攻める京産大の先頭打者に左翼線二塁打を打たれピンチを迎えると、一死二、三塁でスクイズを決められ先制点を許す。その後、藤田の粘り強い投球で1点に抑え、追う展開。

 

8回裏、龍大にチャンスが訪れる。一死で回ってきた打者は、この試合既に2安打の角井(社3)。この打席でも三塁に強烈な二塁打を放ち。猛打賞の大活躍を見せる。続く打者が三振に倒れ二死二塁。何としても点を取りたいこの場面で代打森口(社2)が値千金の左安打を放ち、二塁走者がホームイン。同点に追いつき、試合を振り出しに戻す。

角井

【写真】この試合全打席安打を放った角井

 

両者一歩も譲らないまま、延長戦に突入。10回表、守る龍大の投手柳橋(社4)はテンポよく3人で抑える。

その裏、この流れのまま試合を決めたい龍大は先頭の5番永田が安打を放つと、代走岡(済3)が盗塁を成功。続く打者は今日のキーパーソン角井。しかし、申告敬遠により勝負はさせてもらえなかった。試合後のインタビューで「自分が試合を決めるつもりで準備していたので、敬遠され一瞬は悔しさがありました。しかし、あとは託したという気持ちで一塁に向かいました。」とこの時の胸中を語った。多田が死球

で出塁し、一死満塁の大チャンス。先ほど同点打を放った森口が浅い中飛で倒れ二死満塁となり、なおもチャンスで中村(文4)。放った打球がライト前に転がり、サヨナラ安打かと思われたが、前進守備を敷いていた京産大の攻守に阻まれて、絶好の機会を逃す。

 

11回表、ここからタイブレークに突入する。無死一、二塁の状況で先頭打者に四球を許し無死満塁。続く打者を三振で抑えたものの、疲れが出始め思うように決まらない。その後も二者連続四球により押し出しで2点追加され、1-3。何としても点を決めたかったが、交代した相手投手をつかむことができず、1-3で試合終了。この時点で大商大の4季連続優勝が確定した。

 

投手陣が奮闘するも、京産大の投手陣を打ち崩せず勝ちきれなかった「伝統の一戦」。向井地は「投手陣はよく頑張ってくれたと思う。打者が相手投手からなかなか点を奪うことができず申し訳なかった。」と振り返った。

この試合の結果により春季リーグの優勝はなくなったが、残りの試合でも秋季リーグ戦につながるような”全員野球”を期待する。

(記事 二階堂・平川/写真 関西六大学野球連盟)

ページの先頭へ

ページの先頭へ