硬式野球部

【硬式野球部】大商大に完敗

4月19日、わかさスタジアム京都にて関西六大学野球春季リーグ第3節第2試合・大商大戦が行われた。この試合に向け、「相手は左投手が多いので、左投手対策をしてきた」と本郷監督は語った。

 

1回表、守る龍大の先発投手は柳橋(社4)。先頭打者に単打を許すも、その後の打者はしっかり抑え、上々の立ち上がりを見せる。しかし1回裏の龍大の攻撃は三者凡退に終わり、続く2回表、大商大の攻撃。一死から四球で出塁されると、連打で先制点を許し、更にスクイズで2点目を追加される。

 

2回裏、先頭打者は初めて4番を任されたDH永田(社4)。「4番としてチームに良い風を吹きこめるような一打を放ちたいと思っていた」という言葉の通り、この試合チーム初となる左中間を破る2塁打を放つ。しかし、その後打線が繋がらず、この回の攻撃も無得点に終わる。

 IMG_8715

【写真】 チーム初ヒットを放つ永田

 

4回表に5点、5回表に3点を追加され、0-10となって迎えた5回裏、7番北川(社3)が三塁線を破る二塁打を放ち二死からチャンスを作るも、得点には繋がらない。

 

6回、7回、8回の大商大の攻撃は、5回途中からマウンドに上がった藤田宗(文2)8回の1点に抑え、9回表は代わった伊藤(社2)が三者凡退に抑える。6回以降2人の投手が奮闘するも、打線は繋がらず、011で試合は終了した。

 IMG_9110

 【写真】好投を見せる藤田

 

本郷監督、向井地主将(社4)共に「良いところはなく、悪いところが出てしまった」と語った今回の大商大戦。次の試合は伝統の一戦である京産大戦だ。「龍産戦はたくさんの方が見て下さっていると思うので、守りから攻撃に繋げていく龍大の野球をして勝ちたい」と向井地主将は語った。

 

(記事 二階堂朝香 / 写真 平川滉)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ