硬式野球部

【硬式野球部】春季リーグ開幕 初戦快勝

4月10日、ほっともっとフィールド神戸において関西六大学野球春季リーグ第2節が行われた。対するは神院大。開幕後1節空く形で始まったリーグ戦だが「緊張感を持ち、公式戦を想定して練習をしてきた」と今年度キャプテンを務める向井地(社4)は語った。 

 

プレイボールの声と共に動きがあったのは龍大。1回表、無死一塁から3番内倉(社2)がレフトライン際に二塁打を放ち一死二、三塁。続く4番向井地はショートゴロだったものの、その間に三塁ランナーガホームに戻り1点を先制する。

 

先発は2年生ながらにして経験値の高い澤田(社2)。仲間の援護もあり、淡々とした表情で投げ試合を作った。

 

4回表、四球で出塁し一死二、三塁のチャンス。ここで打席に立ったのは初スタメン入りを獲得したDH永田(社4)。本郷監督も評価する「開幕戦でも臆することなない気持ちの強さ」を持つ永田の打線は、軽いあたりだったものの気持ちで打ち勝ち2点追加。自身も三塁まで戻り、高々と拳を上げる。チームのムードメーカーでもある彼にベンチからは称賛の声が響いた。その後も着々と塁を進め、1点追加。

IMG_6825

【写真】ベンチに向け拳を上げる永田(社4)

 

続く5回表、ここでもキーマンとなったのは6番永田。二死一塁の状況で右中間に適時三塁打を放ち、1点追加。5―0で前半が終了する。

 

7回表、先頭は3番内倉。相手の甘いボールをとらえ、快晴の空へ大きな一本が放たれた。第一号ホームランで1点を追加。続く4番向井地もそれに触発されたのか、フルスイング。あと少しが届かなかった。

IMG_6967【写真】ホームランを放ちベンチに戻る内倉(社2)

 

8回表、二死二塁。1番中村(文4)の三遊間を抜けるタイムリーヒットで1点を追加。つないで得点を決めた。

その裏。7回からマウンドを任された竹邊(社3)が代打に苦しめられる。一死二、三塁と相手にチャンスを与えてしまいホームイン。1点を追加される。

 

しかし、このまま守り抜き二者連続三振を奪うなど好投をみせた。

 

7―1で試合終了。勝ち点1への大きな一歩となった。

本郷監督、向井地主将共に満足のいく、龍大らしい試合展開だった。チームで粒となり一点一点もぎ取っていき、目標である神宮出場を成し遂げたい。

 

(記事/写真 平川滉)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ