硬式野球部

【硬式野球部】大商大に惜敗。

4月18日わかさスタジアム京都にて、関西六大学野球春季リーグ第3節1日目、龍谷大学対大阪商業大学戦が行われた。前日に予定されていた試合は大雨のため延順となっていた。当日の天候も懸念があったが、幸いにも晴天の中の試合開始となった。龍大は先発に中澤(2年)を据え、強力大商大打線に立ち向かう。しかし試合は初回から動き出す。中澤は初回1番バッターにツーベースヒットを打たれるなどして満塁のピンチを招くと大商大6番の植本が右中間を割く走者一掃のスリーベースタイムリーヒットを打たれ、先制点を献上、試合は3-0となった。続く2回の表、負けられない龍大は5番の永田(社会4年)のソロホームランで一点を返した。永田は前試合の神戸学院大学戦でもスリーランホームランを放っており、今大会二号目となった。反撃の狼煙が上がったかと期待するも沈黙。スコアボードに0が並んだ。対する大商大は二回の表にもエラー・スリーベース・タイムリーにより3点を失いダメ押しを受ける。その後龍大は藤田(2年)→竹邉(3年)→浅野(2年)→伊藤(2年)と継投を行なっていく。7回に大商大の1、2、3、4番バッターにタイムリーの連打を浴び5失点するまではチャンスを招きながらもどうにか無失点で抑えることができていた。IMG_5597           △二試合連続本塁打を放った永田(社会四年)

龍谷大学はこの試合のヒット数が、永田のソロホームランを含む4安打のみに留まり、思うようなチャンスメイクが行えていなかったように思える。対して大商大は14安打で11得点と1番の修行をはじめとする打線が爆発していた。リーグ戦はまだ始まったばかりだ、今後の龍谷大学の活躍に期待したい。

ページの先頭へ

ページの先頭へ