硬式野球部

【硬式野球】春季リーグ開幕2連勝‼

2021年4月11日ほっともっとフィールド神戸にて、関西六大学野球春季リーグ戦第2節、神戸学院戦(2日目)が行われた。
前日の同一カードの試合を7-1で下し、波に乗る龍大。龍谷先発の藤田(文2年)は初回から2死2・3塁のピンチを招くも5番打者をサードフライに打ち取りどうにかピンチを切り抜ける。2回を3者凡退に抑え持ち直したかと思われた藤田だったが、3回の表9番バッターに投じた三球目をセンター前に運ばれる。1番打者を三振に抑えた間に盗塁により2塁を陥れられ、ワンナウト2塁のピンチを招く。続く打者にセンター前へのタイムリーを打たれ、神戸学院大学に先制を許した。
反対になかなかチャンスに恵まれなかった龍大だが、5回の裏、一死ランナーなしから8番バッターの石田(社4年)が反撃の狼煙をあげる。三球目をライト前に弾き返しヒットにすると、続く北川(社3年)がデットボールで出塁し一死一、二塁となった。続くバッターがサードゴロに打ち取られるも二死一、二塁のチャンス。2番角井に代打永田(社4年)が送られる。ボールが先行し、ツーボールワンストライク。バッティングカウントの4球目を左中間スタンドに叩き込んだ。監督の起用に見事ホームランで答えた。4月11硬式野球web記事                   ▲ホームランを放つ永田(社会学部四年生)
その後は龍大のリードで試合が進み、7回からは柳橋(社4年)がリリーフに登板した。9回のヒット一本のみに相手打線を抑える素晴らしいピッチングで試合を締めくくった。
結果8回裏の向井(4年社)のタイムリーヒットによる一点を含んだ4-1で勝利した。10日の試合に続き、二連勝で最高のスタートを切った。

監督談話
今日の試合は最近先制点を取られたり、相手ピッチャーにも打たされたりと嫌なムードが漂っていたがそれを代打の永田が一振りで空気を変えてくれた。永田はこの試合に懸けるというか、これまでもだがたくさんバットを振ってきた選手だし、気持ちも切り替えられて勝負強さもあるので、チャンスになったら永田で勝負を仕掛けようと思っていた。リリーフに起用した柳橋はチームで1番安定しているのでどんな場面でも安心して投げさせることができる。今日は藤田をどこまで引っ張ることができるかが鍵だったので普段の実力通り放ってくれたと思う。2連勝といういい流れできているので次の商大戦、この勢いでいきたいと思う。

ページの先頭へ

ページの先頭へ