硬式野球部

【硬式野球部】打線爆発で2連勝! 強豪復活へ希望見えた秋季リーグ

10月6~8日に、南港中央公園野球場において関西六大学野球秋季リーグ第6節が行われた。龍大はこの3日間で大経大に2勝1敗とし、勝ち点を獲得。そして、8日の試合に勝利したことにより3位以上も確定した。3位以内は平成28年春以来で、7季ぶりのAクラス入りを果たした。今春は最下位に沈んだチームがAクラス入り。来週に行われる第7節で大経大が大商大に勝ち点を獲得できなければ2位の可能性も残している。強豪復権に向け、来春も大きく期待できる秋となった。

 

〔2戦目 10月7日〕

序盤から打線が爆発した試合になった。2回表に、一死二塁から6番秋山(社3)がライトライン際に適時二塁打を放ち1点を先制すると、7番中村佳(文2)もライト前に運び、1点を追加する。

アッキー≪先制タイムリーを放った秋山≫

2-0の3回表、一死二、三塁から4番大西(社4)のショートへのゴロが野選を誘い1点を追加、続く5番島野(社4)もレフトへ3ランを放り込みこの回4点を奪う。大きな援護を受けた龍大先発の波多野(社3)は、8回を無失点で抑える。9回のマウンドには古口(社4)が上がり、相手打線3人を9球で締め、完封リレーを完成させた。この試合を8-0で勝利し、対戦成績をタイに戻した。

 

〔3戦目 10月8日〕

粘る大経大を後半に突き放し勝ち点を獲得した。初回に1点を先制されるが、1回裏一死二塁から、大西がライトへ適時二塁打を放ちすぐに同点に追いつく。1-1で迎えた2回裏一死一、三塁から1番小原(社4)の犠飛で勝ち越しに成功する。しかし、その後の3回表に同点に追いつかれ、5回表に勝ち越しを許してしまう。だが、ここで力尽きないのが今季の龍大だ。5回裏に一死から3番向井地(社2)のソロで同点とすると、二死から5番島野(社3)もレフトにソロを放ち逆転に成功する。

むかいちさん≪5回裏に、同点ソロを放った向井地≫

大経大も龍大の隙を伺うが、4回から登板している西原(社3)をなかなか捉えきれない。そんな中4-3の8回裏、龍大が相手の隙を逃さなかった。一死二塁から、1番小原の適時打で1点を追加すると、途中出場の石橋(社3)にも1点適時打が飛び出しこの回2点を奪う。大きな援護を受け、9回表のマウンドに奥田(社4)が上がる。1点を失うものの後続を抑え6-4で龍大が勝利した。

(龍魂編集室 記事・写真/青木学登)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ