硬式野球部

【硬式野球部】第6節初戦を落とす… 好機作るも決定打出ず

6日、関西六大学野球秋季リーグ第6節1回戦の2試合が南港中央公園野球場において行われた。龍大は2試合目に登場し、大経大と対戦。8-3で敗れ初戦を飾ることは出来なかった。龍大は毎回のように走者を出すも、好機での決定打が出せず、後半は投手陣が力尽き大きく突き放された。第6節勝ち越しに向けて7日の2回戦は絶対に負けられない戦いとなる。

後攻の龍大は、先発の柳橋(社2)がマウンドに上がる。一回表、好調の大経大は安打と犠打で一死二塁の好機を作ると3番、4番打者に二連続適時打が飛び出し2点を先制する。その裏、龍大も1番小原(社3)の二塁打が飛び出すと一死二塁から3番向井地(社2)の適時二塁打で1点を返す。

 

むかいちさん≪初回に適時打を打った向井地≫

 

2回が終了すると龍大は早めの継投策を講じる。柳橋に代わり西原(社3)がマウンドに上がる。7回までのロングリリーフとなったが無失点で大経大打線を封じ込めた。

 

ウェブサイトにしはらさん≪2番手西原はナイスリリーフだった≫

 

同点に追いつきたい打線は、3回裏一死から小原の本日2本目となる安打と代打植村(社4)の死球で一死一、二塁の好機を作る。しかし、3番向井地の打席中に二塁走者の小原が走塁死。向井地も右飛に打ち取られてしまい、攻撃の流れを掴めない。4回裏は、一死から島野(社3)の四球、5回裏も二死から植村が意表を突くセーフティバントで出塁するが後続が続けない。グランド整備後の6回裏は先頭の大西(社4)が安打で出塁し5番島野の犠打で一死二塁の好機を作る。しかし、後続がやはり打ち取られる。

 

3-2で迎えた8回表、大経大は先頭の2番打者がポテンヒットで出塁、続く3番にも本日2本目の適時打が飛び出し、取られたくない1点が大経大に入る。その後、大経大は2連続安打と適時打でさらに1点を追加する。4-1の8回裏、3番向井地の四球、一死を挟み5番島野も四球で出塁し一死一、二塁の好機を作り出す。大経大はここで先発投手が降板し2番手投手がマウンドに上がる。ここで、龍大は主将の6番西脇(社4)に打順が回ってくる。交代直後であったが西脇は左中間に二塁適時打を放ち2点を返す。4-3の1点差まで迫り、なおも一死二塁と続くが走者を進めることができないまま二死にとなり代打に別府(社4)が送られる。しかし、同点の走者は返せず、9回の攻撃に望みを託すことになる。

 

nisiwaisann≪2点適時打の西脇≫

 

3人で切り上げたい9回表の大経大の攻撃。しかし、8回表の途中から4番手で登板した上谷(文3)が大経大打線に捕まってしまう。無死一塁から犠打を処理しようとした上谷は一塁走者を封じるために二塁へ送球するが、間に合わず野選となってしまう。無死一、二塁からさらにバントを選択してきた大経大だが、これがさらに龍大を苦しめることになる。更なる進塁は阻止したい中、三塁線への犠打を上谷が三塁へ送球するが間に合わず、三塁手から一塁へ転送されるも一つもアウトを奪えず無死満塁のピンチを招いてしまう。次打者を一塁ゴロに打ち取るがその間に走者が帰還し、1点、さらに内野ゴロの間と犠飛で失点を重ね3点を失い9回の攻撃を迎える。しかし、終盤の8・9回の6失点が痛く、8-3の9回裏に途中出場の植村が二死から四球で出塁するものの後続が内野ゴロに打ち取られ試合終了。初戦を飾ることができなかった。

(龍魂編集室 記事・写真/青木学登)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ