硬式野球部

【硬式野球部】打線沈黙、終盤には守備のほころび… 龍産戦初日飾れず

23日、わかさスタジアム京都において関西六大学野球秋季リーグ第4節の3試合が行われた。龍大は3試合目に京産大と対戦。伝統の「龍産戦」であったが、相手先発投手に完封され敗北。攻守ともに課題が残る1日となった。

波多野さん【先発の波多野】

龍大の先発は左腕の波多野(社3)。3回まで毎回得点圏に走者を溜めるものの、失点は許さない投球で序盤をしのぐ。しかし、4回裏二死二、三塁から9番打者に適時打を浴び2点を奪われる。 反撃したい打線であるが、京産大北山の投球に翻弄され7回表まで3安打に抑えられてしまう。 6回裏から、龍大の2番手柳橋(社2)が登板。しかし、7回裏に適時打で1点を奪われると、8回裏には一死一、三塁から内野ゴロで飛び出した三塁走者の挟殺プレー間に捕手の石田(社2)の暴投があり、1失点。続く打者にも2点適時打を浴びこの回で、3失点を喫する。 9回表に、龍大は田淵(社2)の安打と小原(済3)の遊失などで好機を作るものの、後続が続けず、試合終了。0ー6で敗れ、第4節初戦は白星で飾ることはできなかった。

 

≪コメント≫

杉森実監督「守備での課題がある。残りを全勝する気持ちでチーム一丸となって戦っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 青木 学登)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ