バドミントン部

京都学生バドミントンダブルス大会、龍谷大学男子が頂点に!

 各大学、ほとんどの四回生が引退し、来年度への新たなスタートとなる京都学生バドミントン選手権大会。
令和3年はダブルス競技のみが行われた。令和3年最後の個人戦ということもあり、龍大部員が着々と力を発揮した。

『京都学生バドミントンダブルス大会』 
11月21日 京都府立大学体育館
11月23日 大山崎町体育館
12月 5日 京都府立大学体育館

■結果
男子
 優勝   佐藤陸(法3)・木田悠斗(法1)
 準優勝  高嶋集(営2)・嶽本樹希(法2)
女子
 準優勝   小方里羽(営2)・去来川琴葉(済2)
 ベスト8  山本羽純(法3)・端岡里紗(営3)
       藤原奈央(文3)・糸谷あかり(短1)

■試合詳報(男子)
今大会、男子ダブルス準決勝には、佐藤(法3)・木田(法1)、高嶋(営2)・嶽本(法2)が進出した。
準決勝第1試合は、佐藤・木田と立命館大学の岡田・永井ペアの対戦となった。相手に押し切られる展開もありながら、冷静かつ粘り強いプレーを続け、ファイナルゲームを制して決勝へと駒を進めた。
準決勝第2試合は、高嶋・嶽本が天理大学の上野・山田と対戦。第1ゲーム、序盤から高嶋・嶽本がコンビネーションを活かしたプレーで、流れを渡さずこのゲームを先取。続く第2ゲームも、持ち味のディフェンス力とスピード感のあるラリー展開で相手を寄せ付けず勝利した。
決勝は佐藤・木田と高嶋・嶽本の同校対決となった。第1ゲーム、高嶋・嶽本が序盤から積極的に仕掛けてリードする。中盤からはシーソーゲームとなるが、高嶋・嶽本が先取。第2ゲームは佐藤・木田も調子を取り戻し、テンポの良さやアタック力で上回りファイナルゲームへ。第3ゲーム、互いに気迫あるプレーを見せるが、より粘り強さを発揮した佐藤・木田が優勝を決めた。

■試合詳報(女子)
準決勝に駒を進めたのは、2年生ペアの、小方(営2)・去来川(済2)。京都産業大学の菅生・藤井ペアと対戦。ひとつ上の学年である相手にも、1ゲーム目から自分達の形を作り、攻撃的な展開で先取。第2ゲームでも、1ゲーム目以上の良いパフォーマンスを見せ、相手を寄せ付けず2-0で圧倒。決勝に駒を進める。
続く決勝、相手は同級生ペアで同志社大学の舟橋・播磨。自分達の形を作り攻めるも、相手もそれに負けず上手く交わしてくる。相手の多彩なショットに対応出来ず、第1ゲームを落とす。続く第2ゲームは、丁寧なゲーム運びで相手の攻撃をうまく利用するも、0-2で敗退。結果は準優勝となった。

佐藤陸・木田悠斗ペア

佐藤陸・木田悠斗ペア


高嶋集・嶽本樹希ペア

高嶋集・嶽本樹希ペア


小方里羽・去来川琴葉ペア

小方里羽・去来川琴葉ペア


優勝 佐藤陸・木田悠斗ペア

優勝 佐藤陸・木田悠斗ペア


準優勝 高嶋集・嶽本樹希ペア

準優勝 高嶋集・嶽本樹希ペア


準優勝 小方里羽・去来川琴葉ペア

準優勝 小方里羽・去来川琴葉ペア

ページの先頭へ

ページの先頭へ