バドミントン部

【バドミントン部】京都府総合バドミントン個人選手権大会 女子単・複、混合複で龍谷大が頂点に!!

京都の高校生から実業団・社会人まで、カテゴリーを越えて争われる京都府総合バドミントン個人選手権大会。ベスト8以上には全日本総合選手権大会に繋がる、近畿総合選手権大会への切符が与えられる。レベルの高い激戦の中、女子単・複、混合複で頂点をつかみ取り、龍谷大チームの存在を強くアピールした。

『京都府総合バドミントン個人選手権大会』
7月 3日(土) ハンナリーズアリーナ
  10日(土) ハンナリーズアリーナ

[結果]
男子
 ダブルス
  3位   三宅将平(営4)・佐藤陸(法3)
       家壽多慶太(法4)・岩切樹(政4)
  ベスト8 西大輝(政1)・宇治夢登(営1)

 シングルス
  3位   川原怜也(政3)
       西大輝(政1)
  ベスト8 町祥英(政2)

女子
 ダブルス
  優勝   佐藤灯(政3)・植村理央(国3)
  ベスト8 上杉優里(文4)・古川恵(済4)
       生木萌果(営4)・村上知紘(法4)

 シングルス
  優勝   黒岩はるな(政4)
  準優勝  中原桜(文3)
  3位   小方里羽(営2)
  ベスト8 貴田那菜子(政2)

混合ダブルス
   優勝   高嶋集(営2)・生木萌果(営4)
   準優勝  三宅将平(営4)・佐藤灯(政3)
   3位   家壽多慶太(法4)・植村理央(国3)
   ベスト8 岩切樹(政4)・村上知紘(法4)

(男子ダブルス)
男子ダブルス準決勝には、三宅(営4)・佐藤(法3)、家壽多(法4)・岩切(政4)の2ペアが挑んだ。第1試合、三宅・佐藤が三菱自動車京都の疋田・西谷と対戦した。第1ゲーム、持ち味の粘り強さを活かして食らいつくも、19-21で先取される。しかし第2ゲームに入ると、先手を取り有利な展開をつくり14点で取り返す。第3ゲーム、両者譲らずシーソーゲームとなったものの終盤に連続得点され、21-17で敗北を喫した。

第2試合は、家壽多・岩切が三菱自動車京都の内田・三上と対戦した。序盤から相手の力強いアタックに押し込まれ、12-21で先取される。第2ゲームは何とか相手のスピードに対応し、長いラリーとなることも増えたが8-21で敗退した。


(男子シングルス)
男子シングルス準決勝には、川原(政3)と西(政1)が進出した。第1試合、川原と三菱自動車京都・常塚の対戦となった。第1ゲーム、社会人選手を相手に持ち味の正確なショットを活かし、22-20で先取。第2・第3ゲームは粘り強さを見せたものの、冷静に対応され6-21,7-21で敗北を喫した。

第2試合は西が三菱自動車京都・常山と対戦した。第1ゲーム、持ち味のネット前を活かして食らいつくも21-23で先取される。続く第2ゲーム、果敢に攻め続けたが15点で敗れた。

(女子ダブルス)
女子ダブルス準決勝には、佐藤(政3)・植村(国3)が進出し、立命館大学の一回生ペア兒玉・坂中との対戦となった。第1ゲームは、序盤からタッチの速い攻撃で得点を重ね、21-15で先取する。第2ゲームは、相手も粘りを見せ両者譲らない展開となった。中盤、14-14から18-14までリードされるも、持ち味の安定したレシーブとアタック力で相手を押し切り22-20で逆転勝利した。

決勝は、佐藤・植村と同志社大学の舟橋・播摩の対戦となった。第1ゲーム、序盤から安定したプレーを見せ佐藤・植村が21-15でこのセットを先取する。第2ゲームも序盤から相手に隙を見せず、リードを許すことなく21-11で勝利し、優勝を決めた。

(女子シングルス)
女子シングルス準決勝には、黒岩(政4)、中原(文3)、小方(営2)が進出した。第1試合は、中原が立命館大学の近藤と対戦。序盤こそ相手の多彩なショットに苦しんだものの、終盤まで集中力を切らさず21-17で先取。続く第2ゲーム、両者譲らない戦いとなったが持ち味の粘り強さを発揮し21-18で勝利した。

第2試合は黒岩と小方の同校対決となった。第1ゲーム、互いにエースショットを拾い続け、長いラリーが多く見られたが黒岩が終盤スピードを上げ21-17で先取。続く第2ゲームはシーソーゲームとなり、小方も粘り強さを発揮したが黒岩が22-20で決勝へと駒を進めた。

決勝は黒岩と中原の同校対決となった。第1ゲームは、中原が準決勝の勢いそのままに16点で先取するが、第2ゲームは黒岩の連続得点により21-11で取り返す。第3ゲーム、互いに気迫のあるプレーを見せ両者譲らない展開となったが、21-19で黒岩が優勝した。


(混合ダブルス)
ミックスダブルス準決勝には、三宅(営4)・佐藤(政3)、高嶋(営2)・生木(営4)、家壽多(法4)・植村(国3)の3ペアが進出した。第1試合、三宅・佐藤が京都産業大学の加藤・菅生と対戦。第1ゲーム、序盤から息の合ったプレーを見せ21-3で先取すると、第2ゲームも勢いそのままに16点で勝利し、決勝へと駒を進めた。

第2試合は、高嶋・生木と家壽多・植村の同校対決となった。第1ゲーム、序盤で家壽多・植村が相手のミスを誘いリードしていたが、後半で高嶋・生木が勢いのある攻めのプレーで逆転し第1ゲームを先取。第2ゲームも高嶋・生木の勢いは止まらず、競り合う展開から抜け出し勝利した。

決勝戦は三宅・佐藤と高嶋・生木の同校対決となった。第1ゲーム、高嶋・生木が勢いのあるプレーで21-18で先取。第2ゲーム、三宅・佐藤の持ち味である粘り強さを見せ、リードを許さず21-9で先取。続く第3ゲーム、競り合う展開が続く中、三宅・佐藤も安定したプレーで粘りを見せるが、高嶋・生木のキレのあるショットにより21-18で勝利し、優勝した。


ページの先頭へ

ページの先頭へ