バドミントン部

【バドミントン部】関西学生バドミントン新人戦大会 全4種目龍大が頂点に!!

関西の大学1・2回生のみで争われる関西学生バドミントン新人戦大会。今年度も強者たちが出揃う中、龍大部員たちが力を発揮し奮闘を見せた。

『関西学生バドミントン新人戦大会』
10月4日、10日、14日、15日
(桃山学院大学・龍谷大学・ラクタブドーム・臨海スポーツセンター)

【結果】
◆男子
《シングルス》
優勝    川原怜也(政1)
準優勝   家寿田慶太(法2)
《ダブルス》
優勝    家寿田慶太(法2)・三宅将平(営2)

◆女子
《シングルス》
優勝    生木萌果(営2)
準優勝   小林栞菜(政2)
3位    善家百合子(政1)
《ダブルス》
優勝    生木萌果(営1)・藤原奈央(文1)
3位    上杉優里(文2)・古川恵(短2)

 

<男子>
今大会準決勝には家壽多(法2)と川原(政1)が挑んだ。川原は、強敵を数々倒し、あがってきた関西大学の池田と対戦。第1ゲームから持ち前の技術の高さを生かし相手を翻弄。16点で先取。第2ゲームも相手の得意ショットのスマッシュをもろともせず、正確なショットを連発し、第2ゲームは13点で快勝した。家壽多(法2)は立命館大の村瀬と対戦した。第1ゲーム序盤からお互い点を取り合う好ゲームとなるが終盤に連続得点をした家壽多が抜け出し19本で取る。続く第2ゲームは持ち前のラリー力で終始リードを保った家壽多が13本と差をつけての勝利となった。決勝戦は同校対決となった。序盤から川原が得意とする長いラリーに持ち込み、第1ゲームを制する。続く第2ゲーム、家壽多は得意とするネットで巻き返しを図ったが、川原の勢いを止められず、セットポイント2-0川原が優勝を決めた。

男子ダブルス準決勝には三宅(営2)・家壽多(法2)が挑んだ。

相手は近畿大学の大西と川窪。第1ゲームの出だしから順調な運び出しでリードする。終盤追いつかれそうになるが、得意のテクニック技で相手を翻弄し、このセットをとる。第2ゲーム目も出だしからリードし、追いつかれることなく決勝に駒を進めた。

決勝戦の相手は立命館大学の村瀬、山中となった。第1ゲーム目は相手の勢いや先に攻撃されゲームを落としたが、第2ゲーム目は焦らず先に攻めの展開を多く作り得点を重ねファイナルゲームに持ち込んだ。ファイナルゲームは出だしからペースを上げ相手をそのまま突き放して勝利した。

 

<女子>
女子シングルス準決勝には生木(営2)、小林(政2)、善家(政1)の3人が挑んだ。第1試合は生木対立命館大学のエース、近藤との試合。第1ゲームは生木が序盤からフットワークスピードで近藤を上回り21-18で先取する。しかし、第2ゲームでは近藤のフェイントに足が止まりセットを落とす。第3ゲームでは、スピードだけでなく、ショットの鋭さで近藤を翻弄し21-14で勝利。決勝へとコマを進めた。続く準決勝、第2試合は小林対善家。第1ゲームでは善家が有利な展開のラリーが多く11-6で折り返す、しかし、後半は小林が攻めよプレーで徐々にラリーを制しながら逆転し、1セット目を取る。第2ゲームでは前半、巧みなフェイントで善家が相手の足を止め大差でリードしていたが中盤から小林が粘りのプレーに持ち込み21-19でこのゲームを制した。

決勝戦は生木対小林の同校対決となった。

第1ゲーム、序盤は競り合いを見せるものの、生木がタッチの早い回しで小林を翻弄し、生木がこのセットをとる。続く第2ゲームは小林も持ち味の粘りを見せるが、コースギリギリのスマッシュで押し切られ、2-0とストレートで生木が勝利。見事、生木が優勝を手にした

女子ダブルス準決勝では生木(営2)・藤原(文1)対上杉(文2)・古川(短2)の同校対決となった。

第1ゲーム、古川・上杉のサーブ周りのミスが目立ち、生木藤原に大きくリードされる。点差を大きく離して第1ゲームを生木・藤原が先取する。第2ゲームでは古川・上杉も粘りを見せるが、生木藤原の鋭いショットが出始め、流れが変わらないまま生木藤原が決勝へと駒を進めた。

生木・藤原の決勝戦の相手は京都産業大学の清家・周生。第1ゲーム目序盤、簡単なミスが続き、競り合いとなるが、徐々に二人のペースをつかみ、21-11でこのセットを取る。2ゲーム目は序盤から力強い攻撃を仕掛けた。長いラリーにも我慢を繰り返し、21-10とゲームカウント2-0で勝利した。IMG_0535

ページの先頭へ

ページの先頭へ