バドミントン部

【バドミントン部】日本のトップにチャレンジ!女子ダブルス創部初のベスト8進出!!

日本ランキング上位32名での全日本総合選手権に次ぐトーナメント戦、日本ランキングサーキット大会に龍谷大学から男子ダブルス1ペア、女子ダブルス2ペアが出場。

日本のトップクラスに挑んだ。

【女子ダブルス】

ベスト8   斉藤ひかり(営4)・朝倉みなみ(政4)

ベスト32  種岡遥(政4)・米山麻美(済4)

 

今大会には、スディルマン杯(世界男女混合国別対抗戦)に参加中の日本A代表以外がほぼ出場。その高いレベルの中で、斉藤・朝倉ペアがS/Jリーグチームのペアを破り、創部初となるベスト8に進出した。

初戦で本学OG七十七銀行の毛利ペアに接戦となるも我慢強い守備から攻撃につなげ2-0で勝利。

2回戦では第6シード、実力者の選手と若手選手が組んだ名門NTT東日本ペアにしっかりラリーを制し2-0で完勝。

準々決勝ではコート数も減り、緊張感の増した会場の雰囲気に硬くなったのか第3シードの強豪ACT SAIKYOペアに前半は本来の守備力を出せず、後半は長いラリーもあったが0-2で敗退。

それでも手応えを感じられた内容で本大会を終えたことは自信になった。

斉藤・朝倉ペア

 

種岡・米山ペアは斉藤・朝倉ペアの2回戦の相手と初戦で対戦。中盤まで4点リードしていたものの、終盤で追いつかれそのまま勢いに乗られて0-2で敗退。

種岡・米山ペア

 

【男子ダブルス】

ベスト32  中島拓哉(営4)・本田大樹(営3)

 

中島・本田は昨年のダブルスインカレチャンピオンと昨年のインターハイチャンピオンが組んだ早稲田大学のペアと対戦。積極的に攻撃し中盤までは競るも終盤にミスが増え0-2で敗退。

 

また、龍大卒業生も10数名が出場し、下田(広島ガス)、牟田・野田(百十四銀行)がベスト16入りするなど日本の大舞台で活躍、さらに古財コーチもベスト8まで勝ち上がり健在ぶりをアピールした。

ページの先頭へ

ページの先頭へ