バドミントン部

【バトミントン部女子】総戦力で掴んだ勝利。

5月3日、4日に龍谷大学深草体育館において2019年度関西学生バドミントン春季リーグ戦第3、4戦が行われた。第3戦では立命館に4-1、第4戦では京産大に5-0で勝利し、17季連覇に王手をかけた。

第3戦の相手は立命館。第1Sの落司(法4)は第1ゲーム序盤から7連続ポイントを失い大きくリードを許す。その後もミスが続き12-21で第1ゲームを失う。しかし第2ゲームでは序盤苦しむも12-11からスマッシュを次々と決める。そして5連続ポイントを奪うなどし21-14でこのゲームを取り返す。最終ゲームは12-9とリードする場面もあったが5ポイント連取され同点に追いつかれる。だが落司は相手を前後に動かすなど冷静に試合を進め、見事21-19でこのセットを取り勝利をあげた。続く第2Sはストレートで敗退し同点となる。リードしたい龍大。すると第1Wの朝倉(政4)・斉藤(営4)ペアが安定感のあるプレーで相手を圧倒しストレートで破る。第2Wも連続ポイントを重ねるなどして勝利を収めた。そしてラストに出場した西江(文4)は第1、2ゲームとも接戦になるも勝負強さをみせストレートで勝利。この結果、セットカウント4-1で立命館を破った。

落司さん

【接戦をものにした落司】

続く第4戦の相手は京産大。第1Sの落司は立命館戦と同様、第1ゲーム序盤から苦しい展開に。8-9から5連続失点を許す。しかし終盤はスマッシュが次々と決まり逆転に成功。第1ゲームを奪った。第2ゲームでも勢いは止まらない。ストレートで勝利を決めた。第2Sの善家(政1)もストレートで勝利。1年生での出場だったが落ち着いた試合運びで相手を破った。そして第1Wも勝利し続く第2Wの種岡(政4)・米山(済4)ペアは第1ゲーム、9-11とリードを許す。しかしラリー戦を制するなど6連続ポイントを決め逆転。その後も鋭いスマッシュが炸裂し21-15で奪った。第2ゲームでは前後に揺さぶりミスを誘う。そしてストレートで勝利を収めた。第3Sの生木(営2)も終始主導権を握る強さをみせ相手を圧倒。この結果、京産大相手に5-0で勝利した。

ダブルス

【安定感をみせた朝倉・斉藤ペア】

 

第4戦
〈種岡主将のコメント〉
「京産大とは以前試合をやり、いつも通りのプレーをすれば勝てる相手ではあるが団体戦は何が起こるかわからないので緊張感を持って試合に挑んだ。第1Sでは少し硬かった部分はあったが勢いがあったのでその後も続くことができたと思う。(出場した第2Wについて)序盤自分たちのミスが多くリードされた場面はあったがその後に修正できたことが大きかった。明日の関学戦は厳しい試合になると思うが全員で戦っていきたい」

〈落司選手のコメント〉
「立命館戦で相手の試合を見てしまって自分のスピードを生かすことができなかったが、今日の試合は最初から1本ずつ集中してスピードを生かすことができたのがストレート勝ちにつながったと思う。去年のシングルの先輩と比べてまだまだと思われるかもしれないが、今までやってきた練習をしっかり出し切ることをだけを考えてプレーをした。メンバー全員で優勝を掴みにいきたい」

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ