バドミントン部

【バドミントン部】龍大、世界のトップにチャレンジ!!

日本国内個人戦の最高峰、日本チャンピオン、そしてナショナルチーム代表を決める全日本総合選手権に、男子2名・女子7名の龍大勢が挑む。

『全日本総合バドミントン選手権大会』
2019年11月25日〜12月1日(駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)

 
男子シングルスに出場した田中(営4)は予選2試合を見事突破し、本戦1回戦へと駒を進めた。本戦1回戦は丸尾(日立情報通信エンジニアリング)と対戦。相手は日本ランキング19位と格上であったが、第1ゲーム序盤から相手を上手く回しながらチャンスをしっかり決めていくプレーでリードを保つ。しかし20-16とリードしている場面で決め急いでしまい、単調なプレーになったところを相手につけ込まれ23-25と逆転を許し取られてしまう。続く第2ゲームは相手もスピードを上げ、プレーを封じられていき13本で取られてしまい結果0-2での敗戦となった。2年連続での全日本総合出場となった今回は去年の成績を大きく上回り本戦出場を果たすなど、学生最後の大会を次へと繋がる形で終えた。龍大で大きく成長した田中はこれから実業団へ進むが、実業団でも活躍する田中を期待せずにはいられない。

女子ダブルス本戦には、インカレチャンピオンの朝倉(政4)・斉藤(営4)が出場。相手は、小野・福本(再春館製薬所)。初戦の緊張からか、序盤はミスが目立ち9-11とリードされる。しかしインターバル直後から、息のあった力強い攻撃と相手のミスを誘う配球で流れを掴み21-16でこのゲームを取る。続く第2ゲーム序盤は得意の形で攻める事が出来ていたが、中盤に相手の攻めに守りきれず連続失点を重ね追いつかれる。しかし15-15の長いラリーを我慢強く打ち返し、相手のミスで1本を取ると、相手が少し引いたところを見逃さずそこから一気にたたみかけ、21-17で初戦を勝利し2回戦へと駒を進めた。

本戦2回戦は、全日本総合前年度優勝者、世界ランク2位、第1シードの福島・廣田(アメリカンベイプ岐阜)。第1ゲーム序盤、2人の得意な形で攻撃に持っていくも、相手の堅い守りに攻めきる事が出来ず、ミスが続き4-11と離される。後半も相手の緩急のある攻撃に翻弄され思うように点数を取る事が出来ず7-21でこのゲームを落とす。続く第2ゲームは気持ちを切り替えようと試み、粘り強く返し続けて長いラリーを繰り返すも、相手のペースを崩す事が出来ずに8-21とゲームカウント0-2で敗退した。しかし、1回生からペアを組み続け、2人で戦う最後の大会である全日本総合で部史上初となるベスト16進出はとても素晴らしく、健闘を讃えたい。

本戦前日に行われた予選1回戦では、女子シングルスに朝倉、西江(文4)が出場した。どちらも実業団選手を相手に粘り強く強気なプレーを繰り返すも、思うように点が入らず敗退した。また、男子ダブルスに中島(営4)・家壽多(法2)、女子ダブルスに生木(営2)・藤原(文1)が出場。どちらのペアもリードする場面もあったが、あと一歩及ばず敗退となった。予選2回戦に出場した青山(政3)・志波(政3)は青山の体調不良の為、途中棄権となった。

日本、世界のトップレベルの選手の試合を観戦して感じた事や、この舞台で経験した事は今後の成長の糧となるだろう。来年のインカレ団体優勝、個人上位入賞に向けて新たなスタートを切った。

IMG_0606 IMG_0605

【バドミントン部】京都学生バドミントン選手権大会 女子シングルスでトップ3を独占

各大学、ほとんどの四回生が引退し、来年度への新たなスタートとなる京都学生バドミントン選手権大会。いくつかの出場資格が定められ、ふるいにかけられた選手のみで行われるこの大会では、毎年、初戦からハイレベルな戦いが繰り広げられる。主力の多くが全日本総合選手権出場で不在の中、今年も龍大生が多くの活躍を見せた。

『京都学生バドミントン選手権大会』
11月23日、24日、11月30日(京都産業大学、佛教大学)

【結果】
◆男子
《ダブルス》
優勝 本田大樹(営3)・三宅将平(営2)
《シングルス》
ベスト8 川原怜也(政1)・佐藤陸(法1)

◆女子
《シングルス》
優勝 小林栞菜(政2)
準優勝 栃本ゆき乃(文3)
3位 甲斐郁美(文3)
ベスト8 上杉優里(文2)、植村理央(国1)、村上知紘(法2)
《ダブルス》
準優勝 古賀菜々子(営3)・栃本ゆき乃(文3)
ベスト8 甲斐郁美(文3)・野田帆奈美(済3)
上杉優里(文2)・古川恵(短2)
村上知紘(法2)・端岡里紗(営1)

 

<男子>
今大会、男子ダブルス準決勝には本田(営3)・三宅(営2)が出場。京都産業大学の寺尾、弘瀬ペアとの対戦となった。第1ゲーム、得意の低空戦で得点を重ね、一度もリードされることなくこのセットをとる。第2ゲームも持ち前のテクニックで相手を翻弄し、決勝に駒を進めた。

決勝は立命館大学の芦塚、村瀬ペアとの対戦となった。第1ゲーム、序盤から競り合いが続きシーソーゲームとなったが、終盤に連続得点を重ね、このセットを先取する。第2ゲームもこの勢いのまま点数を重ね、相手に流れを渡さず21-13で完勝し、優勝を決めた。

男子シングルスで準々決勝に上がったのは期待の新人、川原(政1)と佐藤(法1)。準決勝第一試合は佐藤と立命館大学の村瀬の対戦となった。第1ゲーム、序盤からスピードを上げて相手を圧倒する。18-12とリードするもミスを連発し、19-21でこのセットを落とす。第2ゲーム、出だしは悪かったものの、持ち前の粘りと気合で22-20。勝負はファイナルゲームへ。お互い流れを譲らず、競り合いを見せるが、18対18の場面でスマッシュをミス。流れをそのまま持っていかれ、21ー18で敗退した。

準決勝第二試合は川原と立命館大学の並川の対戦。序盤、川原は相手のスピードに点数を離されるが、徐々に相手のスピードについていく。川原の得意であるラリー勝負に持ち込んで17-14で逆転するも最後は相手に押し切られて22-20で第1ゲームを取られた。続く第2ゲーム、川原はコート全体を使った配球をし、前半をリード。しかし、最後は相手のスピードに振り切られ、21-17とストレート負けを喫した。

 

<女子>
女子ダブルス準決勝には栃本(文3)・古賀(営3)が出場。相手は京都産業大学の近藤・清家となった。第1ゲームは、序盤で競り合いを見せるも、後半では相手のミスで点差を離し21-11で先取する。第2ゲームでは、持ち前の粘りで点数を重ねる。リードされる場面もあったが、ゲームカウント2-0で勝利し、決勝へと駒を進めた。

決勝の相手は立命館大学の永田・中島となった。

第1ゲーム、序盤から相手の積極的に攻めるプレーで押し切られ、4-11。後半も自分たちのペースを作れずに苦戦し、このセットを落とす。流れを変えたい第2ゲーム、守りから攻めのプレーに切り替え、接戦を繰り広げるも細かいミスの差が決定打となり14-21で敗退。結果は準優勝となった。

女子シングルス準決勝には、栃本、甲斐(文3)、小林(政2)が出場。準決勝第1試合は、甲斐と小林の同校対決となった。第1ゲームは、序盤で甲斐のミスが目立ち小林が大きくリードする。中盤から甲斐のキレのあるショットが決まり点差を詰めるが、小林が逃げ切りこのゲームを取る。第2ゲームでも競り合う展開が続いたが、小林が粘りのプレーを見せ、ミスの差で勝利。決勝へと駒を進めた。

続く第2試合は栃本と立命館大学の吉田の対戦となった。第1ゲーム、相手のフェイントに足を止められ、対応出来ずにこのセットを落とす。第2ゲームでは、栃本のショットにキレが見え始めるとそのまま相手を追い込み、21-18でファイナルゲームへ。第3ゲームでは、相手のショットを冷静に捌き、21-8と大きく点差を離して勝利した。

決勝は栃本と小林の同校対決。第1ゲーム、序盤から長いラリーが続く展開となるが、小林の粘りが栃本を上回り小林がこのセットを取る。第2ゲームでは、栃本も持ち前の粘りを見せるが小林の際どいショットにあと一歩届かず、21-18で小林が勝利した。小林は去年の悔いを晴らし念願の優勝となった。

IMG_0604

ページの先頭へ

ページの先頭へ