アメリカンフットボール部

夢のオールスターゲームNEW ERA BOWL2013が今年も開幕!

7月7日京セラドーム大阪にてNEW ERA BOWL2013が開催された。現在関西1部リーグに所属する龍大SEAHORSEからは8名の選手がWHITE STARSとして選抜され、6-0でBLUE STARSを相手に勝利を収めた。

「新時代」を意味するNEW ERA BOWLは関西学生アメリカンフットボール連盟主催で行われるアメリカンフットボールのボウルゲームのことであり、関西学生アメリカンフットボール連盟所属各校の選抜選手・コーチと全米大学体育協会(NCAA)加盟大学からの招待選手・コーチがBLUE STARSとWHITE STARSに分かれて戦うオールスター形式のゲームだ。龍大は4年生から八幡(済4)・吉田(済4)・金山(法4)・北野(済4)の4名。3年生からは竹内(社3)・加納(政3)・持田(文3)・渡上(済3)の4名。計8名が選抜された。また吉田はWHITE STARSの副将を務める。

強豪揃いの選抜選手たちの中で龍大の選手たちは吉田のランや金山のタックルなど随所に活躍を見せる。また昨年のNEW ERA BOWLでは選抜されながらも出場機会が得られなかった竹内も今年はQB(クォーターバック)としてピッチ上でチームのタクトを振る。選抜選手同士のぶつかり合いはチームが編成されてから一週間とわずかな練習期間ながら、それを感じさせない能力の高さと団結力が織りなす迫力を見せる。「ただ勝利だけを目標にしていた―」。WHITE STARSは拮抗した試合展開ながら、FG(フィールドゴール)で得点を重ね6-0で勝利を掴み取った。

試合後副将を務めた吉田は「強者が集まっているので自分たちの大学でするのとはまた違った感じ。うち(WHITE STARS)のディフェンスが強くて相手の攻撃をシャットアウトできていた。(出場して)良い刺激を受けた。楽しかったです」と述べた。NEW ERA BOWLでは共に戦ったチームメイトも秋にはライバルとなる。夏が過ぎた先にさらなる大舞台が待っている。強豪ひしめく関西の舞台で今年も選手たちは死闘を繰り広げる

タックルが決まり喜ぶ金山

副将の吉田

選抜された龍大選手たち

(記事 龍魂編集室 三井 雄太/写真 佐藤 和季・善山 甲治)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ