アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】強敵の壁は厚く(関学戦)

9月23日、王子スタジアムにおいて関西アメリカンフットボールDiv.1、第3節、対関学戦が行われた。関大、京大に敗れ、迎えた関学戦。強敵相手に一矢報いることはできたのか。

1Q、出だし相手のFGが成功し、3点を先取される。相手の素早い攻撃にLB宮前(政3)、DL加藤(済3)等がプレッシャーをかけ対応するも、徐々に攻め寄られTDを許す。

2Q、中盤相手の攻撃でファンブル。ファンブルしたボールをDB小森田(済2)が確保し攻守交代。この流れを活かすべくOFが攻めるも点には結びつかず。じりじりと攻め込まれTD。0-17で前半を終えた。

IMG_3715 - コピー

【写真 粘りを見せたDF陣】

3Q、相手の攻撃采配によりTDが決まり、攻守交代後、ICを決められる。龍大に攻める余地を与えず、TDを重ねていく関学。このQで21点を獲得し0-38に。

4Q、龍大にチャンス到来。この機を逃すまいとQB山方(済3)からWR桑田(済4)にロングパスが成功し残り4ヤードまで攻め寄る。だが、TD間近の大事な場面で相手によるIC。好機を逃す形となった。DL清原(営4)のQBサック、DF陣の粘りでこのQは相手に得点を許さず0-38で試合終了。

IMG_4456 - コピー

【写真 パスを成功させたWR桑田】

DF陣の粘り、活躍が見受けられるも、38点差という結果に終わった関学戦。開幕戦から3連敗となって、残り4試合。選手たちはこの試合内容から何を感じ取って、実としていくのか。

〈村田HDのコメント〉

-今回の試合を振り返って-

「DFは終始粘ってくれて、心強い活躍をしてくれたのですが、その間にOFが確実な足がかりを見つけることができませんでした。テンポの速いOFでは巧妙が見えていましたが、ドライブが続いていても結局どこかで止まってしまいます。練習ではTDに繋がるようなOFを常にやってきているのですが、それが試合の会場では出来ていません。練習でやってきたことをこの会場でやろうということを目標にしてきましたが、今回それを行えませんでした。」

-続くリーグに向けて-

「同じリーグに所属している限りは全身全霊で戦うということしか価値がないと思うので、全力で臨みたいと思います。残り4試合、まだまだリーグ戦は続くので、どのような状況にも対応できるように準備していきたいです。」

〈浅尾主将のコメント〉

-今リーグに向けて-

「試合に出るメンバー、出ないメンバーがいる中で、全員が高い意識をもって練習するというのを目標にチーム全体の意識の向上をしてきました。」

-今回の試合を振り返って-

「課題であったOF、DFもかみ合わなかったのが敗因だと思います。」

-良い面と悪い面-

「DFが粘るところは粘ったというところは良かったです。悪いところはDFもOFも一体感がありませんでした。」

-続くリーグに向けて-

「これからは自分たちの真価が問われるところだと思うので、3連敗の悪いところを見つめ直して、次の試合に活かしていきたいです。」

 

(龍魂編集室 記事/丸山恭佳 写真/上村輝・渡邊和記)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【アメリカンフットボール部】接戦の末、関大に敗れる。

8月25日、EXPO FLASH FIELDにおいて関西アメリカンフットボールDiv.1、初戦、対関大戦が行われた。公式戦未勝利の因縁の相手、関大戦にかける思いは強く、鋭い眼差しと威勢がみてとれる。試合が始まり、両者ともに歓声が飛び交うビックプレーの応酬。14-17という接戦を制したのは相手であった。

1Q序盤、徐々に攻め込まれ相手のチャンスが到来するも、FGの危機を回避。しかし、相手のTDによって先制点を奪われてしまう。

続く2Q、QB山方(済3)の采配で敵陣に攻め寄り、QB山方からWR和田(文2)にパス成功。あと少しのところで、相手のICにより好機を生かすことができなかった。だが、攻守交代し直後、DB仲谷(文4)のICによって攻撃権を得た龍大。QB山方、WR寸田(営3)にロングパスを成功させ、WR寸田がTDを決める。DF陣の活躍も見られ7-7で前半を終了する。

IMG_6022 - コピー【写真 作戦を練るOF陣】

3Q、DF陣が抑え、DB小森田(済2)によるICで流れを掴む。この機を逃すまいとQB山方からRB/K井貝(済3)にパスが通りTD。逆転に成功。喜びも束の間、リターンで関大に得点を許し14-14の同点に。両者一歩も譲らず4Qへ。

4Q、DL加藤(済3)のタックルなどDF陣の活躍が光るも、相手のFGによって追いかける形に。OF陣の果敢な攻めも相手のICにより阻止され、14-17で試合を終えた。

 

今試合では涙をみせる選手も見られ、龍大がいかに初戦、関大戦にかけていたかが伺える。ただ、この試合ではマイナス面というよりもプラス面を感じた。観客の声援、熱気がまじまじと伝わってきて、いつもとは違った空間に感じられたからである。人々を魅了するプレーというのはなかなか見られるものではない。選手たちの素晴らしい活躍があったからこそ生まれた空間だと思う。リーグは続き、道のりは長いが、涙を拭って奮闘せよ龍大SEA HORSE。

 

〈村田HCのコメント〉

「初戦に随分と力を入れてきた、神経を注いできたというところがあったのですが、敗戦は敗戦ということで、とても残念です。選手の理解も深まっていましたし、練習の仕上がりも良かったので、プレー自体は通せるという自信はありました。4Qに入った時点で引き離されていたら話しにならないので、4Qにまずもつれ込むというところを意識しました。そこで最後にどっちが勝つかという展開に待ち込むところまではいけたのですが、結果的に最後の最後で相手に上回れてしまったという感じです。」

-良い点と悪い点-

「練習でやってきたことは基本的に出せていたので、それが自信に繋がっていくと思います。やってきたことが緊張や色々なことが理由で発揮できなければ、やはりこれからのゲームで発揮できない可能性が高まってしまいます。練習でやってきたことを練習通りにというところまではできていたので、選手が素晴らしい活躍をしてくれたといえると思います。悪い面は、結局4Qで勝てる方が勝ちなので、1Qで勝っても2Qで勝っても、4Qで負けていたらゲームには負けてしまうので、4Qでこちらがリードしている形でゲームを終わらせるというのができなかったところです。」

-今後に向けて-

「ここまでやってきたことというのは全部無駄ではなくて、しっかりと果実となって成果としてあがっているので、あとはゲームをしっかり運んでいって、最後に勝てるように、そういったチームに繋げていきたいと思います。」

 

(龍魂編集室 記事/丸山恭佳 写真/渡邊和記)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【アメリカンフットボール部】前哨戦を白星で飾り、秋季リーグに弾みをつける!!

6月9日、王子スタジアムにおいて交流戦・対神戸大が行われた。今年Div.1に返り咲いた神戸大との秋季リーグへの前哨戦は、前半にDFから流れを作ったSEAHORSEが着実に得点を重ねていく。後半に入っても流れを渡さず、20-7という結果で勝利した。

相手OFから始まった1Qでは、早速DF陣が相手のミスを逃さず攻撃権を得る。この流れでQB山際(法2)を中心に敵陣に切り込むもTDとまでは行かず、RB/K金川(文3)のFGで先制する。2Qでは、DL清原(営4)やLB宮前(政3)のタックルが相手OFを襲い、プレッシャーを与える。前半戦は完全に主導権を握ったSEAHORSEは、前半残り4分にQB山際のランでTDを奪い取り後半へ折り返す。
DF陣
【試合の流れを作ったDF陣】

前半の流れを生かしたい後半戦。開始早々にパスを受け取ったWR桑田(済4)がランで大幅にゲインすると続けざまにTDパスをWR桑田がきっちりと受け取り17-0と点差を開く。この後もDF陣が奮起し、試合はSEAHORSEペースで進む。4Qに入ってもRB/K金川のFGで得点を重ねるが、心の隙をつかれマークの緩くなったところからパスを受けた相手選手にTDを奪われる。流れが悪くなりそうな展開になりかけたが、DF陣の粘りからこれを許さずそのまま試合終了。20-7で夏前最後の試合を勝利で収めた。
桑田
【見事なパスキャッチでTD決めたWR桑田(7番)】

前回の試合から立て直し、秋季リーグで戦うことになる神戸大に見事勝利を収めたことはSEAHORSEメンバーにとって自信になったであろう。この良い雰囲気を保ちつつ、夏を乗り越え一回りも二回りも大きくなった龍大SEAHORSEを秋季リーグで魅せてほしい。

〈村田HCのコメント〉
「近大戦の2週間前の準備期間は、龍大でコーチを始めてからもっとも悪い2週間だったんですが、チームとして上を目指していく中でこの神戸大戦は、以前のことを繰り返してはいけないということで選手に対しては厳しい言葉で檄をかけました。そんな崖っぷちの中で勝たなければいけないというプレッシャーに打ち勝って勝利してことは大きな事だと思います。
OF面では、QBの山際の活躍が合格点をあげられるモノだったので、これでQBの二枚がけができるので秋季リーグに向けて大きな収穫になりました。DF面では、練習している選手を全員出しているので若手から4年生までのいいプレー、悪いプレーを見る事ができたので良かったです。
秋季リーグは上位チームとの対戦から始まりますので、初戦の関大と二戦目の京大、この頭の2戦になんとか勝利をしたい。でないと関学への挑戦権も手に入りませんので、今からもう一回身体をトレーニングし直してとにかく頭の2戦を見据えて良い夏を過ごしたいと思います」

〈浅尾主将のコメント〉
「前回の近大戦で、その前の2週間の準備がダメだったので、今回は2週間前からチームの雰囲気を練習の入りからしっかり意識して取り組みました。試合の内容は、良かったには良かったですが、まだ本番で力が出し切れてないと感じます。春の試合シーズンは終わったので、サマートレーニングを全員で乗り切って秋の本番に力を出し切れるように頑張っていきたいと思います」

〈山際選手のコメント〉
「春の試合ずっと通してOFの平均得点が4点いくか、いかないかくらいだったのでOFとしては21点を目標にしていたが、到達できなかったのですが試合に勝てたことが良かったです。秋季リーグでは、今は2ndQBですが、一本目の山方(済3)を越えて一本目で試合に出られる様に頑張っていきます」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝/丸山恭佳)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【アメリカンフットボール部】近大に借りを返せず敗戦。

5月27日、EXPO FLASH FIELDにおいて公式試合が行われた。相手は、昨年6月の練習試合で敗北した近大。昨年の雪辱を果たすべく、前半DF陣が奮戦するも、後半、相手の勢いを断ち切れず、近大相手に一矢報いることはできなかった。

晴天の中、始まった第1Q。序盤DFが守り、QB山方(済3)からWR桑田(済4)のパスが成功。桑田のランプレーで1Dを獲得。RB/K金川(文3)が41ヤードのフィールドゴールを決め、3点を先取。DF陣の隙のない守りで第1Q終了。第2Q序盤、OFがパスプレーで攻めるも、インターセプトを取られてしまい、攻守交代。DF陣が奮闘するも、OF陣が攻めきれず、3-0で前半を終える。
15 キック
【この試合唯一の得点を決めた金川】

後半、第3Q。相手のロングパスを止めることができず、不利な状況に。DF陣が圧力をかけていくも、相手にTDを許してしまう。OF陣が仕掛けられないまま第4Q。相手の猛攻に切り崩される形で、またもTDを奪われる。巻き返しを図れず3-14で試合を終えた。
47 DF
【相手OFの攻撃を食い止める谷口(済4)】

前半、DF陣の奮戦が光るも、後半の失速が目立った今試合。今後へ向けての課題が垣間見える内容となった。次戦、秋シーズンと続く試合で、彼らがどのように課題と向き合い克服していくのか、動向を見守っていきたい。

〈村田HCのコメント〉

-今試合を振り返って-
「春のシーズンの3ゲーム目、この時期は1番疲れが出てくる時期で、気力とか体力とかスタミナが切れかかってくる時期なんですよ。この2週間練習、準備をしてきましたが、やはり練習の内容が優れない。あまり良い練習が出来ていないと感じます。しかし、秋のシーズンを考えると、こういう風にシーズン途中でガス欠みたいな状況になってしまうと長いシーズンを乗り切ることが出来ません。そういう話をしながら準備をしてきたのですけれども、案の定なかなかエンジンが掛からないゲーム展開になってしまいました。DFは凄く良かったのですが、OFが後半途中から全く進まなくなって、結果的にDFもガスが切れてしまう形になり、チームとしても非常によろしくない内容だったと思います。」

-現チームの状況-
「フットボールは、SPチーム、OF、DFの3つのユニットがそれぞれ仕事を果たしてはじめて成り立つもので、OFが全くリズムに乗れなければOFの悪いリズムっていうのがDFにも伝染しSPチームにも伝染していくようなかたちになります。もし本当に強いOF、DFを目指すのであれば、そういった状況でも耐えなければならないというところがあるのですが、そこまでの力をまだうちも身につけられていないように感じます。良いDF,強いOFになってきているので満足していますが、goodとgreatの違いってよく言われるんですけれど、goodだけれどgreatではないなっていうところです。」

-今後に向けて-
「春は新しい戦力であるとか、選手をいろいろ試しながら秋に向けて選手の力を評価したり、ゲーム経験を積ませたりしている時期でもあるので、結果にはそんなに重きを置かず、内容の方に重きを置いてゲームをやっています。それにしても、内容も結果もよろしくないというところですよね。ですから、もう一度、自分たちの立ち位置といいますか、もういっぺん原点にかえって、自分たちは1部リーグで下位なんだという所から再出発しなければいけないなというところです。」

〈浅尾主将のコメント〉
「近大は、昨年負けている相手で、昨年負けているというのに、そこに向けての練習では、雰囲気が良くなく、負けるべくして負けた試合だなという印象です。僕らは良いときは、雰囲気良くプレーできますが、一端悪くなってしまったら、雰囲気が落ちてしまうんですよ。落ちたときに立て直すというのを課題にしてやってきたんですが、今日の試合でも出来なくて、それがこの試合結果につながったと思います。今後は、全員が高い意識を持ち、試合に出ている選手、出ていない選手も「相手を倒す」という同じ気持ちでプレーしていきたいです。」

(龍魂編集室 記事/写真 丸山恭佳/上村輝)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ