アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】JV戦、課題の見える結果に

5月5日、関西大学千里山中央グラウンドにおいてJV戦、対関大が行われた。1、2年生を中心としたチームで挑む今試合。彼らの試合模様をお届けする。

1Q、両者ともに攻めきれない状況が続く中、相手が1Dを獲得し、徐々に攻め寄られる。DF陣が守るも相手にFGを決められ、先制点を奪われてしまう。RB大門(法3)によるリターンでOFが契機付くかに見えたが、攻めきれないまま2Qへ。2Q、DF陣の活躍により攻撃権を得た龍大は、QB小澤(政2)自らのランプレーにより1Dを重ねていき、着実に相手陣地へと攻め入る。同点へのFGを選択するも、惜しくも決まらず0-3で前半を終えた。

IMG_4465【写真 粘り強い戦いを見せたDF陣】

3Q、DFが魅せる。相手のファンブルしたボールを掴み、良い位置でOFに繋ぐ。だが、このチャンスを活かしきることはできなかった。相手が攻め寄り4Q、DB井上(営2)、DF陣の健闘が見られるも、FGを決められ追加点を奪われてしまう。そのような中、RB大門によるリターンを契機にOF陣が動く。QB中川(文2)からTE浅野(国2)へロングパスが決まり、QB中川の采配で流れをつかむ。FGを選択しRB/K金川(文4)が決め、点数を獲得。攻守交代後、DB山田(国3)によるICで攻撃権を得た龍大であったが、得点には結びつかなかった。DL吉村(済1)によるQBサック、DF陣の活躍が見られるも残り時間21秒を切ったという場面で、TDを決められ3-13で試合終了となった。

IMG_4490【写真 RB大門によるリターン】

IMG_4654【写真 インターセプトを決めたDB山田】

敗戦となってしまった今試合。出場した選手たち、出場していない選手たち、どちらにとっても課題の見える結果となった。今後の試合、秋のリーグ戦に向けて彼らはどういったチームを作り、どのような戦いを私たちに見せてくれるのだろう。

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

JV戦ということなので1、2年生を中心にチームを組んでいます。相手チームも同じ状況でお互い中堅階くらいの選手の試合でした。

-今試合を振り返って-

今試合ではOFが全く機能しませんでした。最終的にQBが変わってから進みはしましたが、スタートのエンジンのかかりが非常に悪かったです。DFはそういった中でしっかりと戦えていたので非常に良かったなと思います。

-課題-

問題はサイズの差ですよね、身長の差です。あれがこのまま3年生、4年生になっていって4年生同士、最終学年で対戦したらと先々を考えると辛い感じが見えるなという。

-課題に向けて-

大きければいいというわけではないので、小さい選手には小さい選手なりの利点というかアドバンテージみたいなのがあるので、そこを私たちが見出していきたいというところですね。大きい人を目の前にして気持ちが臆したりとか、滅入ったりということがないようなチームにできればそれは問題ないとは思いますが、そうなれるかどうかですよね。そこまで指導しきれるかだと思います。

-JV戦-

若い選手をいっぱい出しているので、全員が私たちの評価の対象というか、秋に向けてどの子がどの程度活躍しそうかと情報収集するための試合でもありました。どういった活躍をするかと楽しみにみていたので収穫はそれなりにあったと思います。

-今試合の良い点-

DFは本当によかったです。OFは機能するまでに時間がかかります。若い選手で組んでいるので、コンビネーションができあがり切れていない状況で戦っています。ですので、OFがうまくいかないというのは理解できます。ただそれでも力の差があった状態であれば、DFが出来上がっていないOFにやられてしまうということが起こります。それはなかったので、私たちのDFも組織だってできていたなと思います。OFも要所要所で進んだりもしていたので、そこは明るい材料だったと思います。完全に力の差があいている状態ではないような状況になりつつあるところが少しだけ心強いです。

-今後に向けて-

今年はDFラインが全部、4年生が4人抜けたという年になりますし、OFはコーチングスタッフが変わった年でもあります。学生スポーツの場合、選手の入れ替わりで全く新しいチームを作らなければならないので、そういった面では課題はたくさんありますが、選手は結構揃っていると思います。4年生によるリーダーシップとチームとしての一体感、まとまりとかそういったところが問題だと思っているので、試合を重ねるごとにチームとしての一体感を作っていくことができれば勝利につながっていくと思います。今後の戦いは、そういったところに力点をおいて個人個人のスキルアップも大事ですが、チームとしてよりまとまりのあるチームを目指したいと思います。

〈宮前主将のコメント〉

-今試合を振り返って-

OFもDFも頑張ってくれていたと思います。しかし、どうしてもOFに火がつかない状態が続いてしまう苦しい試合となりました。目立った点で言えば、キッキングやスナップミスからのショートパントなどの苦しいシュチュエーションがありました。この関大戦までの1週間の練習が完全なものでなかったのは4年生に責任があると思います。コーチの村田さんもおっしゃっていたことですが、チーム作りは試合に出場しない4年生(JV戦のため)を中心に上手いことしていかなければならないと思います。

-試合後のコーチとの会話-

この1週間はJVという形で下級生が中心でチーム作りやJVキャプテンなどを決めて取り組んできました。そのなかで、4年生は試合に出ないからという気持ちで臨んだことが、今回チームの弱みとしてみられました。このような状態が続くようでは成長はできないということを話し合いました。

-今後に向けて-

まだ京産大と秋でも戦う神大と近大の試合が残っていますので、この3戦を全て勝利で終え、チームスローガンである一戦必勝をここで成し遂げたいと思います。

(龍魂編集室 記事/丸山恭佳 写真/渡邊和記)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【アメリカンフットボール部】入替戦に勝利し、1部リーグ残留を決める!

12月9日、西京極陸上競技場において関西学生アメリカンフットボールDiv.1-2入替戦、対桃山大戦が行われた。リーグ戦とは違った緊張感が漂う今試合。声援を力に龍大SEAHORSEが躍動する。

1Q、序盤相手をノーゲインに抑えたDL清原(営4)のタックル。終盤のDL清原によるQBサックなど、DF陣の活躍が光る。2Q、OF陣が攻めていけず、DF陣の堅い守りが続く。だが、前半残り2分を切ったところで1Dを奪われ相手に徐々に攻め寄られる。前半終了間際、FGを選択した桃山大。そのキックが不成功となり難局を乗り切った龍大。両者ともに0-0で前半を終えた。

3Q、主導権を握るべくOF陣が動く。QB山方(済3)の采配によりパスプレーとランプレーで着実に1Dを獲得していきギャンブルに成功。QB山方からWR寸田(営3)へのパスが通り、QB山方からのロングパスをWR桑田(済4)がエンドゾーンで掴み、TD。RB/K金川(文3)のキックが成功し7点を先取した。DFの粘りで攻守交代。流れをつかんだ龍大。QB山方のランプレー、QB山方からWR寸田へのパスが決まり1Dを重ね、相手の反則により15ヤードをゲイン。RB高橋(政1)がランプレーで相手の中央を突き、TD。さらに7点を追加した。

web【写真 TDを決めたWR桑田】

4Q、DF陣の守りが崩れることはなく、DB西島(政3)によるパスカット、相手のギャンブル成功を阻止し、攻撃権を龍大へ。期待にこたえるべく、OF陣は着実に攻め込み、残り時間1分というところでFGを選択。RB/K金川がFGを成功させ、17-0で勝利をつかんだ。

web2【写真 終始守り抜いたDF陣】

今試合は前半、後半とで全く流れが異なっている。その契機はハーフタイムにあるらしい。「前半私たちの攻撃と桃山大のDFとが全くかみ合いませんでした。それを避けるために、後半からはゆったりとした攻めに変えて、それが功を奏した」と村田ヘッドコーチは語る。前半終了と後半開始の間の限られた時間。コーチ陣の指導から流れは変わった。この試合では選手はもちろん、コーチ陣、サポートする人々の活躍も見受けられた。

入替戦で勝利し1部リーグに残留を決めた龍大SEAHORSE。新体制となっていく彼らは、来年どのような戦いを私たちに見せてくれるのだろう。

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

-今日の試合を振り返って-

「DFは今シーズンずっと目標にしていたシャットアウトというのをしてくれて最高に素晴らしい活躍をしてくれたと思います。OFは私たちがしようとしていることと桃山大DFとのかみ合いが悪く前半は全く進まないような感じでした。ハーフタイムを挟み、それを避けるために後半はゆったりとしたOFに変えました。山方のパスも良かったですし、レシーバー陣が確実に取ってくれて、相手が下がってきたところをランプレーでコントロールするという形で勝利に繋げることができたのでほっとしています」

-入替戦-

「選手たち全員が入替戦の経験がないので、そういった中で緊張しながらも勝利をすることができたというのは財産であると思いますし褒めたいところですね。私自身も久々の入替戦だったので、チーム力には自信はありましたが、かみ合いが悪かった前半は苦しかったです」

-今後に向けて-

「こういったシーズンになりましたが、上のチームに挑んでいこうとしたことは決して間違いではなかったと思うので、それを次に繋げるために良いチーム作りをスタートさせたいと思っています」

〈浅尾主将のコメント〉

-今日の試合を振り返って-

「前半は自分達の思うようなプレーが出来ず、冷や汗をかきましたが、後半OF陣が点を獲得してくれたことでチームに良い結果をもたらしたと思います」

-これからのSEAHORSEへ-

「もっと強くなってほしいです。今大会はリーグ戦で1勝しか成し遂げることができませんでした。この点をこれから改善してもらいたいです。彼らには実力があるので必ず期待に応えてくれるはずです」

〈山方選手のコメント〉

-今日の試合を振り返って-

「勝って当たり前といえばそうですが、絶対負けられない試合だったので、この3週間吟味しましたし、勝つことができて良かったです」

-今後に向けて-

「今年は1勝でしたが、来年も1部リーグでプレーできるという貴重な機会を頂いたので、来年こそはもっと上位に食い込めるように頑張りたいです」

 

(龍魂編集室 記事/丸山恭佳 写真/上村輝・渡邊和記)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

 

【アメリカンフットボール部】最終戦で飾った白星。

11月18日、万博記念競技場において関西アメリカンフットボールDiv.1、第7節、対甲南大戦が行われた。両者ともに今シーズン未勝利。最終戦で初白星を飾った龍大の試合模様とは。

1Q、DL清原(営4)、DL浅尾(営4)等DF陣が抑え、攻撃権を龍大へ回す。1Q残り1分を切ったところで、RB高橋(政1)のランプレー、QB山方(済3)からRB高橋へのロングパスが通り、相手陣地へと攻め寄る。IMG_2696 - コピー 【写真 プレーの采配が光ったQB山方】

2Q、RB/K井貝(済3)がランプレーで先制点を狙える位置まで攻め込み、RB高橋がTDを決めた。DF陣は相手に攻める隙を与えず、OF陣はギャンブルに成功し1Dを獲得。その後、QB山方からのパスが決まり、RB/K井貝が中央を突いてTD。直後、相手にリターンを許し、FGを決められてしまう。試合の主導権を渡すまいとQB山方からRB梯(法4)へのパスが決まり、RB梯のランプレーにより追加点のチャンス到来。前半終了を目前に、QB山方が自ら飛び込みTD。20-3と大差をつけて前半を終えた。


IMG_2575 - コピー
【写真 相手DF陣の間を走り抜けるRB/K井貝】

3Q、OF陣の勢いは止まらず、RB高橋のランプレーにより一気にエンドゾーン間際へ。QB山方が着実にTDを決め、相手との点差を広げた。攻守交代後、相手のロングパスが決まり一気に攻め寄られるかに見えたが、LB宮前(政3)、DB西島(政3)等の活躍により危機を回避。OF陣が1Dを重ねていき4Qへ。

4Q、QB山方からTE浅野(国1)へのパスが成功。FGを狙うも、追加点とはならない。相手にTDを奪われてしまったが、27-10で龍大が初勝利を納めた。

7試合を経て、ようやく勝ち取った初勝利。今シーズンはなかなか試合で本領を発揮することができなかった。この雪辱を果たすためには、まず、3週間後の入れ替え戦で勝利し、1部リーグに残留するしかない。今試合で得た自信と課題を見つめ直して、入れ替え戦に挑んで欲しい。

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

-今試合を振り返って-

「やっと欲しかった一勝が手に入って、素直にうれしい気持ちです。練習ではシーズン中とても良いパフォーマンスをしてくれていたので、なぜそれが試合会場でできないのだろうというのが、私たちの最大の課題でした。今日はOFも点を最初から取ってくれて、DFも確実に止めてくれて、グラウンドでやっていることが試合会場でパフォーマンスできたと思います」

-良い面と悪い面-

「良い点は、DFが止めて、OFがドライブをして、DFを休ませる時間をOFが与えてというように、OFとDFが上手い具合に回っていったところです。悪い点があったとすれば、SPチームですよね。キックカバーが一向に良くなりません。最初の2つ目のカバーまでは良かったのですが、3つ目、4つ目になってくるとハーフラインぐらいまで返されていたので、反省しなければならないなと思います」

-入れ替え戦に向けて-

「この試合で多少得られたものもあったので、そこを足がかりによりよいチームを作っていけるように、コーチとしても、選手のメンタルをケアしながら準備していきたいと思います」

〈浅尾主将のコメント〉

-今試合を振り返って-

「今までは1Qの出だしが悪かったのですが、それを改善してミスなく行うことができました。2QではDFがしっかり守り、OFがドライブを続けるといった良い流れを作ることができました。OFから始まった3Qは、いきなりTDというOF陣の活躍により、さらに攻撃を勢いづけるものとなりました。最後までこの流れを保ちたかったのですが、4Qで失点を許してしまいました。このミスは入れ替え戦では無くしていきたいです」

-入れ替え戦に向けて-

「同志社と桃学大のどちらが対戦相手になるか分からないので対策が作りきれていませんが、試合までの3週間で万全な状態にし、勝利を掴みたいと思います」

〈山方選手のコメント〉

-今試合を振り返って-

「今までOFがDFの足を引っ張っていましたが、今日はDFを助けることができ、自分たちの持ち味を出すことができました」

-入れ替え戦に向けて-

「お世話になった先輩方のためにも、絶対に勝ちたいです。来年も、1部リーグでプレーし、今シーズン負けてしまった相手にリベンジがしたいので、絶対に残留してみせます」

 

(龍魂編集室 記事/丸山恭佳 写真/渡邊和記)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【アメリカンフットボール部】神大戦で得た自信と課題

11月3日、キンチョウスタジアムにおいて、関西学生アメリカンフットボールDiv.1、第6節、対神戸大戦が行われた。未だ白星がない龍大にとって、今試合で勝利することは入れ替え戦回避のための絶対条件である。選手達は勝利への執念を最後まで忘れずに健闘したが、17-22という結果で惜しくも破れてしまった。

1Q、浅尾主将(営4)の「最初のミスが痛かった」と語るように、龍大は練習の成果を思うようにゲーム開始時に出すことができなかった。OFでは試合に対する熱さ、必死さが皮肉にも選手を苦しめ、ミスが続いてしまう。DFでは神大の勢いのある攻撃に点差をつけられる。この第1Qでの得点はRB/K金川(文3)のFGのみとなり、3-14という結果で終える。

2Q、LB宮前(政3)のQBサックが相手チームの攻撃のリズムを崩す。失点はしたものの、龍大はこのチャンスを逃がさない。DB/P国分(済2)パスカットから88ヤードを駆け抜けてTD。このとき、DB岡田(済4)が相手ディフェンスの壁となり、国分のサポートをした。その後、キックを成功させ10-17。第2Qで逆転へ兆しが見え始める。

aq

【写真1】チームの流れを変える国分のTD

3Q、練習で培った力が発揮できるようになり、前半の借りを返すかのように攻撃に磨きがかかる。QB山方(済3)の自ら前に行こうとする攻めは相手にプレッシャーを与える。そして、相手の一瞬の隙をつく、QB山際(法2)の正確なパスがTE浅野(国1)へ繋がり、TD成功となる。残り1Qを残して17-20と逆転勝利まであと少しのところまできた。

aw

【写真2】鉄壁のDFを崩すQB山方

4Q、点差を3点差まで縮めることができた龍大にとって目の前の勝利は譲れない。しかし、神大もそれは同じことだ。両校のプライドをかけた試合はまさに激戦であった。しかし、龍大は点差を広げられる形となり、17-22でこの試合を終える。

今回、龍大の今季初勝利見ることはできなかった。しかし、このような熱戦を繰り広げた彼らはこれからも前に進み続けるだろう。敗戦を糧に、日々精進する彼らの勝利後笑顔を次回こそ見たい。

〈浅尾主将のコメント〉
― 試合を振り返ってー
「最初のミスが痛かった。14点差は集中が空回りして起きてしまったことなので改善していきたい」
― 練習で力を入れたことー
「OF攻める、DFはしんどくても守るといったゲームプランをしっかり立てて取り組んだ。しかし、今回それがうまくいかなかった。出だしが悪いことが影響していると思う」
―甲南大戦に向けてー
「全力で挑む。いい練習はできているので、詰めが甘いところを改善したら勝利が見えてくると思う」

〈村田ヘッドコーチのコメント〉
-今試合を振り返って-
「初戦の関大戦で負けたショックから随分と回復できませんでしたが、今試合に向けては気持ちを入れ替えて良い練習をしてきました。今年の神戸大は勢いがあって、一歩及ばずという形になりましたが、DFは随分と立て直されたと思います。SPがキックリターンでビックリターンを許すというのが続いていて、DFがかなり苦しい思いをしていますが、それでも後半は失点に繋がらないようなパフォーマンスをしてくれました。それは大分進歩があったのではないかと思います」
-前半のファンブル-
「SPの問題で、近大戦でもそういったプレーがありました。ビックリターンがあって、OFにボールが回ってくると思ったら、こちらの選手に当たって、ボールを奪われて相手の攻撃が続いてしまうという。修正するために練習は重ねているのですが、取らないで流しておけば良いボールを取りに行って今日も奪われているので、やってやろうという気持ちが空回りしている、まずい方向にいってしまっています。そういう流れが続いているので、ICリターンTDという、チームの流れを変えるくらいのビックプレーも、そこまでには至りませんでした」
-今試合から今後に向けて-
「後半のDFの立て直しが効いて、OFもTDを決め、逆転ができる圏内には戻してきたので、4Qに勝負を賭けようというプランまでは持ってこられたなと思います。その後、DFがここで止めなければならないところで1Dを取られたり、OFがエンドゾーンでセーフティを奪わられたり、してはいけない失点をしているので、そこの反省を次の試合にいかせることができればと思っています。前回の試合と今回の前半がチームでの一番の底だったと思うので、そこから抜け出して次の試合で勝利というのをもぎ取り、自信に変えて入替戦のほうに臨みたいと思います」

(龍魂編集室 記事/渡邊和記 写真/丸山恭佳)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ