アメリカンフットボール部

龍大、因縁の相手に惨敗

2021年7月3日KCAFL SPRING 2021対甲南大戦が行われた。前回対戦時には接戦の末惜しくも敗れた因縁の相手である。

2Qまでに甲南大に14点を奪われるも龍大は前半終了3秒前に石橋(国2)のフィールドキックで3点を奪い返す。ここから後半に向けて流れが変わるかと思われたが龍大は前半から目立っていたファンブルが途絶えなかった。試合を決定つけたのは3Q。藤田(文3)が20ヤードを超える激走を披露するもその後にファンブル。これが龍大にとっては大きな痛手となり流れは龍大に傾く事なく1度もタッチダウンを奪えないまま3-28と大敗を喫した。

 

アメフトラン【写真】気迫のランを見せる藤田#5

アメフトキック

【写真】フィールドキックを決める石橋#13

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

 

―今日の試合を振り返ってみて

 

「過去3試合で反省点は出ているが毎試合ずつよくなっていく兆しがあったので今日でそれが開花してくれればと思っていましたが全く逆の展開になってしまいました。オフェンスのボールセキュリティが甘くエンジンがかかりそうでかからないという展開が続いてしまいました。」

 

 

 

―ボールセキュリティの甘さの原因は?

 

「オプション時に迷いが出てボールをもらうだろうと思っていたらパスが出なかったり、自分で行くだろうと思っていたらパスが出たりと無意識のうちに選手が思い込みをしていたんだと思います。」

 

 

 

―次戦に向けて

 

「試合が来週で、授業もあり2日しか練習ができないなかで何ができるかといえば気持ちの切り替えだと思います。一瞬でできることなのでしっかりと準備をしていきたいです。」

 

 

 

〈井上主将のコメント〉

 

―今日の試合を振り返って

 

「やられたというよりは自滅だったと思います。何を言っても言い訳になりますが、今日で言えば時間通りにキックオフができなかったしそこに向けての準備が足りなかったと思います。」

 

 

 

―次戦に向けて

 

「今日の試合は今までで1番最低な試合だったので明日以降各ユニットで気持ちを切り替えて次の試合に向かっていけるようにしたいです。」

 

 

 

(記事 宮平晴也/写真 平川滉)

 

 

 

【アメリカンフットボール部】春季リーグ中盤戦 白星が遠い

2021年6月27日、KCAFL SPRING 2021 対近大戦が行われた。

 

試合前のOFチーム

「あいつら強いぞ!やるしかないねん!全力でやったれ!」(OFリーダー浅野)

春季リーグが始まりまだ1度も白星を挙げられていない龍大。なんとしても「勝ち」を手に入れたい選手の気持ちが、ひしひしと伝わる。

IMG_6245

【写真】試合前のOFチーム

 

動きがあったのは第2Q、QB小澤(政4)からWR上田(社4)へのパスとRB嶋田(農4)のランでダウンを重ね、ゴールラインまで僅か3yd。しかし思うように進めず、4th& to goal。K石橋(国2)のフィールドキックで、先制点となる3点を追加。しかし、その後ランで大きく前進を許しTDを奪われ3-10。

 

RB堀(国4)のキックで後半がスタートする。リターンされたボールを止めることができず自陣への侵入を許す。DL由本(法4)の強烈なタックルでなんとかTDを免れるが、フィールドキックは成功し3-10。

 

第4Q、開始早々、近代の隙を見逃さずDB井上(営4)がインターセプト。ランで前進するも得点には繋がらない。その後、TDを許し、フィールドキック不成功により3-16と差を広げられる。しかし龍大に来た流れは止まらない。DB井上がまたもインターセプトを取り、ゴールまで残り約10yd。QB小澤からWR和田へのパスがつながりTD。長かったTDへの道に、選手たちの歓喜の声がフィールドに響いた。K石橋も安定したキックをみせ10-16。1TD差に縮める。DFチームもLB湯上(国4)、DL由本、DB石川(国2)のタックルにより1stダウンさえ許さない。攻守交替し、試合終了まで残り1:50。空中戦に強いWR上田への細やかなパスが連続で成功し1stダウン獲得。ゴールラインまで残り僅かだが、時間も迫る。4th& to goal、ギャンブルを選択しパスを投じるが失敗に終わる。ここで試合終了。

IMG_7073

【写真】パスTDを決めた#13和田

 

第4Q、主将井上のインターセプトによりチームにさらなる盛り上がりをみせた。最後は勝機さえ見えたが、あと一歩及ばなかった。

 

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

―今日の試合を振り返ってみて

「今日の試合は、OFのCとガード2人の計3人に2年生を起用してみたので苦戦するだろなという予想はつけていたのですが、予想していた以上に苦戦しました。ただDFが2回のインターセプトを奪ったり、前半にはファンブルを奪ったりと大健闘してくれたので、そこは良かった点かなと。」

 

―前半かなり苦しい展開でしたが

「近大の守りをみてQBがオプションを決める際に混乱が見られました。あとはプレッシャーをかけられるなど、なかなか自分のリズムに乗れないところがありました。」

 

―今試合出場の多かった1年生QB石田に関して

「練習ではかなり落ち着いたプレーを見せていて、驚くほどいい選手です。小柄ですが、走れますし、投げるボールも上回生と遜色のない良いボールを放ります。将来性は高いですが、1回生なので緊張も見られますし、大学生のスピード感に遅れる場面も見られます。これから伸びる選手だと思っているので期待は高いです。」

 

―次戦に向けて

「前回のゲームが終わって、この場面でしてはいけないミスをしてしまうのが多いので、こういったミスを全員が考えて解決していくことで、格段に力が付くという話をしました。今日の試合では得点をした後に、キックリターンで大きく返されることもなく、一定の進歩が見られました。勝つためのシナリオが組みあがった試合だったので、これを次戦も続けていきます。」

 

〈井上主将のコメント〉

―今日の試合に向けて

「いつもより1日だけ多く日があったので、MTができて、気持ちの整理の面で役立ちました。前回も京産大戦が、メンタル的にしんどい負け方をしてしまったので、この切り替えはうまくできたと思います。」

 

―今日の試合を振り返って

「今日の試合のテーマは『とにかく先制点をとること』だったのですが、なかなかうまく運ぶことができませんでした。ただ春シーズンを通して『やられたらやり返す。最後には勝つ』戦い続けるというメンタルでやっています。点を取れられても落ち込むことなくプレーできていたので、よかったです。」

 

―ご自身の2度のインターセプトについて

「OFの調子が悪かったので、DFでビッグプレーを出して流れをつくりたいと思っていたので、自分自身狙っていたプレーではありました。」

 

―次戦にむけて

「スローガン『奪取』の通り、止まることなく切り替えて進んでいこうと思います。次は去年負けてしまった甲南大学なので、より一層気を引き締めて臨みます。」

 

(記事/写真 平川滉)

【アメリカンフットボール部】同Div.2所属京産大に敗北

2021年6月19日、KCAFL SPRING 2021対京産大戦が行われた。

前回の神戸大戦から中5日という短い練習期間で挑んだこの試合。前回以上に1年生など若手選手の出場が目立った。

 

IMG_3470

【写真】果敢にタックルするDB#39濱口(国1)

 

IMG_3796【写真】TDを決めたWR#6竹内(文2) 

[結果]

京産大 0-21-0-0 =21

龍大  0-0-7-7 =14

 

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

―今日の試合に向けて、短い期間でどのように調整してきたか

「まずは前回の試合での疲労をとることを選手に伝え、実質全体練習は水曜日の一日のみでした。」

 

―今日の試合を振り返ってみて

「今年の春の京産大のビデオがなく、今年の戦力に関して真っ白の状態だったので前半OF/DFうまくいかなかったのかなと思います。QB#16小澤がフルゲーム出るのが初めてで、ランでヤードを稼いで場面も多く後半足が攣っていたのでまだ調整が必要だなと感じています。

春のゲームとしては京産大の攻めの姿勢が大きかったので、すれ違いが生じてしまって苦労した部分はありました。DFは前回の試合から『ランプレーを止める』ことが課題になっています。京産大のOF全体に身長があって威圧感で負けてしまっている場面もちらほら見えたので、メンタルの修正をしていきたいなとは思っているのですが、これから毎週試合が続いているので難しい部分ではあります。ただ若い選手の育成という面で怪我のないように進めていこうと考えています。」

 

―1年生の出場が目立っていましたが

「上回生くらべて分量は落ちますけど、1年生も試合に参加し勝ち負けに関わってもらうことも大切なので、第三者からそのように見てもらえたのであれば目的は果たせたのかなと思います。」

 

―次の試合に向けて

「プレーの面で新たなことを加える時間はないので、微調整と、これまでの2試合を踏まえて疲れになるか躍起になるのかが秋に向けても重要なポイントになると思います。この1週間でメンタルが試されるのかなと、ここで折れるようであればそれまでのチームですし、踏ん張ってくれるのであればチャンスも広のかなと。」

 

〈井上主将のコメント〉

―今日の試合に向けて

「前回の試合で、流れを持っていかれたまま気分も下がって敗戦という形になってしまったので、最後まで戦い続けるというメンタリティーは大切にしてきました。」

―今日の試合を振り返ってみて

「前半はOF/DFともに浮足立ってしまって、本来のプレーができませんでした。また、自分たちはチャンスを生かせなかったのに。相手はしっかりチャンスをものにしていたのでそれが勝敗につながったのかなと思います。ただ、前半に大差がついたにもかかわらず、そこから巻き返そうという雰囲気もできたので収穫はありました。」

 

(記事/写真 平川滉)

 

【アメリカンフットボール部】春季リーグ初戦 神戸大に先制するもあと一歩及ばず

2021年6月13日、KCAFL SPRING 2021対神戸大戦が行われた。

 

本来であれば5月2日に初戦を迎えていた。しかし緊急事態宣言の発令により、期間中の試合は中止・延期が発表され、今後の状況が分からず不安定な時期を過ごした。連盟の判断により十分な感染対策を行ったうえで、『学生たちのモチベーションや成長の機会を確保するため』に無観客での再開が決まった。

 

龍大SEAHORSEの初戦は、1部所属の神戸大学。「1部昇格」を目標に掲げる今年、自分たちと1部の差がどれほどあるのか見極めるために必要な一戦。

 

第1Q、重要な先制点を揚げたのは龍大。2nd&3、長い怪我から復帰し今年のキーパーソンであるRB高橋(政4)のラン、WR上田(社4)へのパスが成功し、最後はOB小澤(政4)が自らのランでTDK石橋()のキックも成功し0-7

IMG_1735

【写真】自らのランでTDを決めるQB#16小澤

 

第2Q、定評のあるDFが活躍する。3rd to goal、追い詰められた龍大。ここでLB近藤(法3)QBサックで相手の前進を阻止。神戸大は4th でパントを選択し3-71st&10相手QBのパスをすかさずLB湯上(国4)がキャッチしインターセプト。攻守交替するも相手のDFから抜け出せず得点にはつながらない。再び好機が訪れる。2nd&10、相手のパスを主将DB井上(営4)がキャッチし、そのままランでTD3-14

IMG_2330

【写真】インターセプトでTDをとるDB#40井上

 

第3Q、この流れを切りたくない龍大だったが、開始早々2回の独走を許し17-14

 

第4Q、相手を止めることができず24-14QB小澤からのパスを相手にインターセプトされ攻守交替。2nd to goalLB石橋の強いタックルで何とかパントで抑え27-14OF最後の攻撃。2nd&5RB高橋がランで約25㍎の大きなゲイン。2nd to goalOLがうまく真ん中を開け、RB高橋(文3)TD。一本差まで詰め寄るが27-21で試合終了。

 

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

―今日の試合に向けてどういった練習をしてきましたか

「活動の人数制限がかかっている中だったので、なかなか全体練習ができませんでした。この試合は3回の全体練習で挑む形になりました。実践練習でも怪我をしないことを第一に行ったので、十分に準備ができたかと言われると、そうではないですね」

 

―今日の試合を振り返ってみていかがでしたか

「第1QOF/DF共にいい具合で試合を運べていたと思います。今回の試合は動ける選手をなるべく出させようと考えていたので、QBも4人ローテーションしてみたりと、ゲーム経験を積ませることに重きを置いていました。もちろん勝ちたかったですけど、それよりも経験値を上げさせようと試みました。」

 

―次戦に向けて

「やはりゲーム経験が少ない選手たちのミスが絡んでいたので、ミスにつながった原因を考えながら、そこに集中的に取り組んで少しでも改善させようと思います。」

 

〈井上主将のコメント〉

―今日の試合を振り返って

「結論を言えば、一番してはいけない負け方をしてしまったなと。試合前から、『準備の時間が短いのでミスが起こることは想定内だが最後に勝てればそれでいい。気持ちを切り替えて最後まで戦い抜き、試合時間0:00になったときに勝っていれば100点と同じ価値だ』と選手には伝えていたのですが、途中流れを相手に渡してしまって、踏ん張ることができませんでした。点差以上に、内容に不甲斐なさを感じています。」

 

―ご自身のTDに対して

「神戸大学と最後に戦ったのが2年前の秋シーズンで、その時は試合開始早々にTDをされていたので、DFとしては『一発やってやろう』という気持ちがありました。たまたまですけど、決めれてよかったです。」

(記事/写真 平川滉)

ページの先頭へ

ページの先頭へ