吹奏楽部

サマーコンサート2017を開催しました

6月25日(日)、京都府の八幡市文化センターにてサマーコンサート2017を開催しました。

IMG_9330

IMG_9328

今年度のサマーコンサートは、本番直前まで吹奏楽フェスタin大阪や福岡。北豊支部結成一周年記念コンサートなど他の演奏会があり、限られた練習時間でハイクオリティーな演奏を目指して部員一同精一杯練習に励みました。

今回の演奏会は、Ⅰ部に吹奏楽オリジナルステージ、Ⅱ部にはゲストにピアニストの松永貴志さんをお迎えしポップスステージ、そしてⅢ部はステージマーチングショーという三部構成で行いました。

Ⅰ部は2017年度全日本吹奏楽コンクール課題曲を4曲続けて演奏いたしました。まずはⅠ番「スケルツァンド」で幕を開けました。スケルツァンドとは「たわむれるように」「おどけて」などの意味があり、スケルツァンド感を出すことに部員一同苦労いたしました。明るくスピード感がある一曲目にふさわしいものとなったのではないでしょうか。次にⅡ番「マーチ・シャイニングロード」この曲は学生指揮四回生の山副慎ノ介が指揮を振りました。続いてⅢ番「インテルメッツォ」。タイトルのインテルメッツォとはドイツ語で「間奏曲」の意味を持ちますが、作曲者である保科洋氏は「歌(音楽の原点)のある曲」を意図して作曲したそうです。全体を通して豊かな表現力が要求される曲であり部員一同大変苦労した一曲です。そして課題曲最後の曲はⅣ番「マーチ 春風の通り道」です。この曲は学生指揮三回生の細川大輔が指揮を振りました。5曲目には7月に出場するスイスの大会、チューリッヒ国際青年音楽祭の自由曲として演奏する『バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲』を演奏いたしました。この曲は”夜明け”、”無言劇(パントマイム)”、”全員の踊り”で組まれており、よくコンサートなどで演奏される大変人気の曲です。古代ギリシャの恋愛物語を基づいており、その情景を思い浮かべながら演奏いたしました。チューリッヒ国際青年音楽祭、本番に向けて更に練習に励んでまいります。そしてⅠ部最後の曲には『組曲「シェイクスピア・ピクチャーズ」』を演奏。この曲は3つの特徴のあるシェイクスピア作品を元にナイジェル・ヘス氏が組曲を仕上げたもので、宮廷音楽らしい品格とスケールの大きさは、Ⅰ部の最後を飾るのにふさわしいものとなったのではないでしょうか。各楽器のソロと共に精一杯演奏いたしました。

IMG_9329

続くⅡ部は、ゲストにピアニストの松永貴志さんをお招きいたしました。1998年にカナダのカルガリーで開催された冬季オリンピックの公式テーマ曲として作曲された「Winter Games」に始まり、続けて久石譲作曲の「Summer」を演奏。3.4曲目には松永さんのソロで「Best」「Run」を披露いただきました。そして最後には『「海の上のピアニスト」ハイライト』を演奏いたしました。各楽器のソロもお楽しみいただけたのではないでしょうか。アンコールには松永さんのソロも披露いただきました。吹奏楽とピアノの美しい響きのステージをつくることが出来たのではないかと思っております。

IMG_9336

IMG_9335

そしてⅢ部は、「Les Misérables」をテーマにしたマーチングショーをお届けいたしました。「Overture」で幕を開け「At the End of the Day」「Castle on a Cloud」「The People’s Song」「The Final Battle」「Red and Black」「I Dreamed a Dream」「One Day More」と、Les Misérablesの有名な楽曲をフィーチャーし演奏いたしました。マーチングショーだけではなく、ガードショーやピットアンサンブルなども行いました。あの有名なLes Misérablesを演奏するという事に不安や緊張もありましたが、部員全員が音楽に没頭し演奏することができました。龍大なりの”革命”を起こすことが出来たのではないかと思います。会場が拍手に包まれる中、アンコールには全員で「One Day More」を演奏し、サマーコンサートの幕を閉じました。

IMG_9334

IMG_9307

満員のお客様のホールで演奏会を迎えることができ、部員一同本当に感謝しております。自分たちが恵まれている環境にいる事を再確認いたしました。ご指導くださいました先生方、素敵な音楽を奏でてくださった松永貴志さん、関係者の皆様。そして会場に足を運んでくださったらお客様。皆様のお陰により、最高のサマーコンサートをつくり上げる事が出来ました。本当にありがとうございました。

まだまだ未熟な私たちではありますが、これからもよりよい音楽作りに励みます。これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします!

龍谷大学吹奏楽フェスタin大阪を開催しました

6月18日(日)、ザ・シンフォニーホールにて、大阪府立北野高等学校、大阪府夕陽丘高校、四条畷学園高校と龍谷大学によるジョイントコンサート「龍谷大学吹奏楽フェスタ in 大阪」を開催しました。

IMG_0362

IMG_0361

演奏会のスタートは大阪府内の4校による単独演奏です。クラシックからポップス、そして吹奏楽オリジナル楽曲など様々なジャンルが楽しめるプログラムとなりました。高校生のフレッシュさが溢れる爽やかな演奏をお聴きいただけたのではないでしょうか。
龍谷大学の単独演奏では、1曲目に「高度な技術への指標」を演奏をしました。この曲は1972年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲であり、現在でもたくさんの演奏会で演奏されている大人気の曲です。次に、今年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲よりⅢ番「インテルメッツォ」をお届けしました。曲名にもある「インテルメッツォ」とは「歌心」を意味しており、楽譜上では表すことのできない音楽の歌心を表現しなければなりません。各奏者の技量も求められるこの曲にかなり苦戦しましたが、本番では龍谷大学らしい”歌心”を表現できたのではないかと思います。3曲目は毎回のフェスタでおなじみの「クラリネットキャンディ」、そして最後に名曲ボレロをポップス調にアレンジした「BOLERO in pops」、各パートのソロがあり、それぞれのサウンドの違いを楽しんでいただけたのではないでしょうか。

IMG_0359

IMG_0358

IMG_0360

合同演奏では、1曲目に「アフリカンシンフォニー」を演奏し、2曲目の「花は咲く」では会場のお客様の歌声と一体になりホール中が暖かい気持ちに包まれました。アンコールに「宝島」を演奏し、鳴り止まぬ拍手の中、演奏会の幕を閉じました。

「吹奏楽フェスタin大阪」は今年で9回目を数えます。こうして継続的に開催し続けられますのも、共演してくださる中高生の皆さんや、演奏会に足を運んでくださるお客様がいるからです。これからも、この感謝の気持ちを音楽に込めて皆さまにお届けできるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。ご来場くださいました皆さま、本当にありがとございました。

ルシオール アート キッズフェスティバル に出演しました

5月14日(日)、滋賀県守山市にある守山市民ホールにて開催された「6th ルシオール アートキッズフェスティバル」内イベント「吹奏楽コンサート”龍谷大学&市内6中学校が奏でるブラスの響き」に出演しました。
「ルシオール アートキッズフェスティバル」は毎年参加している「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」と連携したイベントで、文化芸術を広めるという目的で今年度は両イベントに参加しました。演奏会では、市内6中学校滋賀県守山市内の立命館守山中学校、滋賀県立守山中学校、守山市立明富中学校、守山市立守山中学校、守山市立守山北中学校、守山市立守山南中学校の皆さんと共演しました。

243A3586

前日の5月13日(土)は開催場所のホールでのリハーサルです。総勢200人以上の全出演団体との合同練習もおこない、合同ステージの練習前には日頃私たちが行っている基礎合奏に一緒に取り組みました。楽器を始めてまだ数年という中学生の皆さんへの指導は、基礎や初心を振り返る大切な機会となりました。丸一日使ってのリハーサルを終え、迎えた本番。
開会式に先立ち、龍谷大学吹奏楽部が開会ファンファーレとして「ドラゴンバレー序曲」を演奏しました。
守山市長や滋賀県副知事などのあいさつのあと、中学校の単独ステージのスタートです。6校の中学校は立奏、座奏と演奏形態は様々でパフォーマンス付きのフレッシュな演奏が繰り広げられました。単独ステージ最後は龍谷大学吹奏楽部の演奏です。ジョン・フィリップ・スーザ作曲「美中の美」で美しいメロディーが特徴的な行進曲を披露、続けて「サンドペーパー・バレエ」を演奏。3曲目に演奏した「恋」では、演奏に合わせて近年一世を風靡した恋ダンスを、共演した6中学校の生徒の皆さんと共に披露いたしました。最後にアラム・ハチャトゥリアン作曲「仮面舞踏会」より1楽章「ワルツ」と5楽章「ギャロップ」を披露。アンコールの声に応え、「星条旗よ永遠なれ in Swing」で単独ステージを華やかに締めました。

IMG_5711

各中学校のフレッシュなステージをお楽しみいただいた後の私たちの演奏はいかがでしたでしょうか。「大学生らしさ」が音楽を通して伝わっていれば幸いです。
演奏会最後は合同ステージです。「ラデツキー行進曲」「『西部の人たち』序曲」「アフリカン・シンフォニー」の3曲を総勢約220名という壮大なスケールで演奏をお届けし、演奏会は幕を下ろしました。

IMG_5710

IMG_5709

文化芸術を広めることを目的とした今回のイベント、お越しいただいたお客様はもちろん、共演した中学生の皆さんに「音楽」の楽しさや素晴らしさを感じていただけたのではないかと感じます。私たちも「音楽」を伝えることを通し、改めて音楽を楽しむことの出来る環境に「感謝」することが出来ました。

これからの龍谷大学吹奏楽部は大阪、高岡、金沢、スイスなどでの演奏会や、7月のサマーコンサート、12月の定期演奏会といった自主演奏会など様々な場所で演奏いたします。これからも、全国各地で私たちの「音楽」をお届けしていきますので、是非足を運んでいただければと思います。

龍谷大学吹奏楽フェスタin愛知を開催しました

5月7日(日)、愛知県豊田市民文化会館にて、愛知工業大学名電高等学校、桜丘高等学校、愛知県立木曽川高等学校、光ヶ丘女子高等学校、愛知県立岡崎東高等学校、愛知県立蒲部東高等学校と龍谷大学吹奏楽部によるジョイントコンサート、龍谷大学吹奏楽フェスタin愛知を開催しました。

前日の5月6日(土)は尾西市民会館にて西尾張地区課題曲講習会&コンサートをおこないました。
課題曲講習会では龍谷大学吹奏楽部がモデルバンドとなり、若林義人音楽監督、児玉知郎コーチが2017年度全日本吹奏楽コンクール課題曲を指揮と解説。楽器を持って参加した中高生と共にステージで一緒に演奏したり、生徒からの質問や顧問の先生の指揮講習会も実施するなど、充実した課題曲講習会となったのではないでしょうか。
講習会後におこなった龍谷大学吹奏楽部によるミニコンサートでは ビールのCMでお馴染み「ゲバゲバ90分」で華やかに幕を開け、ベルギーの作曲家 ヤン・ヴァン・デル・ロースト作曲の「アルセナール」を演奏。最後に 「星条旗よ永遠なれ」を演奏しました。

そして、7日(日)吹奏楽フェスタin愛知の開催です。
まずはじめに愛知県内の高校4校による単独演奏です。各校の個性が溢れるサウンドを楽しんでいただけたのではないでしょうか。
私たち龍谷大学吹奏楽部は単独演奏のトリを務めました。まず最初に演奏しましたのは「ブルーインパルス」です。ノリの良いリズムとビートが楽しめるこの曲はオープニングにぴったりの曲だったのではないでしょうか。
2曲目は「祝典行進曲」を演奏しました。華やかなファンファーレで始まるこの曲は、元天皇陛下のご成婚を祝して1959年に作曲されました。1964年の東京オリンピック、1984年のロサンゼルスオリンピックの開会式でも演奏されるなど、様々な場面にぴったりの曲をお聴きいただきました。
そして龍谷大学吹奏楽部の定番曲となってきた「クラリネットキャンディ」、最後に「仮面舞踏会」を演奏しました。この曲はミハイル・レールモントフの戯曲『仮面舞踏会』を題材にし、 アラム・ハチャトゥリアンによって作曲されました。5楽章の組曲となっておりますが 今回は1楽章のwaltz (ワルツ)、5楽章のgallop(ギャロップ)を演奏しました。
様々なジャンルの曲目でお届けしましたが、龍谷大学吹奏楽部らしい演奏で披露できたのではないでしょうか。

そして演奏会のフィナーレは全出演団体による合同ステージです。
単独演奏をおこなった4校に加えて、愛知県立岡崎東高等学校、愛知県立蒲部東高等学校の2校も参加し、龍谷大学を含めた全7校による迫力の演奏をお届けしました。「アフリカンシンフォニー」に続き、2曲目の「花は咲く」では愛知県吹奏楽連盟の斎藤理事長に指揮を振っていただきました。吹奏楽のサウンドと美しい歌声がホールを包み込み、まさに会場が一体となりました。アンコールでは「宝島」を演奏。裏方をしていた部員も参加したくさん笑顔が溢れる中、演奏会の幕を閉じることができました。

今回は、新入生も加わり、新体制になってから初めての吹奏楽フェスタでした。吹奏楽フェスタでは、楽器の技術だけではなく、裏方の仕事やコンサートの運営など様々なことを学ぶことができる機会でもあります。新入生だけでなく 部員全員が、回を重ねるごとに成長していけるよう活動していきたいです。

龍谷大学吹奏楽フェスタin愛知にご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

ページの先頭へ

ページの先頭へ