吹奏楽部

吹奏楽フェスタin徳島を開催しました

6月9日(土)に課題曲クリニック、6月10日(日)に吹奏楽フェスタに徳島を鳴門市文化会館にて開催いたしましました。

image6

image7

6月9日(土)に行われた課題曲クリニックでは、徳島市津田中学校・石井町石井中学校・北島町立北島中学校・鳴門教育大学附属中学校・鳴門市第一中学校の中学校5校、徳島県立徳島商業高校・徳島県立徳島北高等学校・徳島県立名西高等学校の高等学校3校の合計約350人の中高生が参加されましました。

課題曲クリニックは2018年度全日本吹奏楽コンクール課題曲よりⅡ番「マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ」を龍谷大学吹奏楽部が模範演奏を、続いてⅣ番「コンサート・マーチ「虹色の未来へ」」を徳島商業高等学校がモデルバンドとして模範演奏しました。クリニックでは、参加された中高生も楽器を持ち寄り、一緒に演奏しながらクリニックを進めるという形をとりました。指導者や大学生のアドバイスに熱心に耳を傾けられている様子がうかがえました。
全体合奏後はホール内にて楽器ごとに分かれた質問コーナーが行われ、その中で更に交流を深めることが出来ました。質問をする際に持ち込まれた生徒の譜面には、演奏する際の注意点が丁寧に書き込んであり、徳島県の中高生の音楽に向き合う真摯さが感じられましました。

image1

image3

翌日の吹奏楽フェスタで徳島では、徳島県立城南高等学校・徳島県立城ノ内高等学校・徳島県立徳島商業高等学校・徳島市八万中学校の4団体がそれぞれ単独演奏を披露されましました。休憩後の龍谷大学吹奏楽部の単独演奏は、「高度な技術への指標」から華やかに単独ステージのオープニングを飾りました。この曲は過去の全日本吹奏楽コンクールの課題曲であり、ジャズやサンバを取り入れた楽しい一曲となっています。
次に、前日の課題曲クリニックで行ったマーチ2曲を演奏。続いて軽快でかわいらしい曲調の「クラリネット・キャンディー」や、大人気アニメ「ドラえもん」のテーマ曲をアレンジした「ジャズ・コレクション第2弾~ドラえもん組曲~」をお届けしましました。

演奏会メインとなる参加団体全員による合同演奏では、「アフリカン・シンフォニー」を1曲目に演奏しました。曲の雰囲気をより表現するために、生徒が動物の鳴き声を真似た演出をお楽しみいただけたのではないでしょうか。そしてNHK東日本大震災プロジェクトのテーマソングである「花は咲く」を合唱と演奏でお届けしました。アンコールとしてお送りした「宝島」は、過去最高の盛り上がりを見せ、拍手の鳴り止まない中、終演しましました。

この2日間、徳島県の多くの中高生と関わり、演奏や質問コーナーなどで交流することにより、新たな発見をすることが出来ました。また、徳島の中高生はとても元気で、今回のフェスタを大いに盛り上げていただき、演奏会が刺激あるものになりました。今回徳島で学んだことを活かし、サマーコンサートなどこれからの行事に向けて努力して参ります。

image5

image4

第7回ルシオール アートキッズフェスティバル「ルシオールブラスフェス」に出演しました

5月12日(土)、13日(日)の2日間にわたり、滋賀県守山市民ホールにて第7回ルシオール アートキッズフェスティバル「ルシオールブラスフェス」にてを龍谷大学吹奏楽部は、守山市内の6中学校、3高校、1社会人吹奏楽団とのコラボレーションしました。

image1

12日(土)は、まず、守山市民吹奏楽団、立命館守山中学校、滋賀県立守山中学校、守山市立守山北中学校、守山市立守山中学校、守山市立明富中学校、守山市立守山南中学校の7団体がそれぞれ単独演奏を披露されました。その後には、1日目のメインステージである、参加団体の中学3年生と龍谷大学吹奏楽部、約250名による合同演奏を行いました。
今回のルシオール アートキッズフェスティバルのテーマが「オリエント急行で巡る音楽の旅」であり、今回は「汽車」や「鉄道」などにちなんだ曲をセレクト。初めに2001年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲であった「行進曲『SLが行く』」をお届けし、次にアイルランド系の線路工夫たちが歌っていた労働歌である「線路は続くよどこまでも」を演奏。プログラム最後の曲はアニメの主題歌として有名となった「銀河鉄道999」を披露いたしました。アンコールでは冒頭にジャングルを彷彿とさせるアレンジを加えた「アフリカン・シンフォニー」を演奏し、1日目のブラスフェスは終了しました。

image4

image2

2日目の13日(日)は、オープニングに龍谷大学吹奏楽部が開会を告げるファンファーレとして「ドラゴンバレー序曲」をカットバージョンで演奏しました。華々しいファンファーレの後に宮本和宏守山市長のあいさつで「第7回ルシオール アートキッズフェスティバル」がスタートされました。そのままステージ上ではブラスフェスが進行します。2日目は守山市内の高校3講とのジョイントコンサートで、滋賀県立守山北高校、立命館守山高校、滋賀県立守山高校がそれぞれ単独演奏披露しました。その後の龍谷大学の単独演奏では、2003年度全日本吹奏楽コンクール課題曲V「マーチ『列車で行こう』」や、列車が動き出すような曲調から始まる「A列車で行こう」を演奏し、トランペットやサクソフォンのソロを存分にお楽しみいただけたのではないでしょうか。続いて龍谷大学吹奏楽部の定番「クラリネット・キャンディ」、国民的アニメ「ドラえもん」の定番曲をアレンジした「Jazz コレクション Vol.2 -ドラえもん組曲-」を披露し、単独演奏を終えました。
ブラスフェス2日間のメインは高校生と大学生の合同演奏です。

image2 (1)

image3 (1)

「A列車で行こう」がビッグバンドの有名な曲をメドレーにした「ビッグバンド・ショーケース」、今回のルシオールのメインテーマである「オリエント急行」を演奏しました。2曲とも中学生よりレベルの高い選曲をしましたが、さすがは高校生、たった2時間ほどの合同練習で見事に演奏会で披露できるまでのレベルまで出来ました。そして、鳴り止まない拍手に応えて、最後にアンコールとして「宝島」を出演者全員で演奏し、2日間のブラスフェスは幕を下ろしました。
2日目はあいにくの雨であったにも関わらずたくさんのお客様にお越しいただきました。今回は「オリエント急行で巡る音楽の旅」という演奏会のテーマにちなんで、列車に関する曲を多く演奏いたしましたが、汽笛や列車の出発を知らせる笛の音、列車が走る様子などを、いかに「列車らしく」聴こえるか試行錯誤しながら練習に臨みました。これからもより表現力を高めた演奏が出来るよう努力して参ります。
関係者の方々、参加団体の方々、ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

image6

image5

image3

2018年度課題曲講習会in守山に出演しました

4月28日(土)、守山市民ホールにて 郷間幹男の2018年度課題曲講習会in守山 が行われ、龍谷大学吹奏楽部のメイン団体として出演しました。

image7

今回の演奏会は守山市立守山中学校、守山市立守山北中学校、滋賀県立守山中学校・高等学校、立命館守山中学校・高等学校のそれぞれの吹奏楽部4団体が参加し、それぞれ単独演奏を披露されました。
龍谷大学吹奏楽部のステージの冒頭は課題曲講習会です。龍谷大学吹奏楽部はモデルバンドとして模範演奏をお届けしました。
まず始めに、2018年度全日本吹奏楽コンクール課題曲より塩見康史作曲 Ⅰ番「古き森の戦記」、一ノ瀬季生作曲 Ⅱ番「マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ」、高昌帥作曲 Ⅲ番「 吹奏楽のための『ワルツ』」を演奏しました。
3曲の演奏と解説はワンポイントのみで、講習会ステージメインは、作曲者自らの指揮・解説による課題曲Ⅳ「コンサート・マーチ『虹色の未来へ』」です。
作曲者の郷間幹男氏は、滋賀県守山市出身で、吹奏楽譜などを出版している株式会社ウィンズスコアの代表取締役でもあります。そもそも今回の課題曲講習会は、龍谷大学吹奏楽部とも縁深いウィンズスコア社の連携のもと開催が実現しております。課題曲Ⅳ「コンサート・マーチ『虹色の未来へ』」の解説は、作曲者ならではのポイントを押さえた解説だけでなく、数々のバンドを全国大会に導いたサウンドトレーナーとしての視点によるサウンドの作り方など、短い時間でありながらも内容の濃い講習会となりました。
10分間の休憩を挟み、いよいよ龍谷大学吹奏楽部のステージです。
単独演奏の冒頭では、任侠映画の「新・仁義なき戦い」のテーマ音楽である「キル・ビル」を演奏。その後のブラスロック調にアレンジされた「キューティーハニー」では、踊り隊を加え演奏に華を添えました。次に国民的アニメである「ドラえもん」の定番の3曲をジャズ風にアレンジした懐かしくも新しい「Jazz コレクション Vol.2〜ドラえもん組曲〜」を披露し、現在でもジャズのスタンダードナンバーとして知られている「I Got Rhythm」を郷間幹男氏の指揮のもと演奏し、演奏会は幕を閉じました。

今回は単独演奏だけではなくモデルバンドとしても演奏をさせていただき、普段と違う緊張感で演奏会に臨むことができました。また、龍谷大学吹奏楽部は先月、新入生を迎え総勢190人を超える大所帯となりました。より迫力のある演奏をお届けできるよう努力してまいりますので、今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

image6

image5

image4

image3

image2

image1

卒業式と入学式にて演奏しました

3月14日(木)、3月15日(金)には卒業式、4月1日(日)、4月2日(月)には入学式が行われ、龍谷大学吹奏楽部は全ての式典にて演奏で参加しました。

卒業式では、最初に「ドラゴンバレー序曲」のファンファーレを演奏し式典の開会を告げました。また、式典の終わりには学歌や、卒業生退場のBGMとして爽やかなマーチの「海を越える握手」やNHK連続テレビ小説「わろてんか」の主題歌である「明日はどこから」、卒業式の定番曲でもある「3月9日」や「未来へ」を披露し、卒業生を送り出しました。また、深草キャンパスでの午後からの卒業式では、吹奏楽部の卒部生のリクエストで龍谷大学吹奏楽部の定番曲である「ブラジル」を急遽演奏いたしました。

入学式では、開会のファンファーレや学歌、退場曲として力強いメロディが魅力的である「ポップス・マーチ「すてきな日々」」や、イングランドの伝説的なロックバンド「ディープ・パープル」の数ある名曲をメドレー化した「ディープ・パープル・メドレー」、誰もが一度は聴いたことのある「銀河鉄道999」などを披露しました。また、深草キャンパスでは、式典後の歓迎プログラムとして、龍谷大学バトン・チアSPIRITSの方々と「ブラジル」でコラボパフォーマンスを披露しました。
更に、入学式では、4月8日のお釈迦さまのご生誕をお祝いする日に日程が近いことから、「花まつり」パレードを学内で開催。そのパレードにおいて、私たち吹奏楽部は紫のパレードコートに身を包んでキャンパス内をパレードで演奏で練り歩き、「エレクトリカル・パレード」と「宝島」を演奏しました。座奏とはまた一味違う演奏をお届け出来たのではないでしょうか。

毎年吹奏楽部として、龍谷大学の生徒の大学生活における始まりと終わりの日に関わることができ、部員一同とても嬉しく思っています。本入部の日が刻一刻と差し迫っていますが、新入生を加えてからの新たな龍谷大学吹奏楽部の活躍にもぜひご注目ください。

image1

image4

image5

image6

image7

image8

image9

ページの先頭へ

ページの先頭へ