吹奏楽部

全日本吹奏楽コンクールにて10回目となる金賞を受賞!

10月29日(土)、第64回全日本吹奏楽コンクール大学の部(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)にて2年連続、10回目となる金賞を受賞しました。

<演奏曲目>
課題曲:3番「ある英雄の記憶~「虹の国と氷の国」」
自由曲:「バレエ音楽「火の鳥」」

img_0217

メンバーは10月27日(木)の授業終了後に石川県に向けて出発。バスで片道約4時間の距離を移動しました。
28日(金)はコスモアイル羽咋にて最終調整を行いました。石川県は京都より肌寒く、メンバーの体調が心配でした。季節の変わり目の影響もあり、部員の中には咳き込むメンバーもいましたが、皆が緊張感を持ち良い雰囲気で練習できたと思います。翌28日(金)の朝、全員が元気に顔を合わせ、誰一人体調を崩すこと無く本番を迎えられたことに安堵しました。
当日の移動中のバス車内でコンクールメンバー以外の約100人の部員からのメッセージ動画を見ました。同じ仲間からの応援、コンクールメンバーの心に響き、気持ちは最高潮に高まりました。
本番会場である歌劇座に到着すると、演奏後の写真撮影を行なっている団体や積み下ろし行なっている団体など、その光景に一気に緊張感が高まりました。本番直前のリハーサルでは若林監督から「いつも通りに演奏すれば大丈夫だから、いつも通りにね」との言葉に部員の不安は一気に和らぎました。いよいよ私達の本番。演奏開始の1音目から最後の1音までは、ほんの一瞬の出来事でした。演奏を終えてから写真撮影までの移動中、部員の表情は最高でした。今までの緊張が解き放たれ、部員通し抱き合ったり、感極まり涙を流している部員もいました。
前団体の演奏を終えて、いよいよ結果発表です。自分たちの演奏に対して部員に後悔は一切ありません。出演番号1番から発表されていき、私達は10番。自信、不安など様々な感情があり、緊張は高まるばかり。結果は「金賞ゴールド」その瞬間、部員達の感情が爆発しました。
2年連続の金賞受賞。本当に嬉しいことです。
金賞をいただけたのは多くの方々のご支援があってのことです。若林監督、児玉コーチをはじめ、ご指導いただきました先生方に本当に感謝しております。また、金沢歌劇座まで駆けつけていただいた保護者の方々やOBOG、学校関係者の方々の応援はとても私達の励みになりました。金賞という結果は部員全員で獲得したものであり、今回コンクールの舞台に乗れなかった部員達のサポートがなければこの結果はなかったと思います。

img_0219

img_0218

今年度の関西大会では、全国大会への代表校枠が2校から1校になった中で代表権を勝ち取り、2年連続金賞への期待、来年の創部50年など、様々なプレッシャーの中、練習を重ねることで重圧を振り切りました。今回の全国大会出場で、1986年以来20回目の全国大会出場となり、その節目となる今回に金賞を受賞できたことも大きな喜びです。

まだまだ未熟な私たちですが、龍谷大学吹奏楽部の音楽をたくさんの方に聞いていただき、満足していただけるよう精進して参ります。これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

【今後の主なスケジュール】
11月6日(日) 吹奏楽フェスタin香川(香川県:サンポートホール)
12月3日(土) 第43回定期演奏会(滋賀県:県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール)
12月26日(月) 第43回定期演奏会 大阪公演(大阪府:ザ・シンフォニーホール)
その他、アメフト応援や地域における演奏会などに出演する予定です。

近畿大学吹奏楽部×龍谷大学吹奏楽部 ジョイントコンサート2016を開催

9月18日(日)、近畿大学 東大阪キャンパス 11月ホールにて、近畿大学吹奏楽部×龍谷大学吹奏楽部 ジョイントコンサート2016を開催しました。

全体集合写真

全体集合写真

img_3127

img_3125

近畿大学吹奏楽部と、私たち龍谷大学吹奏楽部は、それぞれ自分たちらしい音楽を追求して日々練習に励んでいる仲間であり、互いを高め合う良きライバルでもあります。今回、個々数年来念願であった両校のジョイントコンサートを遂に開催することができました。

このジョイントコンサートは、Ⅰ部に近畿大学吹奏楽部の単独演奏、Ⅱ部に龍谷大学吹奏楽部の単独演奏、Ⅲ部に両校の合同演奏を行う3部構成です。

第Ⅰ部では、近畿大学吹奏楽部が今年度の自由曲である「レブロール」を皮切りに、「マードックからの最後の手紙(特別版)」、「サウンド・オブ・ミュージック・コレクション」、「アルメニアン・ダンス パートⅠ」の4曲を演奏され、舞台裏では、龍谷大学吹奏楽部の部員一同、素晴らしい演奏に聞き入っていました。

第Ⅱ部の龍谷大学吹奏楽部の演奏では、過去の全日本吹奏楽コンクール課題曲より「高度な技術への指標」、「かぞえうた」、そして今年度の龍谷大学吹奏楽部自由曲である バレエ音楽「火の鳥」を演奏。
その後、様々な楽器のソロが登場する「Bolero in Pops」、演奏に合わせコーラスを加えた「Hey Jude」、最後に部員全員による「星条旗よ永遠なれ」をお届けしました。聞いている人も笑顔になれるような、「龍谷大学吹奏楽部らしい演奏」をお届けできたのではないでしょうか。

第Ⅲ部では、近畿大学吹奏楽部と龍谷大学吹奏楽部による合同演奏です。当部音楽監督 若林義人指揮による「大学祝典ファンファーレ」で盛大に始まり、続く2曲目には近畿大学吹奏楽部 森下治郎先生による指揮で「交響的三章」をお送りしました。そして、演奏会プログラムの最後は、指揮を若林義人に戻し、華やかな「威風堂々」を演奏しました。この合同演奏ステージですが、本番当日のたった2時間ほどの合わせ練習にもかかわらず、タイプの異なる2バンドが見事に融合した演奏を披露できたのではないでしょうか。
鳴り止まない拍手にお応えし、各校学生指揮のふたりによるアンコール曲「ジェラート・コン・カフェ」、「September」を近畿大学と龍谷大学の2校の学生指揮者と吹奏楽部員全員で演奏し、演奏会の幕を閉じました。

img_3126

img_3128

コンサート終演後には、各校の部員全員と指導者や関係者の方々を交え懇親会を行い、この機会を通してより深い素晴らしい関係を築けたと思っております。

今回のジョイントコンサートは事前予約の時点で定員を超えるご予約を頂、当日の開場は会場は満員となりました。ご来場していただいたお客様に心より感謝を申し上げます。これからも互いに高め合い頑張って参りますので、両校吹奏楽部への応援、どうかよろしくお願いいたします。

第24回夕照コンサートを開催

8月27日(土)、第24回目の夕照コンサートを開催しました。毎年、龍谷大学瀬田キャンパス内で実施している夕照コンサートは、近隣の小学校、中学校、高校の吹奏楽部も参加するコンサートで、今回は15団体が出演しました。私たち龍谷大学の演奏だけでなく、様々な世代の演奏を聴くことができる、とても貴重な機会です。

IMG_2439

<出演団体>
田上小学校ブラスバンドクラブ
南郷小学校ブラスバンドクラブ
平野小学校ブラスバンドクラブ
瀬田南小学校ブラスバンドクラブ
瀬田東小学校金管バンドクラブ
瀬田北小学校金管バンドクラブ
玉川中学校吹奏楽部
瀬田中学校吹奏楽部
瀬田北中学校吹奏楽部
近江兄弟社高等学校吹奏楽部
草津東高等学校吹奏楽部
東大津高等学校吹奏楽部
比叡山高等学校吹奏楽委員会
玉川高等学校吹奏楽部
龍谷大学吹奏楽部

夕照コンサートの開演前には、同日に行われていた龍谷大学のオープンキャンパスにてクラブアトラクションコーナーで演奏。立奏形態での演奏でしたが、沢山の高校生、保護者の方々が見に来てくださり、温かい拍手と声援をいただきました。ありがとうございました。

オープンキャンパスでの演奏の様子

オープンキャンパスでの演奏の様子

夕刻より始まった夕照コンサート、オープニングの華々しいファンファーレを演奏した後は、龍谷大学バトン・チアSPIRITSの方々とコラボ演奏を披露。その後、14団体の参加校の演奏のあと、取りを務めるのは龍谷大学吹奏楽部です。

一曲目に明るい未来へ向けて頑張ろうという意味が込められた、マーチ「希望の光」、続く二曲目にはディズニー映画「魔法にかけられて」よりメドレー、三曲目に映画音楽界の巨匠 ヘンリー・マンシーニ作品を集めた「シネマ・マンシーニ」で様々な楽器のソロをお届けしました。最後に、今も尚愛されている名曲 1977年度 吹奏楽コンクールの課題曲「ディスコ・キッド」を演奏しました。

単独演奏の様子

単独演奏の様子

IMG_2440

また、本日は特別に龍谷大学学長の赤松徹眞学長の指揮で「花は咲く」を演奏し、会場のお客様にも合唱で演奏に参加していただきました。鳴り止まない拍手、アンコールの声に応えて「ブラジル」を演奏し、今年度の夕照コンサートが終了しました。

8月末、夏の大きなイベントである吹奏楽コンクール関西大会も終了し、夕照コンサートも無事成功に終えることが出来ました。
今年も夏が終わり、部員一同達成感に満ち溢れています。9月には、広島での吹奏楽フェスタや近畿大学吹奏楽部とのジョイントコンサート、龍谷ジュニアキャンパスなど沢山の本番を控えております。
2016年度下半期も精一杯頑張って参りますので、是非私たち龍谷大学吹奏楽部の演奏会に足を運んだいただければと思っております。
これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

【吹奏楽部】第66回関西吹奏楽吹奏楽コンクールにて金賞受賞!全国の舞台へ。

8月21日(日)、和歌山県民文化会館にて全日本吹奏楽コンクールの予選である第66回関西吹奏楽吹奏楽コンクールが行われました。
その結果、金賞を受賞し関西の代表として10月29日(土)に石川県金沢市の金沢歌劇座にて開催される全国大会へ出場することが決定しました。

龍谷大学吹奏楽部は150人以上の部員が在籍しており、その中からコンクールに出場できるのは55人。
部の代表として、青いブレザーを身につけて舞台に立つ。関西大会は出られない部員の想いを背負い臨んだ舞台でもあります。
今年は昨年までとは違い、関西大会から全国大会への出場枠が1つになったこともあり、京都府大会からの2週間は例年以上に追い込んだ練習をしました。
もし、全国大会に行けなかったらどうしよう。そんな不安を抱えながらも時間は進み、関西大会に向けてできる限りの準備をしました。

そうして迎えた関西大会当日。出演時間が午前中であったため、和歌山県に前日から宿泊し、当日の朝、向陽高校を練習場所としてお借りしました。向陽高校の吹奏楽部員の皆様、顧問の先生には練習場所を貸していただいたうえに、練習場所のセッティングなどの準備を早朝からしていただき深く感謝しております。

練習を終え、和歌山県民文化会館に向かい、本番の12分間が終わるまであっという間でした。気がつけば結果発表を迎えていた、そんな印象です。
結果を聞いたときの部員の歓喜の叫び声と抱き合っている姿は今でも忘れられません。
これから全国大会に向けて益々練習に励むと共に、夕照コンサートや広島フェスタ、福井フェスタなどこれからの本番にも部員一丸となって臨んで参りたいと考えております。

最後になりましたが、今回関西大会金賞、そして関西代表をいただけたのは、ご指導くださいました先生方をはじめ、私たちをご支援してくださいました皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

まだまだ未熟ではございますが、全国大会で最高の演奏ができるよう部員全員で頑張って参りますので、これからも私たち龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

<全国大会までのスケジュール>

8/27(土) 夕照コンサート(瀬田キャンパス)
9/11(日) 吹奏楽フェスタin広島
入場無料・お申し込みはこちら→https://www.ryukoku.ac.jp/festa/
9/18(日) 近畿大学とのジョイントコンサート(近畿大学)
9/25(日) REC龍谷ジュニアキャンパス(瀬田キャンパス)
9/30(金) バトンチアSPIRITS単独公演 (呉竹ホール)
10/2(日) 吹奏楽フェスタin福井
入場無料・お申し込みはこちら→https://www.ryukoku.ac.jp/festa/

10/29(土) 第64回全日本吹奏楽コンクール(金沢歌劇座)

無

無題2

無題3

ページの先頭へ

ページの先頭へ