吹奏楽部

RECジュニアキャンパス吹奏楽体験スクールを開催しました

11月18日(日)、龍谷大学の瀬田キャンパスにてRECジュニアキャンパス吹奏楽体験スクールを開催しました。
このイベントは、楽器体験や指揮者体験、マーチング体験を通して吹奏楽の楽しさを小学生に伝えること目的としています。

image8

第1部の座奏ステージでは、知名度が高く疾走感の溢れる「名探偵コナンメインテーマ」を筆頭に、有名なアニメに関係する曲目を中心にお届けしました。2曲目には楽器紹介を兼ねました「ディズニー「白雪姫」より口笛を吹いて働こう」を披露し、演奏後には楽器の名前当てクイズを出題しました。解答したお子さんは見事全員正解で、会場は非常に盛り上がりました。次の「ラデツキー行進曲」では、会場の中から4名が指揮台に登り、指揮者体験を行いました。最後はお客さま全員で指揮を振り、自分がバンドを操る感覚を体験してもらい、会場内たくさんの笑顔が見られました。続いてお送りした「世界名作アニメコレクション」では、名作アニメのあらすじを部員手作りの紙芝居で紹介し演奏を行いました。その後「サザエさん」とンコールの「ブラジル」を披露し、盛大に第1部を終演することが出来ましました。

「参加した小学生はとても素直で、楽器当てクイズや指揮者体験の時にも積極的に手を上げて参加してくれました。反応を見ると、楽しんでもらえたようなので本当に良かったです。これからも、どんな年代の方にも楽しんでいただける演奏会を作っていきたいです。」
(理工学部物質化学科クラリネットパート3回生学生指揮田中星次郎)

image1

image2

image3

第2部は、体育館に会場を移し龍谷大学吹奏楽部によるマーチングショーを披露しました。今回は「ジュラシックパーク」「パイレーツオブカリビアン」など、有名な映画の挿入歌をピックアップした「シネマワールド」をテーマに演奏。今年は例年より早きます練習に取り掛かった為、より迫力のあるショーをお届け出来たのではないでしょうか。また、プログラム最後の「サウンド・オブ・ミュージック」では、ガードメンバーによる様々な小道具を用いたガードショーを披露しました。一糸乱れぬガードメンバーのフラッグさばきに、時おりお客さんから拍手が湧き起こる場面もありました。アンコールではその曲中の「ドレミの歌」を再度演奏し、大盛り上がりのなか、終演となりましました。

「学生のメンバーの中にはマーチング未経験者もいた為、初めは不安がありました。毎回の練習に基礎練習を入れ、基礎力とモチベーション向上に力を入れて取り組んだ結果、本番では今までで一番演奏・演技をすることが出来たように思います。何より部員の笑顔が素敵でした!選曲においても、小学生以下が対象で年齢に幅があるので、どのような曲やテーマにすれば皆さん喜んでもらえるのかということに悩みました。年齢は様々でも、マーチングのかっこよさを感じていただきたいという気持ちを念頭に置き、ステージを作り上げました。」
(社会学部社会学科サックスパート3回生ドラムメジャー三木麻未)

image4

image5

第3部は小学生たちにマーチングや楽器演奏を体験してもらう体験コーナーの時間です。初めて触る楽器に興味津々で、音を鳴らせたときの喜びように、大学生たちも自分のことのように嬉しく少し誇らしげになることができました。

image7

image6

RECジュニアキャンパス吹奏楽体験スクールの開催地を龍谷大学瀬田キャンパスに移してから今年で3年目を迎えました。
いつもの練習場所である青朋館を目一杯飾り付けることも恒例になり、部員の密かな楽しみになっています。青朋館に訪れて楽器体験や音楽鑑賞など様々な形で音楽に触れる子どもたちの姿に、音楽を純粋に楽しむことの大切さを教えてもらうことが出来ました本番となりました。ご来場いただきました皆さま、ありがとうございましました!

ページの先頭へ

ページの先頭へ