吹奏楽部

奈良県橿原文化会館にて吹奏楽フェスタin奈良を開催しました

10月28日(日)、奈良県橿原文化会館にて吹奏楽フェスタin奈良を開催いたしました。

今回は奈良県立生駒高等学校・奈良県立畝傍高等学校・奈良県立高田高等学校・奈良県立登美ケ丘高等学校の皆さんに参加していただきました。それぞれの団体が演奏を終えた後、龍谷大学吹奏楽部の単独演奏を行い、最後に全出演団体による合同ステージを行いました。

image4

龍谷大学吹奏楽部の単独演奏では、オープニングに「ディスコ・キッド」を演奏いたしました。この曲は、1977年に行われた第25回全日本吹奏楽コンクールの課題曲として東海林修氏が作曲しました。オープニングにぴったりの、ノリのよいポップス曲をお聴きいただきました。続いて、ルロイ・アンダーソン作品を二曲演奏いたしました。一曲目は「クラリネット・キャンディ」です。クラリネットメンバー19名の、息の合ったユニゾンはいかがでしたでしょうか。二曲目は「サンドペーパー・バレエ」です。今回は、奈良県出身の部員3名がサンドペーパー隊として、鹿の小道具を身にまとい、奈良県にちなんだ振り付けと共に演奏を披露しました。最後に演奏いたしました曲は、『歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」』です。この曲は、作曲家アレクサンドル・ボロディンが作曲したオペラ『イーゴリ公』の第2幕の曲で、ボロディンの最も有名な曲です。難度が高く、試行錯誤を繰り返しながら練習を重ねてきました。本番の演奏が終わったとき、達成感から安堵の表情を浮かべていました。今回の演奏会では、当部の監督であり常任指揮者である若林義人、コーチである児玉知郎に加え、『歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」』では、学生指揮を務める三回生 田中星治郎の指揮でお送りいたしました。

image3

image2

image1

出演者全員による合同ステージでは、初めに「アフリカンシンフォニー」を大迫力のサウンドでお届けしました。続いて、合唱とともに東日本大震災のチャリティーソングである「花は咲く」を演奏いたしました。アンコールにお応えして「宝島」を演奏し、大盛況の中終演いたしました。

image5

今回で、今年度の吹奏楽フェスタは最後となりますが、多くのお客さまに足を運んでいただき、集大成にふさわしい演奏会となりました。これからも定期演奏会や来年の活動に向けて、頑張って参りますので、龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。
吹奏楽フェスタin奈良に出演していただいた皆さま、ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

ページの先頭へ

ページの先頭へ