吹奏楽部

Panasonicコミュニティコンサート~ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル特別演奏会in滋賀

7月25日(水)、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホールにて開催されました、NYSE(ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル)特別演奏会 in滋賀 に、昨年に引き続き出演させていただきました。

image6

演奏会は、NYSEと龍谷大学吹奏楽部がそれぞれ単独演奏を行った後、合同演奏を行いました。
NYSEのステージでは、モーツァルト作曲の曲を3曲演奏されました。初めに「協奏交響曲 変ホ長調 K.364」、2曲目に「交響曲 第24番 イ長調 K.201」、そして最後に「フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314」を演奏されました。リハーサルを見学させていただきましたが、オーケストラの繊細で美しい音楽に部員一同魅了されました。

龍谷大学吹奏楽部のステージでは、まず初めに河辺公一作曲の「高度な技術への指標」を演奏いたしました。曲中にスウィング・ジャズやサンバが用いられており、演奏をする人も聴く人も楽しい一曲となっています。続いて、クラリネットをフィーチャーした、ルロイ・アンダーソン作曲の「クラリネット・キャンディ」を演奏いたしました。総勢22名のクラリネット奏者の演奏はいかがでしたでしょうか?単独ステージの最後にお送りした曲は、岩井直博編曲の「ボレロ・イン・ポップス」です。各楽器のソロが目白押しの一曲で、様々な音色をお楽しみいただきました。

image4

image3

image2

image1

NYSEと龍谷大学吹奏楽部の合同演奏では、ワーグナー作曲 歌劇「タンフォイザー」序曲を、NYSEの音楽監督および常任指揮者である高原守さんの指揮のもと演奏いたしました。限られた時間の中でのリハーサルは、苦戦した部分もありましたが、プロのオーケストラの方々から沢山の吸収をし、本番に活かすことができました。
アンコールとしてエドワード・エルガー作曲の行進曲「威風堂々」第1番を演奏し、拍手の鳴り止まない中終演いたしました。

image5

今回、ほぼ満員のお客様にご来場いただき、盛況のうちに無事演奏会を終えることができました。
また、演奏会では、当部の芹口賢次郎幹事長へのインタビューも行われました。音楽だけではなく、私たちの活動や魅力についても知っていただけたのではないでしょうか。

今後も皆さまの心に残る音楽を届けられるよう頑張りますので、応援のほどよろしくお願いいたします!

ページの先頭へ

ページの先頭へ