吹奏楽部

2018年度課題曲講習会in守山に出演しました

4月28日(土)、守山市民ホールにて 郷間幹男の2018年度課題曲講習会in守山 が行われ、龍谷大学吹奏楽部のメイン団体として出演しました。

image7

今回の演奏会は守山市立守山中学校、守山市立守山北中学校、滋賀県立守山中学校・高等学校、立命館守山中学校・高等学校のそれぞれの吹奏楽部4団体が参加し、それぞれ単独演奏を披露されました。
龍谷大学吹奏楽部のステージの冒頭は課題曲講習会です。龍谷大学吹奏楽部はモデルバンドとして模範演奏をお届けしました。
まず始めに、2018年度全日本吹奏楽コンクール課題曲より塩見康史作曲 Ⅰ番「古き森の戦記」、一ノ瀬季生作曲 Ⅱ番「マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ」、高昌帥作曲 Ⅲ番「 吹奏楽のための『ワルツ』」を演奏しました。
3曲の演奏と解説はワンポイントのみで、講習会ステージメインは、作曲者自らの指揮・解説による課題曲Ⅳ「コンサート・マーチ『虹色の未来へ』」です。
作曲者の郷間幹男氏は、滋賀県守山市出身で、吹奏楽譜などを出版している株式会社ウィンズスコアの代表取締役でもあります。そもそも今回の課題曲講習会は、龍谷大学吹奏楽部とも縁深いウィンズスコア社の連携のもと開催が実現しております。課題曲Ⅳ「コンサート・マーチ『虹色の未来へ』」の解説は、作曲者ならではのポイントを押さえた解説だけでなく、数々のバンドを全国大会に導いたサウンドトレーナーとしての視点によるサウンドの作り方など、短い時間でありながらも内容の濃い講習会となりました。
10分間の休憩を挟み、いよいよ龍谷大学吹奏楽部のステージです。
単独演奏の冒頭では、任侠映画の「新・仁義なき戦い」のテーマ音楽である「キル・ビル」を演奏。その後のブラスロック調にアレンジされた「キューティーハニー」では、踊り隊を加え演奏に華を添えました。次に国民的アニメである「ドラえもん」の定番の3曲をジャズ風にアレンジした懐かしくも新しい「Jazz コレクション Vol.2〜ドラえもん組曲〜」を披露し、現在でもジャズのスタンダードナンバーとして知られている「I Got Rhythm」を郷間幹男氏の指揮のもと演奏し、演奏会は幕を閉じました。

今回は単独演奏だけではなくモデルバンドとしても演奏をさせていただき、普段と違う緊張感で演奏会に臨むことができました。また、龍谷大学吹奏楽部は先月、新入生を迎え総勢190人を超える大所帯となりました。より迫力のある演奏をお届けできるよう努力してまいりますので、今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

image6

image5

image4

image3

image2

image1

ページの先頭へ

ページの先頭へ