吹奏楽部

龍谷大学吹奏楽部合同演奏会in姫路を開催しました

3月24日(土)、姫路市文化センター大ホールにて、龍谷大学吹奏楽部合同演奏会in姫路を開催しました。

image5

今回の演奏会は、兵庫県立姫路東高等学校吹奏楽部、兵庫県立太子高等学校吹奏楽部、姫路市立朝日中学校吹奏楽部の3団体と共演いたしました。それぞれの参加団体の演奏後に、参加者全員による合同演奏をおこないました。

姫路市立朝日中学校吹奏楽部は初めに「喜歌劇「こうもり」セレクション」を演奏し、NHK「アテネオリンピック中継」公式テーマソングとして知られている「栄光の架け橋」を演奏されました。次に、女性ロックバンドSISHAMOの「明日も」を演奏され、「背中越しのチャンス」では演奏に加え、中学生の可愛らしい踊りで会場を魅了しました。

兵庫県立姫路東高等学校・太子高等学校吹奏楽部は合同演奏による演奏を披露しました。「エル・カミーノ・レアル」で冒頭を華やかに飾り、合唱も交じえた「翼をください」を演奏されました。最後は明るく元気な吹奏楽の定番曲である「宝島」で演奏を終えられました。

龍谷大学吹奏楽部の単独演奏では、ショーミュージックのような華やかさをもつ「ポップス・マーチ「すてきな日々」」から始まり、2018年度全日本吹奏楽コンクール課題曲よりⅡ「マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ」、Ⅳ「虹色の未来へ」を演奏。続いて龍谷大学ではおなじみの曲である「クラリネット・キャンディ」を今回はB♭クラリネットだけではなく、バスクラリネットのメンバーも加えクラリネットセクション全員による華麗な指さばきを披露しました。そして3名のかわいらしいサンドペーパー隊が活躍する「サンドペーパー・バレエ」を演奏しました。単独演奏の最後には、あの有名なボレロをポップス調にアレンジした「ボレロ in pops」をお届けいたしました。

image3

image2

image1

合同演奏では、吹奏楽の定番曲である「アフリカン・シンフォニー」を演奏し、2曲目には東日本大震災をはじめとする災害地へのチャリティソングである「花は咲く」を合唱も交えて演奏。アンコールには、吹奏楽でもお馴染の、ポップ・インストゥルメンタル・バンド「T-SQUARE」の代表曲である「オーメンズ・オブ・ラブ」を披露して演奏会は幕を閉じました。

合同演奏会に参加された中学生、高校生たちの明るさや、フレッシュな姿には部員一同多くのことを学ぶことが出来ました。今回学んだ事を活かし、今後の活動に向けて部員一同、一層努力してまいりますので、これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

image4

ページの先頭へ

ページの先頭へ