吹奏楽部

大学ジョイントコンサート2018 滋賀公演を開催!

3月11日(日)、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールにて大学ジョイントコンサート2018 滋賀公演を開催いたしました。

image8

今回のジョイントコンサートは、関西大学応援団吹奏楽部、中央大学音楽研究会吹奏楽部、関西学院大学応援団吹奏楽部、立命館大学応援団吹奏楽部、そして龍谷大学吹奏楽部の5団体が参加し、それぞれの大学が単独演奏を行った後に学年ごとに合同で演奏いたしました。

まずトップバッターは、関西大学応援団吹奏楽部です。音楽監督 伊勢敏之先生の指揮のもと、「ジュビリー序曲」「インディゴ・クラウド」「黒いオルフェ」「マンテカ」の4曲を演奏されました。
次に、今回のために東京より来られた中央大学音楽研究会吹奏楽部が、「ヴィバ・ムジカ」と「カルミナ・ブラーナ」を林紀人先生の指揮で演奏されました。
3番目に登場した、関西学院大学吹奏楽部は、近藤久敦先生の指揮で「吹奏楽部のための第一組曲」「スピリティットアウェイ〈千と千尋の神隠し〉より」を演奏。
以上で第1部を終了し、15分の休憩後、第2部は立命館大学の登場です。立命館大学応援団吹奏楽部は「祝典への前奏曲」「GRよりシンフォニックセレクション」を正指揮者の茶屋克彦先生と、ミュージックアドバイザーの金井信之先生の指揮によって披露されました。
そして、単独演奏オオトリを務めたのは龍谷大学吹奏楽部です。私たちの単独演奏では、当部コーチである児玉知郎の指揮で、1曲目に明るくオープニングにふさわしい「高度な技術への指標」で幕をあけ、2曲目に「クラリネット・キャンディ」を演奏。今回は当部クラリネットパート全員にプラスしてバスクラリネットも参加し、更にパワーアップした演奏をお届け出来たのではないでしょうか。そして最後には、様々な楽器のソロが見どころである「ボレロ in pops」を披露いたしました。龍谷大学吹奏楽部の演奏会ではおなじみの3曲でしたが、今回はスタンドプレイや、楽器でのウェーブなど演出にもこだわり、より完成度を上げることに着目したプログラムとなりました。

image1

image2

image3

image4

学年別の合同ステージでは、最初に、一回生が、格式の高い優雅なマーチである「クラウン・インペリアル」(指揮:伊勢敏之先生)を演奏、次に波の音や、くじらの鳴き声など特殊奏法や特殊な楽器をふんだんに用いた「海の男達の歌」(指揮:茶屋克彦先生)を二回生が演奏しました。そして最高学年である三回生が、「アルメニアン・ダンス・パート1」(指揮:近藤久敦先生)を披露しました。更にアンコールとして、1997年度の課題曲である「五月の風」を披露し、最後には、林紀人先生指揮により東日本大震災の復興支援のために書かれたP.スパーク作曲「陽はまた昇る」を演奏会を締めくくりました。

image5

image6

image7

今回のジョイントコンサートでは、他大学の方々と交流し、1つのステージを作り上げるという本当に貴重な経験を積むことができました。他大学の方々の演奏や行動から学んだことを活かし、より一層努力を重ねていきたいと思いますので、これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ