吹奏楽部

モンスターストライク ウインド・オーケストラコンサートに出演いたしました

12月17日(日)、大阪メルパルクホールで開催されました「モンスターストライク ウインド・オーケストラコンサート」に出演いたしました。

大人気ゲーム「モンスターストライク」(略称は『モンスト』)は、株式会社ミクシィが配信しているゲームアプリです。『モンスト』はこれまでにアニメや映画、オーケストラ演奏会などゲームの枠を越えて様々なメディアでも展開し、利用者数3000万を突破するほどの人気を誇っています。

今回、「モンスターストライク ウィンド・オーケストラコンサート」と題し、吹奏楽とマーチングをテーマにモンスターストライク演奏会を全国3都市にてコンサートが開催される中、大阪会場では数ある吹奏楽団体の中から、龍谷大学吹奏楽部がその演奏をミクシィ社から依頼され、演奏会に登場しました。

image1

image2

このコンサートは、Wind Orchestra ArrangeステージとMONSTER STRIKE for Marching Bandステージの二部構成で行われ、モンストのクエストでおなじみのゲームBGMをウインド・オーケストラ&マーチング・バンドでお届けいたしました。

第一部では、1曲目に、「モンスターストライクテーゼ」を演奏しました。この曲は、冒険に出るワクワクやドキドキが表現されており、オープニングにふさわしい一曲だったのではないでしょうか。2曲目に、金管楽器の格好良いメロディーが印象的で、敵が現れる予兆が感じ取れる「激究極〜荒原の蹄音〜」、続いて「イベントクエスト(★5キャラ)〜魔王の降臨〜」を演奏しました。この曲では、暗い雰囲気や臨場感を出すためにコーラスを交えて演奏しました。
次に、冒頭の木管楽器による細かいリズムから恐怖が伝わり、敵がゆっくりと近づいてくるようなイメージが浮かぶ「闘神~世界に仇なす魂~」を演奏しました。続いての4曲目は、「封印の玉楼~礼賛と審判~」です。この曲は随所にユーフォニアムのソロがあり、ミステリアスな雰囲気を感じることができる曲です。続いて、軽快な三拍子で、疾走感のあるメロディーとカスタネットの音が印象的な「神獣の聖域~狩人の宿命~」を演奏しました。この曲は今回の三都市で開催されている「モンスターストライク ウインド・オーケストラコンサート」で初公開の新曲とのこと!
最後に、不気味な雰囲気で始まり、トランペットのソロを経て、フィナーレに向け徐々に明るい曲調になっていく「爆絶〜神の詩〜」、アンコールとして、ミステリアスでアラビアンな曲調が印象的な「英雄の神殿〜異境の霊獣〜」をもって合計7曲を演奏し、第1部の幕を閉じました。
フルオーケストラとは違う、ウインド・オーケストラの響きをお楽しみ頂けたのではないでしょうか。

image6

第二部はマーチングステージです。
1999年に埼玉を拠点結成した金管楽器、打楽器、カラーガードで構成するマーチング・バンド「GENESIS」が出演され、「Theme」、「Quest of March」、「Destiny」、「DrumLine」を演奏されました。マーチング・バンドとは、吹奏楽活動の一つの演奏形態で、管楽器や打楽器を歩きながら演奏します。ウインド・オーケストラ(吹奏楽)には無い、バッテリーと呼ばれる打楽器、旗やライフルを用いるカラーガードが舞台を彩り、大迫力の演奏・演技を披露されました。
第二部の最後には、「Monster Strike Swing(爆絶 ボスBGM〜メインテーマ)」を、GENESISさんと龍谷大学吹奏楽部の合同演奏でお届けいたしました。会場は拍手喝采の大盛況の中、演奏会は終了しました。

image3

image4

image5

今回、普段私たちが演奏している音楽のジャンルとは異なった「ゲーム音楽」に初挑戦し、新しい発見や刺激を受けることができました。この経験を生かし、12月25日にあります第44回定期演奏会 大阪公演において、さらにパワーアップした演奏をお届けできるよう、部員一同練習に励みたいと思います。これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ