吹奏楽部

龍谷大学吹奏楽フェスタin石川を開催しました

9月10日(日)、金沢歌劇座にて、津幡町市立津幡南中学校、小松市立高等学校、石川県立金沢桜丘高等学校、藤花学園尾山台高等学校とのジョイントコンサート、龍谷大学吹奏楽フェスタin石川を開催いたしました。

IMG_0280

9月3日(日)には藤花学園尾山台高等学校、4日(月)には石川県立金沢桜丘高等学校、演奏会前日の9日(土)には津幡町市立津幡南中学校、小松市立高等学校のみなさんと合同演奏の練習を実施しました。パート練習や基礎合奏、合同ステージの合奏をおこない、中学生、高校生たちと楽器を通した交流を深めることができ、充実したクリニックとなりました。

IMG_0306

IMG_0268

そして10日(日)、吹奏楽フェスタin石川が開演いたしました。
まず始めに石川県内の中学1校、高校3校による単独演奏に引き続き、私たち龍谷大学吹奏楽部は単独演奏のトリを務めました。
各出演校の単独演奏では、石川県内各学校吹奏楽部はレベルも高く、各校それぞれの違った音色、音楽をお楽しみいただけたのではないでしょうか。私たち龍谷大学吹奏楽部のステージでは、龍谷大学吹奏楽部の定番曲となっている「高度な技術への指標」で華やかに幕を開け、2曲目にはクラリネットをフィーチャーした「クラリネットキャンディ」、3曲目は「サンドベーパー・バレエ」を3人のサンドペーパー隊によるパフォーマンスと共に演奏いたしました。4曲目には、2017年度全日本コンクール課題曲よりⅢ番「インテルメッツォ」、最後は『バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲より』を演奏いたしました。この曲は”夜明け”、”無言劇(パントマイム)”、”全員の踊り”で編成されていますが、今回は”夜明け”、”全員の踊り”の特別カットバージョンでお送りしました。またこの曲は、今年のスイスでの世界大会や吹奏楽コンクールでの関西大会の自由曲として演奏いたしました。美しい情景の浮かぶ華やかさで単独演奏の最後を飾るのにふさわしいものとなったのではないでしょうか。

演奏会のフィナーレは全出演団体による合同ステージです。
1曲目にはA.リード作曲「音楽祭のプレリュード」を演奏しました。この曲は1970年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲であり、リードの代表曲のひとつでもあります。吹奏楽フェスタでは初めて取り上げる曲で、300人以上の大編成での演奏をすることに大変苦労をた曲ですが、大迫力の演奏をお届けできたのではないでしょうか。2曲目には吹奏楽フェスタでおなじみの「アフリカンシンフォニー」、最後には「花は咲く」を会場のお客様の歌声と共にお届けいたしました。鳴り止まない拍手の中、アンコールに「宝島」を演奏し会場が笑顔と拍手に包まれ、演奏会の幕を閉じました。

IMG_0252

今回の吹奏楽フェスタが、今年度最後のフェスタとなりました。龍谷大学吹奏楽部にとっては演奏はもちろん、裏方の仕事やコンサートの運営など、年度始めよりもレベルアップした龍谷大学吹奏楽部をお見せできたのではないかと思います。これから定期演奏会に向けてさらに成長してまいりますので、これからも龍谷大学吹奏楽部を応援よろしくお願いいたします。

龍谷大学吹奏楽フェスタin石川にご出演いただいた皆様、ご来場いただいた皆様本当にありがとうございました。

IMG_0253

IMG_0283

IMG_0281

ページの先頭へ

ページの先頭へ