吹奏楽部

ラ・フォル・ジュルネ びわ湖「熱狂の日」音楽祭2017 に出演しました

4月30日(日)、滋賀県大津市にあるピアザ淡海にて行われました「ラ・フォル・ジュルネ びわ湖「熱狂の日」音楽祭2017」に出演しました。ラ・フォル・ジュルネとは、1995年フランス西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽の祭典で、日本では「熱狂の日」音楽祭とも呼ばれ、毎年ゴールデンウィークに、東京、金沢、新潟、大津にて開催されている。
今年のテーマは「ラ・ダンス 舞曲の祭典」。ルネサンスから今日まだ600年間にわたるダンスと音楽の密接な関係をたどりました。ラ・フォル・ジュルネびわ湖2017は、4月28日(金)から3日間に渡って開催されました。

IMG_5931

IMG_9074

私たち龍谷大学吹奏楽部は、ピアザ淡海の大会議室を借り切って、子どもたちに実際に音楽に触れ合ってもらい、音楽の楽しさを感じてもらうという参加型の演奏会と楽器体験を実施しました。
2回実施したコンサートでは「星条旗よ永遠なれ」で幕を開け、2曲目には「ディズニー「白雪姫」より口笛吹いて働こう」により各楽器セクションのメロディーを受け渡しながら楽器の特徴などを紹介いたしました。続く「ラデツキー行進曲」では、指揮者の役割を知ってもらうために、ジャンケンや肩たたきのリズムを使い合図の出し方、指揮のリズムの取り方をお客様に体験していただきました。実際に2名のお子様の指揮で演奏も行い、大勢の前で緊張しながらも素晴らしい指揮を振ってくれました。そして次にお届けしました「ディズニーセレブレーション」では、聞き馴染みのあるディズニーの曲をフィーチャーしたメドレーになっており、途中にはサックスソロ、トランペットソロを披露いたしました。最後には「妖怪ウォッチメドレー」をダンスと共に演奏いたしました。
たくさんのお客様にご来場いただき、アンコールには龍谷大学吹奏楽部の十八番である「ブラジル」を演奏いたしました。

開演前、開演後には楽器体験を行い、興味を持った楽器を実際に体験してもらいました。初めて音がなった喜びなど、楽器を演奏することの楽しさをを伝えることが出来たのではないでしょうか。私達もたくさんの子どもたちと触れ合うことができ、無邪気さや素直さなどを感じとても刺激をもらいました。
IMG_2352

IMG_5832

ご来場いただいた多くの皆様、本当にありがとうございました。
これからも龍谷大学吹奏楽部の演奏をより多くの人に聴いていただくために多方面で活動をしてまいりたいと考えております。これからもどうかよろしくお願いします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ