吹奏楽部

龍谷大学吹奏楽部 初となる「スプリングコンサート2017」を開催!

3月26日(日)、龍谷大学響都ホール校友会館にて「スプリングコンサート2017」を開催しました。
今回の演奏会では「マーチ!マーチ!マーチ!」というテーマをかかげ、演奏会の全曲をマーチしか演奏しないという、未だ経験したことがない演奏会となりました。また、龍谷大学付属平安高校吹奏楽部もジョイントで出演し、平安高校生と龍谷大学生のコラボが実現しました。

DSCN7622

第Ⅰ部は、アメリカのマーチ王ジョン・フィリップ・スーザの名曲をお届けしました。1曲目はスーザ自身が一目惚れした女性をイメージして作曲したという「美中の美」(龍谷大学吹奏楽部)で演奏会の幕を開け、「士官候補生」(平安高校吹奏楽部)、「雷神」(平安高校吹奏楽部)「ワシントン・ポスト」(龍谷大学吹奏楽部)、「海越える握手」(龍谷大学吹奏楽部)と、第Ⅰ部は5曲のスーザのマーチを演奏。スーザの旋律は美しく、演奏していても気持ちの良い曲ばかりです。また、龍谷大学吹奏楽部、平安高校吹奏楽部それぞれのサウンドの違いも楽しんでいただけたかと思います。

DSCN7602

第Ⅱ部では「日本のマーチ」をテーマとしたプログラムです。戦時中つくられた「軍艦行進曲」(龍谷大学吹奏楽部)、天皇陛下御成婚の折に日本の代表的な作曲家である團伊玖磨氏に委嘱されて誕生した「祝典行進曲」(龍谷大学吹奏楽部)、3曲目の1977年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲でもあった「若人の心」(平安高校吹奏楽部)は龍谷大学から3名の合唱隊も加わり、哀愁たっぷりの旋律を表現しました。「秋空に」(龍谷大学吹奏楽部)はシンコペーションを多用した珍しいマーチで、ステージ最後となる「ブルーインパルス」(龍谷大学吹奏楽部)は、ハープとドラムセットを使用したポップなマーチで、華やかに第Ⅱ部を終了しました。

DSCN7544

続いての第Ⅲ部では、ヨーロッパをテーマに5曲お届けしました。ボヘミアのスーザとも呼ばれるチェコの作曲家ユリウス・フチークの代表作「フローレンティナー・マーチ」(龍谷大学吹奏楽部)で第Ⅲ部を開幕し、イギリスのマーチ王ケネス・アルフォードの傑作「ボギー大佐」(平安高校吹奏楽部)では龍谷大学吹奏楽部員が口笛で演奏に参加。ドイツのマーチの名曲「旧友」(龍谷大学吹奏楽部)、フランスのマーチ「勝利の父」(龍谷大学吹奏楽部)、そして、スペインのマーチ「アンパリト・ロカ」(龍谷大学吹奏楽部)で演奏会すべてのプログラムを終了しました。アンコールでは「星条旗よ永遠なれ」を演奏し演奏会の幕を閉じました。

DSCN7579

今回の演奏会では、「ナビゲーター」と「指揮」と「司会」を井上学先生(早稲田摂陵高等学校ウィンドバンド指揮者、日本スーザ協会幹事)にお願いし、全曲マーチのみの2時間ものプログラムを、聴いている方にとっても飽きのこない、とても楽しい演奏会にしていただきました。井上先生、本当にありがとうございました。

アンコールまでの16曲、すべてマーチでお届けした今回の演奏会。マーチを演奏するにおいて一辺倒な演奏ではなく表現の幅をもたせた演奏をすることの難しさに直面し苦戦しましたが、今後マーチ演奏する際に活かせるものを多く得ることができたのも事実です。これらの経験を今後の活動にも活かしていきたいと思います。今後とも、龍谷大学吹奏楽部をどうかよろしくお願いします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ