吹奏楽部

龍谷大学バトン・チアSPIRITS創立40周年記念パーティーにて演奏

9月27日(日)、京都センチュリーホテルで開催された龍谷大学バトン・チアSPIRITS創立40周年記念パーティーに、サクソフォン5重奏+パーカッション2名で演奏しました。

バトン・チアSPIRITSは、吹奏楽部がまだ認定同好会であった1976年10月に、大学の要請により体育局所属のクラブのマネージャーを中心に「バトントワラーズ」を結成しました。当時の吹奏楽部は部員も30名足らずの規模で活動しており、バトントワラーズ結成をきっかけにパレードも実施するようになり、その年の龍谷祭パレード、翌年である1977年に降誕会パレードが始まりました。その降誕会パレードは2014年まで続いておりましたが、京都市内の歩道拡幅工事の影響で今年度より演奏での参加が出来なくなり、バトン・チアSPIRITSと共演できるパレードは事実上無くなりました。それでも、野球やアメリカンフットボールへの応援活動、バトン・チアSPIRITS単独公演や学内イベントでの共演など共演する機会は多々あり、龍谷大学吹奏楽部とバトン・チアSPIRITSとの共演関係は、結成当時から現在まで密に続いております。

記念パーティーでは、「ブラジル」と「君の瞳に恋している」を共演。サクソフォンアンサンブルという形態で共演するのは初めての試みでありましたが、会場は大盛り上がりの様子でした。乾杯後は「ハナミズキ」「La Bam-Ba」など合計5曲をパーティーのバックミュージックで演奏しました。

チアとの共演の様子

チアとの共演の様子

演奏メンバー

演奏メンバー

吹奏楽部OB会長・祝演

吹奏楽部OB会長・祝演

龍谷大学吹奏楽部は2018年に創立50周年を迎えます。50年の歴史や伝統を守りつつ、新たなことに挑戦し続けることで龍谷大学吹奏楽部のさらなる飛躍をめざし、部員一同日々の活動に取り組んでいきます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ