吹奏楽部

龍谷大学吹奏楽フェスタin奈良を開催しました!

9月20日(日)、奈良県文化会館にて奈良育英中学校高等学校、高円高等学校、一条高等学校、畝傍高等学校の4校の吹奏楽部校と龍谷大学吹奏楽部によるジョイントコンサート、龍谷大学吹奏楽フェスタin奈良を開催しました。
その前日の19日(土)には龍谷大学吹奏楽部が2グループに分かれて、奈良の高校生へとクリニックとミニコンサートを行いました。クリニックでは、パート練習と基礎合奏、そして合同演奏で行う曲の合奏を行いました。

畝傍高校での練習の様子

畝傍高校での練習の様子

高校生の真剣な表情と緊張した面持ちに、教える大学生も最初は緊張してしまいましたが、次第に各パートで気づいた事や、練習方法等を熱心に伝えており、いつしか打ち解けた雰囲気になっていました。

パート練習の様子(畝傍高校)

パート練習の様子(畝傍高校)

また、大学生も教えながら自分達はこれが出来ているだろうかと、再度考える良いきっかけになり、どう言えば伝わるかどう吹けば伝わるか試行錯誤する事は、私達にとっても勉強になりました。
その後のミニコンサートでは、ビールのCMでお馴染み「ゲバゲバ90分」でオープニングを飾り、 本年度の課題曲Ⅱ番「春の道を歩こう」、お馴染みの「フィンガー5コレクション」、アンコールでは「ブラジル」を演奏しました。
高校生が目を輝かせて拍手してくれるのを見て、私達の龍大サウンドをしっかりと表現する事が出来 たのではないかなと、感じました。

そして、20日(日)、吹奏楽フェスタin奈良の開催です。当日は天気にも恵まれ、1,313席ある会場が満席になるほどの沢山のお客様にご来場いただきました。演奏会は奈良育英中学校高等学校と龍谷大学吹奏楽部による合同バンドで幕を開け、その後に高円高等学校、畝傍高等学校、一条高等学校の演奏が続いていきます。どの学校も音楽を心から楽しんでいる、そんな様子が伝わってくるとてもエ ネルギッシュで元気が湧いてくる様な演奏を聴かせてくださいました。
そして高校4校の演奏の後、いよいよ龍谷大学吹奏楽部です。
輝かしいメロディーにジャズ、サンバのリズムを合わせた名曲「高度な技術への指標」でオープニングを飾ります。更にトロンボーンをフューチャした、明るいメロディーが特長の「TRONBONANZA」、そしてコンクール課題曲Ⅲ番「秘儀Ⅲ 旋回舞踊のためのヘテロフォニー」、自由曲 「中国の不思議な役人」を続けて演奏しました。

最後に出演者全員でお送りする合同ステージでは出演者総勢、約300名による大迫力の演奏です。

合同演奏の様子

合同演奏の様子

曲目は、「アフリカン・シンフォニー」「花は咲く」、アンコールには「宝島」を演奏しました。大迫力の「アフリカン・シンフォニー」でお客様の度肝を抜き、続く「花は咲く」で歌と吹奏楽で音楽の世界 に引きずり込み、そして最後の「宝島」では、お客様と演奏者、舞台と客席が一体となって音楽を楽しみ、最高潮のテンションの内にコンサートは幕を閉じました。

出演者全員の集合写真

共にジョイントしてくださった高校生の皆様、演奏会の裏で沢山手伝ってくださった大学スタッフ、部員スタッフの皆様、そして何より本日、御来場くださいました全てのお客様に感謝致しております。この感謝の気持ちを胸に、部員一同、精進していきます。
本当にありがとうございました。

<今後の予定>
9月22日(火) 守山演奏会 場所 守山市民ホール
9月23日(水) 生涯学習フェスティバル2015 場所 皇子が丘公園体育館(無料・申込不要)
9月27日(日) リサイクルフェア 場所 フォレオ大津一里山(無料・申込不要)

ページの先頭へ

ページの先頭へ